トップページ > 経済に目を向けよう > 顧客第一主義の企業体は最強への道…企業利益第一主義の企業体は衰退への道となる現実。

  サイト内検索ボックス


顧客第一主義の企業体は最強への道…
企業利益第一主義の企業体は衰退への道となる現実。

 2019年09月01日


 スポンサーリンク

冷蔵庫の中の醤油が切れたのでスーパーでの買い出しついでに購入。
いつもなら[ 1リットルクラス ]のものを何気に購入してたんだけどタマタマ目に入ったボトルのものを試しに購入してみた。

日頃、醤油なんぞ滅多と買わんし…1人暮らしだから量的にも1リットルタイプなんぞ必要無いのに…という事に今さら気付く俺。
(ノA`) アチャー

ついつい貧乏性が裏目に出てまうのが否めない。

というワケでボトルタイプのモノを購入。
いつもの徳用サイズよりも100円ばかりUPでサイズが1/2のものを購入。

抵抗感がありながらも反面『もうエエやろ…俺。この貧乏性ともボチボチ縁を切る時じゃないのか?』とか内部説得しつつもレジへ。

そんなこんなで使用したら…超後悔!
『何でこんなに便利なものを使用しなかったのか!』と懺悔してしまった。

○ Amazon検索:いつでも新鮮 キッコーマンの生醤油シリーズ

何を驚いたかと言えば…中身ではなくて容器の方。

醤油ってさ…イチイチ別容器に移すのも手間なのよ。
とは逝ってもダイレクトに掛ける時にあの口径から注ぐとなると多少の加減をミスると必要以上に注いでまうわな。

ソースなら良いものの…醤油となると味が超濃いものに早変わりするから以前から口径が小さいものがないかなぁ…とか思ってたの。

マヨネーズすら昔の[ 星型口径 ]から[ 細口口径 ]キャップに変化したというのに醤油は…とか思ってたけど、このボトルって既に市販化されて数年後に気付く俺って…。
( ゚д゚)ポカーン

始めて使用したら逆さまでも出ないし、必要分量だけスポイト感覚で絞れば出るしで…もうねコレを知ったら、あの徳用リットルサイズには戻れんですよ。

改めて見渡すと最近…1人暮らし向けの食材が増えたのを実感する。
魚とか肉とか野菜とかも小口カットされてパックされてたり、あらかじめ1人分の量のサラダとかあるし。

そーいや、スーパーでもミールキット(要はカット材料と調味料がセットになったもの。フライパンで加熱して混ぜるだけでプロ並の料理が出来るセットのもの。)をよく目にするわな。

Amazonで調べたら[ 冷凍食品のミールキット(コチラはレンジ調理1発式)]とか[ 主婦向けの時短系、作り置き冷凍ミールのレシピ本]とかがバカ売れ状態!

そりゃ確かに共働きで日々の家事とか弁当作りとか時間を極力有効活用する意味では1週間分を冷凍作り置きするのは当然だわな。

冷凍食品とか昔と比べて味も品質も格段に上がったし、それでもなお家系の足しにと考えられる方向性が[ 冷凍ミール方式 ]なのだろう。



ネットで調べると冷蔵庫とは別に[ ホームフリーザー(専用冷凍庫)]という別ストック用に購入する家庭が増えているという不思議な現象が起こっている。
( ゚д゚)ヘー

昔から作り置き関連は[ フードシーラー ]とか[ フリーザーバッグ ]がメインだと俺は思い込んでたけど実際に必要なのは保存する冷凍庫だったりする事には正直驚きでござるよ。



まーよく考えたら共働きで毎日スーパーとかに通う時間も考えるとストックしておいて時短調理する方が手間も労力も少なくて済むわな。

昨今、自宅で1からカレーとかも作る家庭が激減したとネットニュースで話題になった程だしな。

○ 時事ネタ:「家カレー」の変 ついにレトルトがルーを抜き主流に

多分…この発想とかもココイチカレーとかも参考になっていると俺は思うの。

だってさ…具材は別調理でルーを絡める考え方と一緒だしな。

それにゴロゴロ肉とかをフライパンで炒めてからレトルトカレーを投入しても事が足りるし…案外肉々して美味いだろうに。
( º﹃º`) ジュル・・・

話が逸れたので戻すけど…商品の中身は何処も成熟しつつある昨今、最終的には消費者の利便性に特化して来る…つまり顧客やユーザー目線に経営思考が向いている企業体はやはり伸びるわな。

俺が楽天よりもAmazonにフォーカスするのはやはりネットの使い易さだろう。

 スポンサーリンク

無駄なメールも少ないし…何よりも商品を検索し目的のページに辿り着いてもなお、広告量がふんだんにあり過ぎてメンドクサイ楽天に比べてAmazonとかは実にシンプル。

自社利益優先の方式よりも、消費者やユーザー側に立つ視点が装備されているネット販売サイトもやはり成熟しつつある中で最終的には購入者が全ての全権を握る方が良いに決っている。

今回は醤油1つとっては見たものの…容器の工夫だけでユーザーの関心が向くという記事になってしまったけど時代の変化というモノに柔軟な対応をする企業体はやはり強いのですよ。

保守的で利益ばかり盲目的に追う企業体は結局、従業員もユーザーも離れる結果となるのは昨今のTV業界を見れば誰もが解ると思うで候。
(#゚д゚) 、ペッ


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 経済に目を向けよう > 顧客第一主義の企業体は最強への道…企業利益第一主義の企業体は衰退への道となる現実。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る