トップページ > 経済に目を向けよう > コロナオーシャンで稼ごうとするマスク業者…屍累々なり。

  サイト内検索ボックス


コロナオーシャンで稼ごうとするマスク業者…屍累々なり。

 2020年07月21日


 スポンサーリンク
 

何だか中国の業者ってスゲーな…多分[ 自分は絶対に儲かる!]って脳内お花畑で進出するのだろうか?

その根拠が知りたいものでござるよ。(´+。+`)=3

血で血を洗う…負けられない戦いがソコにあるのだろう。
もうマスク転売とか終了の兆しですな。

〇 時事ネタ:中国でマスクバブル崩壊? コロナ対策見本市開催のナゾ


そーいや昔、中国でのニュースだったか?

葬儀屋さんが乱立して病院まで珍入し、御臨終直後に葬儀業者同士が客の取り合いの為に病院廊下で乱闘騒ぎしてたネタがあったな。

色んな意味で中国って貧富への競争心が半端ないのが良く解る。

それは生きる渇望なのだろう…チャンスに飢え、他人の成功をそのまま瞬時に真似てでも…のし上がろうとする気概。

それはもう死活問題のレベルに刷り込まれているのが伺える。

俺がガキの時分、中国って結構[ 農耕的なイメージ ]で[ 歴史を重んじ自然と調和する ]って感じだったのだけど近年の政策で完全に民衆洗脳で経済特化型競争社会に成り果ててる気がする。

政策一つで民衆の人生観まで狂わせるのは如何なものかと…。

日本も一時期、バブルで人間が狂い始めた時期があったけど、崩壊して何だかすっかり血の気が引いた世の中になって一段落した感じがあったのは一部の[ マイライフを生きる ]という姿勢を持つ人が出始めた頃だったと記憶している。

結構、TV番組とかで[ 貧乏 ]や[ 自給自足 ]をテーマにした番組とかも放映されててセカンドライフ的な願望を世間様は持つようになる。

 スポンサーリンク
 

経済ガタ落ち[ 退職金でセカンドライフ ]という枠組みから、[ セカンドライフで1から作ろう! ]という意識を持った中高年がチラチラと出始めた頃だったかな?

多分…同じ人間。

国土の広い中国だって、多分…ホンの数割でも田舎でノンビリ生活を築く人も出始めるンじゃねーのかな?

国政が逝き過ぎると洗脳された競争社会で激化に疲れると人は自然に戻ると俺は感じる。

今後の中国は管理社会の中で民衆がどのように流れるのか?
興味が尽きないで候。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 経済に目を向けよう > コロナオーシャンで稼ごうとするマスク業者…屍累々なり。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る