トップページ > 人生をじっくり考える > やる気も頑張り方も色々とあると思うんだ… 

やる気も頑張り方も色々とあると思うんだ…

                 2016年08月15日
今まで生きてきて一生懸命という意味合いが年を取るにつれて少し変わってきた。
特に自分のビジネスを所有しようと考えてから行動に移す最初の段階ではどうしても遮二無二行動を起しがちになるとほとんどの人は経験してしまうだろう。

その根本は[ 手に入れる ]という発想や常識が根強いと考えている為だと年を取るにつれて解ってきた。

若い時から俺はどちらかというとコンプレックスやスタート地点にかなりのビハインドがあったのも手伝ってその部分がアホみたいに人一倍強かった傾向がある。

だからどうしても その[ 盲点 ]に気付きにくくなってた。
平たく言えば人よりも頑張れば…とか、一生懸命…とか、真面目に取り組むという姿勢の妄信をしていたのだけど、いざ窮地や困難に差し掛かるとコレが意地や意固地、そしてハッタリや痩せ我慢、最悪…心の底に溜まって気付かない間に行動基準を培っている事になってる場合が多い。

やる気や頑張りなどは 大きく分けて3つある。

1つはアッパー系
夢や向上心、欲望や希望を糧に行動や動機が設定されてしまうパターンだ。

2つ目はダウン系
不安や窮地に立たされた時にその不具合を是が非でも解消しようと取る行動である。
これはとても人間的な生存レベルに根付いた大きな原動力だと今を以っても揺ぎ無い武器だと認識している。

3つ目はニュートラル系
これは俗にいう[ 自然体で取る継続性のある行動 ]と言われるものだ。これがあると非常に概況や現状、そしてトラブルに左右されにくい。


特に1は窮地や困難にぶつかると途端に役に立たなくなる。
その状況下で突き進める人は基本的に夢中になっている場合や何度も失敗や挫折をし慣れている場合が多い。
羨ましい限りだ…

しかし殆どの人の場合はそうは出来ない。
大なり小なり傷やダメージを精神に負ってしまう。
できるだけ成人になるまでにこの経験を数多くしておく事で耐性が備わってくるのだが、現代の学生達は異常なほどにコレを恐れる傾向が強い。

2については必須すべき点がある。
女性が特に特化していると思うのだが生活や経済面において世の中の殆どの女性がこの力を発揮している事に気づくと思う。

ダブルワークやトリプルワークを通じて家計や稼ぎの面で無類の強さを発揮しているのを頻繁に目にする。
本当に心から頭が下がる。

特に子供の事になれば尚の事、母性の強さには男性が太刀打ちできないほどに強さをみせつけられるのはこの力だと感じる。

3つ目はある程度経験をちょっとばかり度が過ぎて積んで行くと、上手く行く事や失敗する事を多く経ていく事で単なる経過現象なんだと気付く事から起こると今をもって感じるのですわ。

何せ一喜一憂しても何らかの結果[ 成功も失敗も ]が必ず出るのであれば[ こなす作業 ]のみに集中すればすむのだから無駄な感情抵抗や思考の煩わしさに振り回される事に関心が向かなくなるのも大きな武器になる。

この3の部分に触れ始めると現実問題、作業や行動に何の躊躇もしなくなるのが醍醐味で自然体な状態で結果や希望的な妄想、そして不安感や枯渇感に振り回される事は無くなる。


やる気や頑張りは人がそれぞれの段階に応じて伝え方や表現の仕方も違って伝わるけど、それぞれのステージでいいんじゃないかな?…と思う。

俺はある程度、方向性が決まったらとりあえず3のタイプで人知れずシコシコ事を進めるのが結構好きだ。
特にビジネスを失敗してアフィリエイトに携わりだしてからはリスクやハードルは全て自分のコントロール範囲になった事が非常に嬉しかった。

何故なら状況や情勢、そんでもって他人に依存しなくなった事がとにかく大きいのだから。

それはつまり[ ある種の自由 ]の世界に首を突っ込んだのだからね。意味…伝わってるかな?
               (´・ω・`) y-~


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU