トップページ > 人生をじっくり考える > 俺が隠遁生活方面を選んだキッカケとなった一冊。 

俺が隠遁生活方面を選んだキッカケとなった一冊。

                    2016年11月05日
ココに俺の人生で多大な影響を受けた一冊の文庫本がある。
俺が昔、ビジネスに失敗して当時を振り返り[ 何故俺は独立したかったのか? ]の原点修正を行うキッカケとなった一冊だ。


マンガ 老荘の思想
この本とは付き合いが長く今でも読み返す。
トータルで何千回も見た気がするくらい手垢がついている程。

俺が学生の頃、どうしてもお金を稼ぎたくて仕方が無かった。
その理由は貧乏が嫌いだったからに他ならない。

衣食住といった根源的な安心感を得たいが為でもあったのだが就職すると色んな付加価値ならぬ付加感情が付いてきた。

その幾つかはビジネスを通じて更に確信へと変化していった。
その内容を具体的に表すと…

① 経済社会で生きるには稼ぐ力という経済面に特化したスキルが必要になる。
② 経済社会ではどうしても他人が視野に入り[ 比較 ]という形で日々苦しむ様になる。その為、ある程度の現状を向上させるにはそれに見合う実力は不可欠となる。
③自分に満足するにはどのような手段や方法が必要なのだろうかと考える。ハードルを上げてクリアするか、もしくはハードルを下げて手頃な満足をクリアするか悩み所ではあるが…
④自由とはどのレベルなのかという事。
⑤時間は有限。
⑥時間のタイムリミットは少なければ少ないほど後が大変になる。その為、如何にして人生のテコ入れをするべきか?
⑦自分の人生にはどれくらいの制限が入ってくるのだろうか?
⑧他人や環境に依存しない生き方。
⑨本当のライフワークとは何なのか?自分らしいという生き方。

…とこのような形でテーマが浮き彫りになった。
ちなみに番号を振っているのは①から順に歳を重ねる毎に追加してきたものだ。

特に②~③に関してはリーマン時代に相当悩んだテーマだ。
当時はバブリーな頃だったのだがそれでもなお満足出来ないのは根本がズレていたのだと今を以って解るのだが当時はモヤモヤ感が拭えず毎日毎日仕事で忘れようと必死だった時だった。

④~⑥に差し掛かると自営時代だったと記憶にある。
この頃は毎日がストレスの連続だったがリーマン時代の縛られる苦しさやメンタル腐敗から自由になれた事の方が嬉しかったのを覚えている。

しかしそれも最初の2年は良かったものの後半の2年はリーマン時代と変わらぬ人間関係に大いに悩んだ。
自分のビジネススタイルと他人との摩擦やサービスが行き届かないジレンマが常時悩みの種でもあり、それを円滑にしていく過程で自分自身の個性を殺すという矛盾した部分にリーマン当時の数倍のストレスを抱える事となる。

⑦~⑧になるとアフィリエイトを通じ株式投資の分野に入り込むようになり[ ビジネスの原点 ]という部分において純粋に考える様になって行った。

どれだけ無駄で遠回りな事をしていたのか!…という事がハッキリ自覚出来るようになり不要な損得勘定での人間関係の大半を切って行った時期だ。

そうする事で不要な争いや本来、自分に関わり合うべきではない人達との距離感を十分に得る事が可能になった。
それらを通じて現在⑨に至る。

コレらに気付いたキッカケにもなった本だ。
手に入れたのは時期的には⑤の辺りだろうか?
特に俺にとって一番分水嶺になった苦しいを通り越して地獄を見た時期でもあった事を良く覚えている。

お勧めの箇所を御紹介!
幾つかページの内容をサクッと御紹介しよう。
○[ 知と不知 ]
コレはアフィリエイトの文章を作成する上で役に立った内容だ。俺はアフィリエイト初心者時代に[ こうでないとイケナイ! ]と考えてしまいがちだった為に手が止まる傾向があった。

しかしアフィリエイトを学ぶにつれ…そしてあらゆるサイトを参考にさせてもらい出た結論と見事に合致した。
そのお蔭で一つ壁を越したキッカケになる。

○[ ふしぎな怪人 ]
どんな人でも突出した分野はあるものだと気付かされた事と、どの様な現状であれ考え方次第で生き抜く事は可能だという事を気付かされた内容。

一見[ 解っているようで解っていない ]という小利口な分野から実際にビジネスを体験&実践する良い思考法だ。マジで参考になったわ。

○[ 孔子、黒森林に遊ぶ ]
俺が最初の独立後に失業して暫くは当時のクセが抜けなかったのを気付かせてくれた。

そしてそのプライドや要らぬクセを本来の知識や体験談としてアフィリエイトに生かせる事に転化した金科玉条の内容。

本来の検索エンジンによるシステムが誰にとっても理想とするマーケティングであり本来、
他人への情報伝達やサービスはこの形があるべき姿であるという事を学んだ。

アフィリエイトはまさにこの典型。
そして
めでたく俺の人生も更生される。°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

○[ 生命の知恵 ]
アフィリエイトを通じてこの意味が徐々に解ってきた。
現在、起業するという事は非常にハードルが低くなって来ており今後はそのハードルすら消えて無くなってしまうと考えられる。

必要なのは[ 発想力 ]と[ 実践 ]というポイントに集約される。そしてどれだけ[ 思考や考え方の物差し ]を客観視出来るかがその個人の岐路を分ける大きなポイントになる。

ココでハッキリ言えるのは[ 思考力 ]・[ 理解力 ]・[ 洞察力 ]という3ポイントになる。
単なる
[ 進学&就職の為に学力を積む ]という次代から[ 自分の人生をクリエイトする為に学問を学ぶ ]というスタイルに変化するものと考える。

○ [ 居ながらにして知る ]
コレは晩年に向けて徐々に感性が磨かれていくと想う。
非常に奥が深い内容で殆どの人が全く気付かないまま人生を終えると想うんだ…

ビジネスや人間関係…そして人生を通じて人は基本的に外に色々と依存する。
特に他人や情勢、挙句の果てには政治や世間様が対象になる事で自分軸というものが無くなってしまう。

昨今、日本の犯罪事情は自暴自棄系の犯罪が多発しているがその殆どは心の不安や恐怖そして渇望によるものだと俺は考える。

人は最終的には人生が始まればいずれ終りが来る。
だから出来るだけ粗末にしたくないものと考えるのが純粋な事であるのだが、何故か人生の途中で狂気に塗れたり暗黒期に嵌ってしまう時に純粋さを忘れてしまう。

今になってつくづく思うのだが
目先をホンの少し変えるだけで…そして目先を変えた方向の情報を常時自分に取り込むだけで人生は少しずつ且つ、力強く変化すると断言出来る。
それが惰力が付き次第に勢いに乗ればなおさらだ。

でも人はそんなには強くない。
地獄を見た時に基本、絶えられないのだ。
そんな時、少し気を緩めて読んでもらいたい一冊だ。
     ↓



------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU