トップページ > 人生をじっくり考える > アフィリエイトサイトは放置型の無不動産経営のようなもの。 

アフィリエイトサイトは放置型の無不動産経営の

ようなもの。

                    2016年11月12日
昨日、事務所でサイト手入れやザラ場をボケ〜…とチェックした後にゲームや読書をしていたのだが、ふとしたアイデアが浮かびバインダーにメモを書き殴ってから色々とネットで物色しまくった1日となった。

最初の構図は基本、紙に書く殴っておく。
俺は昭和世代のローカルな思考構造w



俺が基本、アフィリエイトでサイト運営に特化した理由…というより放置型資産に目を向けるようになったのか?
それは今までの人生経験に基く考えだからだろう。

少し昔を思い出してみる。

まぁ…確かに成人するまで結構な極貧生活を体験し社会人になってからは遮二無二に働いた。

その為なのか弊害として[ 同じ労働をして同じ対価的な事が今でも精神汚染を起してしまう。 ]というデメリットを育んでしまったわw

まぁ…エエけど。

人生において[ どうすれば豊かになるか? ]素朴な疑問が常に装備されていたので色々と考える訳だ。
当時、経営系の番組が特集となりTV全盛期時代で放映された影響もあったし…どうしても個人プレーが好きな俺としては[ どうにかして独立して自由にやりたい! ]的なニュアンスがあった。

そこで一番に思いついたのが[ 飲食店経営 ]なのだ。
当時、書店でたしか…[ 少ない軍資金で飲食店を開業させる方法 ]みたいなタイトルだったかな…うろ覚えだけど、そんな本を数冊購入して読みまくっていた。

そんでもって軍資金調達と飲食店の仕組みを調べるべく昼間は会社で夜はマックにアルバイト。
土日は中華料理店で皿洗いをしていた。

こんな状態が1年以上も続いた。
ちなみに休みナシ。

そんな中で見えたもの… いま思えばアレが経営者感覚のキッカケ。
今から考えると休みナシのダブルワークは狂っているとしか思えないが当時は[ 飲食店経営が資産構築の足掛かり ]とマジで思い込んでいた。
実際に入り込んで学んだ事と言えば…

飲食店は確かに当たれば儲かるし稼げる業種だ。
だが俺には裏事情を目の当たりにみればデメリットの方が多かった。

箇条書きにすると以下のものだ。
      ↓
・ 在庫は必ず腐るし賞味期限がある。
・ 人件費が掛かる。
・ 人は基本的にサボるし言う事はきかない。
・ 自分が現場にいないと質か堕ちる。
・ フランチャイズやチェーン展開をしても人を雇う時点で店舗の質と言うのは自分の手を外れて独自路線を辿る傾向が強い。
・ 仕込みが必要な分野は基本、自分の時間を削減される。
・ リピーターは神様であり、その神様は非常に気まぐれだ。
・ 従業員とは基本的に対価で働いてくれているのでその価値観がイコールにならないとまず動かないし、イコール以上のパフォーマンスは余程の価値観(やりがい・生きがい)が装備されていなければ発生しない。
・ その職場でエース級になる人材は基本ワガママになっていく現象がおこる。こうなると経営者側は面倒な対応を余儀無くされる。
・ 従業員は基本的にその所属する店の繁盛するという利益には基本的に興味が無い。暇を望む傾向が極めて強い。経営者は利益が必ず必要になるのでその意向との衝突は必ず起こる。それが表面上に出るか、水面下で起こるかの違い。
…etc。

この様な現状を目の当たりにして[ もうこの分野で学ぶ事はないな… ]と思い全てのアルバイトを上がった。

コレを読んで思うだろうけど、俺は[ 飲食店をしたい。 ]というワケではなく[ 経営者になって資産構築をしたい。 ]という事が大前提だったという事が解るだろう。

だからガチで体験し、自分の考えにそぐわなければサッサと見切りを付けるという単純明快なスタイル。

次に考えたのが権利収入の代表格である[ 家賃収入 ]というものだ。コレには非常に興味をそそられた。
何故かと言えば当時の俺は[ 不労所得 ]という概念がなかったので[ 何らかの対価と交換する ]発想しか持ち合わせていなかったのだ。

だが最初に仕組みというものを構築し、そのサービスを提供する先に継続して対価を得るという概念には本当に感動すら覚えたものだ。

そこで問題が発生する。
そんじゃ…次は…
どうやってその仕組みを作る元手を手に入れるか?
…という現実にぶち当たるワケだ。

学生時代に偶然であった投資家との出会い。
時代は前後するが社会人になる前、高校の冬休み中にいつもなら土木建築業にアルバイトへ行って[ 体力をお金に変える ]という行動を取っていたが当時、バブリー真っ只中で高級家具が飛ぶように売れていた背景もあり結構な時給で運送業者が高時給の期間限定で求人していた。

当時、就職用のスーツ資金を稼ぐ為に高時給を探していた俺にとって短期の元手に欲が後押しして速攻で物流に身を投じていたのだが、やっぱりココでもガタイの良さとハングリー根性?を買われて最も過酷なトコに配属された。

しかし、その部署が結構面白くオイシイ所で1日中遠方の配達担当だった。
ただし、重量は結構なものと高級品だったので現地につくと家具の組み立てやら毛布や布団を住宅内の通路に敷き詰めて運ぶという徹底振り(引越し業者は当たり前にしている当時勤めていた物流部門は百貨店業界の配達だった為と現在の物流システムは委託で行われるがその時は販売側が主だったたと思われる。)で結構大変だった。

そんなある日、金庫を運ぶ事があったのだ。
金庫って家具と比べると小さいものなんだけどガチで重い。
しかも据付用の鉄板プレートが付属しているので超ヘビー。


図にするとこんな感じ。
金庫自体は80キロくらいなのだけど問題はプレートの方だ。
何故か100キロくらいあるんだわ。
しかも現地組み立て。

書斎に据付てスパナで2重締め。
しかもこのボルト…金庫の内側からしか弄れない仕組みなの。
それを俺と物流専属のチョイ悪オッチャンと運ぶワケだが、マジでキツイ。

落としたら百発百中で廊下に穴が開く。
(物の角をぶつけると壁や床に穴が開くw)

だからプレートを据え付けるまでが本当の勝負。
御丁寧な事に家主が通路を確実に確保してくれていたから助かったが
何故か書斎が2階にあったのにはマジで神を恨んだわw

この手の重量物は階段が鬼門なの。
しかも階段ってのは基本、物を運ぶのには全く向いていない。
高級住宅でも不思議と階段は狭いのだ。
TVで外国の高級住宅等はホテル並みに階段の幅が広いが、実際にアレを所有している人は自宅でパーティーを開ける超が付くぐらいの富裕層…日本ではあまりお目に掛かれないし、
そもそも自宅で大多数のパーティーなんぞ日本では葬式ぐらいのものだ。

だから日本の引越し業者さんはマジで手際が良いと断言出来る。この手のバイトをした経験からハッキリ言えるわ。

そんな経緯も含め2時間くらいで作業完了。
実際に据付ている金庫をみて当時は[ このプレートの意味が不明 ]だったのだが家主に訊くと『床に据え付けるには抵抗があったから』との事。

実はこのプレート、金庫の重量分散と盗難防止の役割を果たす。どうやらこの手の構造は金庫関連業者には常識らしい。

ホームセキュリティが現在普及しているが実際にこの手の自宅金庫や事務所の金庫設置(ホームセキュリティサービスにオプションで実際にある)には金庫とプレートは常識的にセットらしい。コレは後にマックのバイトでも事務所ので見て知った。

家主側が『御苦労様、お茶でもどうぞ!』との意向で30分ほど休憩させて頂いた。
その際に、家主…御主人に書斎を眺めながら『仕事なにされているんすか?』と俺がポロリ。

その際に出た話しが『会社を経営と投資をしている』との事。
訊く所によると脱サラして小さいながらも不動産を経営されていて当時は既に身内に経営を任せて自分は株式投資をしているとの話だった。

俺は就職内定して今のバイトをしている旨の話をしていたら[ 会社は雇われるべきでなく、自分で起してみると人生観が変わる ]と意見をもらった。

興味津々ので目がキラキラの俺
そして
『俺には絶対無理!』と言わんばかりの社蓄従業員チョイ悪オッチャン。

確かに書斎には電話が据え付けられているし、パソコンやTVまであった。経済紙や四季報らしきものも…。
今では当たり前だろうけど西暦2000年以前はインターネットも普及していなかったし電話での発注は当たり前だった。

そんな中で『つい先月、手放した株が8000万になったんだ。かなり寝かしたけど純利益は税金と元手を差っぴいて3000万くらいかな?』とサラリ…

胸躍る俺今の仕事にゲンナリするチョイ悪オッチャン。
マジで衝撃だった。

そして、まさかこの俺が数十年後にその世界を体験するとは当時全く想像すら出来なかった。

そんな経緯も含めて お金にお金を稼がせるという システムを考えるようになっていった。
成人して暫くは不動産運用に目が向くようになった。
しかしながら不動産関連のチラシや情報を閲覧すると、その手を購入するのには軍資金量がハンパない。

当時、買えるわけもないのだが気になって物件を漁ってみるとアパート1棟に付き土地+アパート(4世帯中階段式)の物件を手に入れようとすると諸々の経費が最低でも3000万〜6000万(この誤差は土地代…評価格が場所によってまるで違うんだわ、都心系ならこの数倍。汗w)

アパート収入が月1棟4世帯で仮に5万円(←当時の物価よ?現在はまだ掛かる。)×4世帯×12ヶ月/年で240万円。

最低価格3000万とすると…12年以上も減価償却が掛かるのか!これはあくまでも電卓上での計算。
コレに所得税金や固定資産税金、そんでもってメンテやリフォームに…と結構維持費って掛かるんだと初めて知った。

実際に調べてみると知らん事だらけだった。
この後、10年後…色々と建築業者がアパート代理経営問題やニュースが席巻するが俺はその原因をこの事から既に理解していた。

今現在、親族知人から土地運用のアドバイスを求められるがその説明には常識的に事欠かない。
田舎ではこの手のセールスが非常に多いが安易なセールストークに乗ってはいけない。

直近でも親族から営業マンに対応してくれとお願いされて仕方なしに対応したがメリットばかり謳う営業マンなんぞ敵ではなかった。

事実、その時には営業マンとその上司との面談だったが相手側に幾つかの質問を投げ掛けると全ての質問に対してマトモな回答は帰って来なかった。

それだけ現時点の人口推移と流動性と過密傾向および過疎化の部分を考えればサルでも答えは出るのだ。
特に施工して後の諸経費に関しては時代の流れと共に物価も人件費も変化する。

コレに関しても生命保険を見ればスグに理解出来るだろう。
昔は掛け捨ての保険も数千万円(昭和中期)の保障も今では生涯に渡り満足行くような額にはならない。

物価上昇というのは基本的に額が固定では釣り合わないものなのだ。そもそもジャンボ宝くじでもかなり昔は5〜6千万円で人生が変わるという時代が実際にあったが現在では1億程度では人生は楽にはなるが変わるまでは行かない。

だから額が3億以上に化けるのは当たり前なのよ。
                (´・ω・`)=3

そんなコンナで晩年前に気付いた アフィリエイトと投資の世界。
そんな経緯も含め自営を失敗→挫折してアフィリエイトにであったのは必然と言えるのかも知らんw

そしてアフィリエイトを通じ[ 投資に至るまでの軍資金作り ]にも貢献したビジネス。
上記の経緯から…

・ 1個人で立ち上げられる。
・ 元手はごく僅か、場合によってはゼロからでも可。
・ リスクはゼロ。やってダメなら[ 今のまま ]本当のリスクはと考えると[ 手間が掛かる ]事と[ 自主性が莫大 ]位だろうか?
・ 人に使われるワケもなく、また人を使う必要もない。全てが仕組みであり人間以上に不確定要素も存在しないのが強みなの。これってブラック就労前〜ブラック就労後も確信レベルで正解だったわ。
・ 掛かる原価率と減価償却率も全く考える必要性もないし、掛かる税金は所得税金のみ!コレはデカイ!
・ 維持費もサーバー代のみ、在庫が腐る心配も管理も全く関係ない。もし必要があるなら広告の張替えのみくらいのものだ。アドセンスならその必要も一切無い。
・ サイトアフィリエイトならコンテンツさえ充実しているなら放置型も可能。これが自分の時間の自由を促す。
ある意味究極の[ 無不動産経営 ]のようなものだ。

如何だろうか?
コレだけデメリットを多い尽くすビジネスは中々お目に掛かれない。

しかも俺は余剰金を作るという手段をコレで賄う事が叶った。
ちなみに株式投資って税金は更に低い。

何せ分離課税20%で特別口座なら確定申告不要。
自動的に利益から差し引かれる。
問題は損益が出た場合には相殺で対応しなければならないがそれでも節税には事欠く事はないだろう。

実際にはオンラインで必要書類データは印刷出来るし正当な節税は投資ルール上保障されているのだから全くノープロブレム。

ちなみにFXや先物取引等での特別口座は対応していないので確定申告をする必要があるが初心者は株式投資を御勧めする。
実際に投資を理解していくと信用取引を利用するようになるからだ。

つまり経済情勢に振り回されないようになる武器が手に入るようになる。
ただね…この武器[ 諸刃の剣 ]なのでシッカリ実践と勉強を積むと良い。

最後に言っておくが『投資なんて…絶対に危ない!』とか『あんなの絶対に儲からない!』とか言ってるヤツに限って先に記載した通り
[ 体験や学び ]を全くしていない極上のバカな意見である事を事前に通知しておくから覚えとけ。
                 (´・ω・`)y-~

それを言ったが最後、
『自分はガチで投資を全く知らない』とほざいているよなものだ。
そしてそんなバカに自分の人生を弄られる必要はないのだコレは人生七転八倒したオッサンからのお節介だ…覚えとけ。

以下はこの事にも多大に触れている良書だ。
トレード手法は別にして書いてある人間心理は爆笑の極みw
読めばどれだけやっている人間とやってない人間の差が明確に記されいるかよく解る。

あくまでも投資手法は人それぞれなので、その部分には実践と体験と知識とを学びながら行動すれば良い。

この良書で学ぶべき所は貴方が上記に記載された
[ 何も知らずして、あたかも『投資をしています。』という極上のバカ人間にならない為の良書 ]だと考えておく事だ。

この逆をすれば実際には大きな
人生を変える鍵になる事をハッキリと伝えておく。
          ↓
   


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU