トップページ > 人生をじっくり考える > 恥をかく事をダメージと捉えるか武器として捉えるかは雲泥の違いになる。  

恥をかく事をダメージと捉えるか武器として捉えるかは

雲泥の違いになる。

                    2017年01月29日
一見エンタメに見えるニュースだが…実は。
          ↓
[ 忘年会での「PPAP」強要「ピコハラ」に警戒の声…パワハラではないのか? ]

今時の若いリーマン達って考え方が違うのね。
ある程度年齢が逝くと役職や地位が絡むのでバカが出来なくなるけど恥をかける特権時期が若さだと思うのだがな。

その癖、働きたくないだの楽して稼ぎたいだのアルコールで酔っ払うと突飛な行為で三面記事に載るだの何だか矛盾している気がする。

何かから…つーより平凡から飛び出すもっとも効率的な行為は世間一般とは逆の行動をしなくてはいけない感覚を身に付けるのはこんな場を学びと捉えてトライする事が1つのヒントになるんだよ。

面白い事に俺は基本的には製造業従業員上がりだが与えられた場ではとにかく飛び込んでみるタイプ。

合言葉は『とりあえず飛び込んでみてから考えよう』って主旨だからなぁ。(´・ω・`)y-~

だって考えてもやった事のない分野であれば基本…頭に浮かんでくる事の大半は悲観的な恐怖しかないからだ。

20〜30代でこの行為が出来る人と出来ない人は不満度と実現度に大きな差が生じる。

言い換えるなら指を咥えて見てる側と失敗しても飛び込める人の差でもあり、恐怖に打ち勝てる差だとも言える。

前者の人生における特典は衰退と後悔しか残らず。
後者の人生における特典は発展と開放を体験できる。

つまり時間的有限の人生における納得度がまるで違う事に貴方は気づくだろうか?

冒頭の部分において強要として捉える反面、チャンスと捉える人は基本的にネームバリューや印象になり易い。

営業職や外交員なら解るだろうけど、製造関係や人目に付かない業種も[ 自分をアピールする能力 ]に欠けると人生の無意味さを味わう傾向にある。

何故なら[ 自分って必要とされていないのだろうか? ]と考えうる傾向になるからに他ならん。

何せ自分の中に存在意義を構築出来ないから、いざ外の世界にその場所を探しても[ 色 ]が無いから他人が絡めないという事になり易い。

マンガ[ 黒子のバスケ ] の黒子テツヤのようなキャラでさえ無色キャラを演じているがレギュラーになってるからこそ絵になるのだ。

コレは活躍する場と活躍できるスキルや能力があるからと言い換えられるの。

基本的にナンでもカンでも[ 強要 ]というヤツの背景は言い換えると[ チャンスに変えられないという自身のなさ ]が露呈している事になる。

結局、人前で恥すらかけん小さい器とチワワ以下の度胸の無さが伺える気がして少々残念だ。

俺の当時の同期には確かにそんなヤツがいたけど、そんなヤツは地道に職人レベルの仕事に精を出していたので結果としては、やはり必要な人材とされていた。

人は文句ばかり言うと自信の無さが浮かび上がり飛び込むと恥と言う旬な時期を得ることも時には得られるのだよ。


さらに言うなれば何かに飛び込めたり失敗をするというのは決して自分の人生に汚点を残すという事ではない事に現代の若い子達は気付いていない気がする。

この動画では今現在のエンターテイメント関連として取り上げられているが昭和前期〜中期では[ 芸能人になる ]という意向を口にしただけでバカにされている時代もあったんだよ。

今現在は業種も多様化してメディアも普及し素人が簡単に情報を発信する側にも回れ[ 仕掛ける ]という事が可能な時代。

一見、ビジネス感覚や関係に話は聴こえるだろうが実際によく考えて欲しい。

それは[ 自分自身と持っている武器に関連する自信と確信 ]のレベルが完全に[ 強要と捉える人達 ]とは雲泥の差がある事を。

ちなみにこの楽曲[ Y.M.C.A./ヴィレッジ・ピープル ]の和訳には非常に意味が深い。
日本では西城秀樹氏がヤングマンという楽曲を出しているが基本的に俺はアメリカの楽曲のYMCAが好きだ。


以下和訳
  ↓
若人よ!落ち込む必要はないのだ!
声を大にして言おう、若人よ!地を這う己を引き摺り立たせろ!
更に言おう、若人よ!もう新しい街にいるではないか!
不幸な思いをする必要など、ここには存在しないのだ!

若人よ!己の足を向ける場所があるのだ!
声を大にして言おう、若人よ!金が足りなかろうが!
その地はお前を追い出しはしない!そして私は確信する!
お前が数え切れぬほどの楽しみ方をそこで知ることを!

Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
そこにいる連中は、若人を楽しませる全てを備えている!
そこにいる全ての若人達と友達になるがいい!

Y.M.C.A.で過ごすのは楽しいものなのだ!
Y.M.C.A.で過ごすのは楽しいものなのだ!
不潔な自分とはおさらばだ!
うまいものを食うがいい!
感じるものは何でも行動に移すがいい!

若人よ!ちゃんと聞いているのか?
声を大にして言おう、若人よ!お前は何になりたいのだ?
更に言おう、若人よ!夢を現実にするがいい!
しかし、これだけは知っておかなければならぬのだ!

全て自分の力だけでやれる、そんな野郎はいないのだ!
声を大にして言おう、若人よ!プライドは捨てるのだ!
そしてただ足を向けるがよい!Y.M.C.A.へ!
我は確信する!そこにいる連中が、すぐに手助けしてくれることを!

Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
そこにいる連中は、若人を楽しませる全てを備えている!
そこにいる全ての若人達と友達になるがいい!

Y.M.C.A.で過ごすのは楽しいものなのだ!
Y.M.C.A.で過ごすのは楽しいものなのだ!
不潔な自分とはおさらばだ!
うまいものを食うがいい!
感じるものは何でも行動に移すがいい!

若人よ!我もお前と同じ境遇にあったのだ!
声を大にして言おう!我も落ち込み、1人で悲しみに暮れたのだ!
生きているのに、誰も自分を気遣ってはくれないと感じたものだった!
この世とは、まったくわけのわからないものだと感じたものだったのだ!

そんな時、誰かが我の元へやってきた
そしてこう言ったのだ、若人よ!この道を歩いていけと!
そこには、Y.M.C.A.と呼ばれる場所があるのだと!
そこにいる連中が、お前を元の姿へ戻してくれるのだと!

Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
そこにいる連中は、若人を楽しませる全てを備えている!
そこにいる全ての若人達と友達になるがいい!

Y.M.C.A!
Y.M.C.Aで過ごすのは楽しいぞ!
若人よ!若人よ!落ち込む必要などそこにはないのだ!
若人よ!若人よ!!地に這う己を引き摺り立たせろ!

Y.M.C.A!
Y.M.C.Aにただ足を向けろ!
若人よ!若人よ!我もお前と同じ境遇にあったのだ!
若人よ!若人よ!我も1人で悲しみに暮れたのだ!


…とまぁ、結局自信のないヤツは基本的に人生経験や失敗の絶対数が極端に少ない事が一番に挙げられる。

だからムダにプライドが高いし自分を晒す勇気や自信が無いのでボロが出る事を極端に恐れる傾向がある。

ある程度、営業職や外交員…訪販をやっている人にとっては世間体なんぞ腹の足しにもならん事をよく知っているけど、今の子達はチョットした人間関係のトラブルで人生を〆るという突飛な行動を取るのが少々目に留まる。

また、保護者も過保護すぎてバカレベルがMAXな親も結構いるんだよ。

一生涯子供の面倒なんて見れんのにな。(#゚д゚) 、ペッ

そこから考えると俺は逆の意味で恵まれていたかも知らん。
何せ幼少時期はその日を生きるので精一杯だったからなぁ。

嫌でも自立心が育つわ。
失敗も吐いて捨てるほどしたし…人生を回復させるのにも相当時間を要したからな。

そんな意味も込めて人前で恥をかける時期には旬がある。
それは若さという事だ。

晩年を迎えると次第に穏やかさを求めるようになるからプライドが高くない若き時期にドンドンと挑戦するべきだろう。

事実、年齢を重ねると家庭や家族の手前&社会的地位も踏まえてシガラミから無茶が出来なくなる。

昨今でもバカチューブやバカッターで話題になった問題で以前の記事[ ネットで拡散したら最後だろうなぁ…末代まで晒されるし。自己責任とはいえ結構キツイ後始末になるだろうな…(´・ω・`)=3 ヤレヤレ ][ アフィリエイトビジネスにおいての麻薬的感覚は危険なゾーンだと知っておくべし!_〆(・_・。)^ カキカキ ][ 自己顕示欲求&自己存在表現が合法的に表現出来ない寂しい大人達。 (ノ∀`) アチャー ][ 躾はお早めに…世に出る前に! ]にも少々触れたが基本的に奇抜な事をして身近な人間である子供や家族にも影響が出やすい。

だから社会的シガラミが少ないの幼少時代や若い時代に多くの失敗や恥をかく事が特権なのが理解出来るだろう。

その経験は[ 失敗というのは人生の傷にならない ]という事を学べる良いチャンスと実感出来るだろう。コレ大事。

最後に今一度冒頭の動画を見て頂きたい。
観客を魅了出来るのは結局の所、[ やりきった者 ]しか訪れん。

人には恐怖を乗り越えると何かが起こる。
まずは無茶振りでも対応できるくらいに自分に武器のストックを持つことだ。

何も無いと自己防衛の[ 文句と批判 ]しか出来なくなる。
以下はその関連に厳しくも気づきとなる良書を紹介しておく。
特にサクッと読めるものを紹介しておくから熟読すると良いだろう。
          ↓
   
双方ともピンチとチャンスについて解り易く書かれている上、どのようにそれを認識し取り扱うかで考え方が『…ココまで変わるのか!?』ってカンジになるの。

コレは俺も激しく賛同するわ。
営業職や外交員、そしてアフィリエイトビジネスならオリジナルを飛躍的に伸ばせる内容でもあるからな。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU