トップページ > 人生をじっくり考える > 人生に対して自信を失うと這い上がれなくなるし無駄にプライドが高くなる。  

人生に対して自信を失うと這い上がれなくなるし

無駄にプライドが高くなる。

                    2017年02月08日

よく人は『頑張れ』って言うけど不思議な事に助けてはくれんよなぁ…。
                  ( ゚д゚)ポカーン

そんで仕方なく自分の力でヒタスラ生きていると助けてくれる事が実際にあったのも事実じゃ。

俺は極貧上がりなんでこの部分がよく解る。
実際に体験もしたが人生において衣食住が本当の意味で欠けていた人生を送っていたし、あらゆる面で枯渇していた経緯も踏まえて結局の所、出た結論は[ 内面部分と考え方 ]という結論が人生の半分を消耗して確信している。

内面部分ちゅーのは面白い事に物欲とかそうゆう類のものではない。

コレは俗に言う精神性の満足部分に属すもの。
つまり自尊欲や承認欲求の類だ。

コレが枯渇すると自他共にステータスに恵まれていても不思議と人間関係のトラブルや浮気、アルコール依存性や虚勢を張るようになる。

そして考え方が人生の指針や行く末を形作るのは自分の人生を通して確信している。

事実、親父暴君ぶりは上記の内面部分及び考え方の双方とも手の施しようがない状態だったので反面教師的に学ばせて頂いた。


急転直下で人生を落とし始めると不思議なもので人間はそれを認めようとはしなくなる。

つまり観たくないものから逃避癖が付き易く常にそれを隠そうとして嘘をつくようになる。

また、自分に自信が持てなくなりカラカラに干からびた自尊心や承認欲求を満たそうと虚勢を張ったりムダに大きく見せようとしてしまう行動を取ってしまう。

人間稼業って適切に自身を扱わないと本当にダメになってまう。

本当に自身を緻密に積み上げて構築している人間はこの虚栄心や自尊心に振り回される事無く常に自由でいられる。

それを他人を使って満たす必要性すらないからだ。

だがそれが一切無いと常に自分を飾らなくてはいけなくなるので日々、無駄なプライドがジャマしてまともに会話すら出来なくなるし愚痴や不平不満が口から無限に沸いて出る。

経験上言わせて貰えばコレは我慢してもムダだ。
自分の器以上のストレスと恐怖がそうさせるのであって一番必要なのはストレスの発散する方向性と人生を回復させるメドが立つ事が一番の良薬となる。

人は何か不測の事態における恐怖には経験量が少ないと途端にパニックになるし、ワケの解らん行動に出やすい。

その瞬間的な恐怖の度合いが余りにも自己の器のキャパ以上…というより器を壊すほどの体験をすると気が触れて三面記事に載るような行動を取ってしまう事もある。

[ 東海道新幹線火災事件 ]なんかは典型例ではあるが経済的な苦痛はもとより、人生に対して希望的なメドや手段が見つからない場合はどうしても口から態度から止め処なく考え方や自己の器に抱えきれないシグナルが出てくるものだ。

ちなみに俺の親父は一度ガソリンを被って自殺しかけたが最後の最後でライターに点火出来なかったのを小学校時代にみさせてもらった。

自殺も本当に恐怖と度胸と思い切りが要ると心底感じたわ。
動画のオッサンなんかは俺から言えば衣食住があるだけまだ程度が軽い。

さっさと要らぬプライドを棄てて先ずは明日の糧を得るほうが有意義じゃ。

悲しいかな…俺はホームレス時代に残飯を漁って食い繋いだからな。それはとてもツライ記憶。(#゚皿゚)o"

そのせいもあり俺は常にキツイ状況下でも我を失う事無く次なる手段を模索する行動を取るクセがついた気がする。

まぁ…実際に最初の独立失敗後は半年ウジウジして引き篭もったが生活費や幾らかの借金もあったし止む得ず労働に勤しんだ次第じゃ。

そーいう意味では恐怖を緩める為にはある意味、身体を動かして一心不乱に働くのも恐怖解消には良いかも知れんな。

そもそも悩みや苦悩は止まっている時や停滞している時に苛まれるから手に負えん。(#゚д゚) 、ペッ

母校の部活外部指導でちょくちょく問題を聴く内容で保護者がバカみたいに間に入って掻き乱すモンスターがいるが実際に上記から考えると動画のオッサンのように人生経験を奪う行為になりかねん。

ガキ共には極力生きた経験値を積ませる方が将来、自己開拓する自力が付く筈じゃ。

過保護ほど遅効性の毒になるものはないわ。
それが解らんモンスターはカプセルの中に入るがよかろう。
                 (=゚ω゚)ノ ⌒@ポイ

動画のオッサンも事実、人生の石コロに足を取られただけなのだが次第に起き上がり方を始め自身の取り戻し方すら忘れてしまった感が見受けられてならん。

そんでもって過保護すぎる親もまた然り。

だからムダにプライドが高くなって苦しんでいると察する。
人はこの状況になるとマジで人生が弱っていくからな。

ブラック就労時代にはこんな輩がアッチもコッチもソッチも振り向く限り溢れていたし、金融アルバイトでそんな多重債務者は腐るほど見て来たわ。
マジで終わってるからな。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

この手に関してはかなり参考になる良書が以下の2冊じゃ。
           ↓
   
俺はこの本(電子書籍以前に出版された製本)を読んで後に実際に本人の講演を聴いた事があるが、マジで自堕落の経験をされた内容にはビックリした。

そこから売れるものは全て売り払って最後に墓まで売ってホームレスになった逸話には度肝を抜かれた。

そこから多くのビジネスを立ち上げては潰した身の上話を聴いて…

嗚呼…俺なんかはまだ程度が軽いな。

…と反省しながら少し気が楽になったものだ。(´・ω・`)=3
そしてこの良書にも[ 内面部分と考え方 ]に多分に触れているので必読でもある。

オッサンからのお節介じゃがマジで読んどけ。
                  (´・ω・`)y-~
------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU