トップページ > 人生をじっくり考える > 人生を変える初歩的な事…それは深く考え抜いて継続する事。  

人生を変える初歩的な事…

それは深く考え抜いて継続する事。

                    2017年02月19日

殆どにおいて努力とか言われている人生論や観点。
それは人生を変える最良の手段でありシンプルな方法と言われるが俺からしてみればそれは早計な気がしてならん。

何せ努力している時点でやりたくも無い事をムリヤリしているので実は継続し難い事がそもそもの原因となるからじゃ。

中には嫌な事をムリヤリやっていくウチに成果が出たりする事もあるだろう。

コレは日々のリーマン仕事にも置き換えられる。
実質、人間は継続するコト事態能力向上の余地が十分にあるので数稽古で押し潰せば事は変化するのも事実でもある。

現代人は基本的に飽き性。

これが現段階の人生を歩んでいる非常にシンプルな構造になる。
だから現代人は習慣こそ変えてしまえば全ては意のままに変化するとも断言出来ると知ることだ。

そこで2つの動画を見てもらいたい。
画像先の動画リンクが切れたらスマン。
一応、画像下に検索リンクを提示しておくので切れたら自分で探してくれ。

 
[ @の検索リンク ][ Aの検索リンク ]

俺は基本的に極貧層から脱出した経緯があるんでどちらかと言えば@に属すかな…。
だが母校での外部指導や最初の自営失敗〜ブラック就労時代〜再度独立からの観点から言うとAの意見も確かに正論と言わざるを得ねぇ気がする。

だた言える共通点があるんじゃ。

それはな…とても大切な事実だから耳をかっぽじって聴いてくれよ。


自分で方向性を決めた事に対して徹底して自己責任を取っているというコトじゃ。
しかもそれを徹底しているという事実。


人は常に腹の中で抱えている事を人生に表現している。
俺はこの事実を独立失敗後〜再独立するまでにあらゆるジャンルで働いている人達や金融バイト先の多重債務者達の腹の内を見ている経過でそれを吐いて捨てるほど垣間見てきた。

特に顕著に現れるのが愚痴や文句…そして批判系の言葉を無限に吐き続け器から漏れた言葉を聴いて来たが実際には全て状況任せの流浪な人生だった傾向が強い。

中には口数が少なく一切上記の行動が出ない人も、親しくなると実は腹に抱えた部分は同じ人種が多かった事に気付いた。

あらゆる人達を見るとその共通点たるや非常に人生を決定付ける裏付けを確信する羽目になったんじゃ。

コレを目の当たりにすると[ 類は共を呼ぶ ]を通り越して[ シッカリと区別されあるべき場所に自分から望んで寄り集まっている ]と確証に至ったワケだ。ガチでやべぇと思ーたわ。
              ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

俺の人生がこのまま行くと終着地点がブラックの最下層に属す羽目になるとビジョン的に描くのが造作もないコトがわかった。

その頃だったかアフィリエイトを知って取り組み始めたのはな。

上記の2つの動画に共通する点は努力が努力じゃなくなる過程が存在する事に気付くまで殆どの人達が口を揃えて評論してしまうのだが、その部分をクリアしてしまうと内容は人生を変える大きなヒントであり答えが提示されている。

それは単なる選択してそれに従事するという個人レベルでの自己投資と自己責任に尽きる。

評論する時点では基本的に何を基準にしているかは明白でそれは基本的に倫理観や自分の置かれている現状、そして常識という名の大多数の御意見というのがセオリーで謳われる。

しかし一旦裏を返すと自己というものが無いコトに気付くだろうか?

もっと言えば、それは既に植えつけられている価値観でしかない。

さらに深く言えば洗脳的な生き方になる。

中には『それじゃ自己責任なら何をしても良いじゃないか!』っていうバカがいるが、その手の質問をする輩は常に上記の部類に属す。

自己責任は所属するカテゴリーを無視しない。
ゲームなら適したハードとソフトで遊び尽くして、人よりもクオリティが高い遊び方をするという意味じゃ。

上記の過激な発言をする人ほどハードとソフトの機種を違えてムリヤリ突っ込んでしまうから壊れて遊べなくなってしまう。
そんなヤツが『ゲームが出来ない!壊れたのはゲームのせいだ!』って言っているヤツがいたら間違いなくイカレていると思うだろうが、実際に以前書いた記事[ 躾はお早めに…世に出る前に! ]にも触れたが参加するジャンルでプレイがお粗末過ぎるとバカを見る。

あとはどれだけコダワリや突き詰めるかにもよるが基本的にその立ち位置からすれば[ 夢中になる ]と言った表現が適切だろうな。

夢中になれば寝食を忘れて没頭出来るし、苦痛やストレスとも無縁じゃ。マジでムテキングで行動に直結できるからな。

俺のように昭和中期世代から選択肢が無い時代で『アレをやれコレをやれ』っつーて質問さえ受け付けてくれない&『それをやる暇があるなら身体を動かせ』的な返答しか受けられない労働者階級の底辺に洗脳された事でアフィリエイトや投資での作業では基本的にやる事が決まっているので苦痛はかなり軽減されていたのが幸いしている。

だが現代では自制や自律が訓練されていないので自律が非常に難しいと外部指導を通じて痛感している。

現段階の高校生ですら権利主張を掲げるが実際には実力すら備わっていない。

この状態で世に出ても戦力すらならんだろうし続かない。
しかもニートでもお金を作り出す術がないので、ある意味そこでの地獄体験をどう乗り切るかが人生の分かれ道となるだろう。

上記の動画とは真逆の世界が貧困層という意識の貧困層になりうるのを俺は多重債務者やブラック就労での箸にも棒にも掛からん人達から反面教師で学んだんだわ。

↑画像をクリックしたら関連動画がみれるわ。

そこから考えるに今からでも遅くはない。
生き方自体の考えを自分なりに模索する→徹底して深く考える事→行動で実践する事が大事になる。

行動が億劫な人は単なる願望が薄いから、それを補う弊害として[ 努力 ]と感じてしまう。
つまり努力というのは他人からの物差しでの表現であり、自分自身が努力と感じている事は単なる[ 拷問 ]という事なのだが殆どの人間がコレに気付かない。

だから努力嫌いになるのは当たり前なのじゃ。(#゚д゚) 、ペッ

この事は水木しげる氏の著書[ 水木サンの幸福論 ]でもその部分をピンポイントで以下のように表現している。

『努力は人を裏切ると心得よ』…ってな。

今現在巷では『楽しみながら成功する』みたいな風潮が蔓延しているが上記の意味を全く理解していない輩にとっては非常に遅効性の毒が潜んでいる。

人は基本的に2つのコトでしか行動を起せない。
1つは危機的状況に置かれるコト。
もう1つは希望や期待に関して確信的な状況に置かれるコト。

…でしか行動直結しない。
だが反面継続率も非常に低いのが実情なのだ。

その為に第三の継続するカテゴリーを見出せるかが人生の鍵となる。今回触れた動画も実はコレが裏に潜んでいる。
気付ける人は気付くが実際に自分の腹を覗くまでは真意を吟味出来ないかもしらん。

水木しげる氏の著書にはそれを明確に示している。
コレに関してはまた別の記事で触れてみるわ。
また関連の著書もオススメじゃ。
           ↓
   
まぁ…ベーシックインカムが導入されるまでは日本って国は常に競争社会を前提に取り組んでしまう傾向があるが実際には人は次第に変化して対応する流れになるだろう。

可能な範囲で自己責任を取れる器を形成する事や同時に個人ビジネスの所有をオススメしておく。
                    (´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU