トップページ > 人生をじっくり考える > 習慣の延長線上から路線変更したり、習慣自体を変えると人生が変わるという典型事例。 

習慣の延長線上から路線変更したり、習慣自体を

を変えると人生が変わるという典型事例。

                    2017年06月13日

生まれた頃からの習慣や常識染みた考え方を変えると人生はガラリと変わるよ。

関連記事検索:改宗を決めた日、トンカツ屋へ でも今は…日本人イスラム教徒の日常

意味の無い&辻褄があわない常識や言い伝えって結構探すとあるものなのね。

特に聖地への方向や、1日内での規定回数礼拝等の縛りが生まれながらに強制習慣化していると疑問を持つ事自体がタブー視されたりする事がある。

これは何も宗教ばかりの話ではないと考えてもOK。
何故なら人生も仕事もアフィリエイトも常識みたいな事に囚われたりしている時点で身動きが取れなくなってしまい、検証自体を諦めてまう傾向になってしまうと途端に終了してしまう。

コレはダメ、アレはダメって自分でレールや限界を設定してしまうとトライ&エラーすら叶わん。

多分ね…結構常識って抜け穴があると気付くまでが勝負かも知らんな。

アフィリエイトも投資も過去を振り返ってみると、俺の周囲には実際にガチで取り組んだ人なんか皆無だった割に『あれは儲からないよ。』とか『俺もやったけどダメだった。』と言うヤツに限って触り程度ならいざ知らず、全く知識もない状態でやった感を出している輩なんぞ腐るほどいたから不思議。

俺は独立失敗後、ブラック就労を体験して最も確信した事がある。

それはビジネスは個人で起こし、個人で成長させるという事が最も最良で最もリスクの低減を図れるという事。

それと自分の体験こそが常識や偽情報の真偽を突破出来るという事。

この2点かな?

間違った事や効率悪い事でさえ度が過ぎた作業量をこなして行くとコツが解ったり、時にはその壁を突破したりと世間で神話となっている事でさえ意外な一面さえ気付かされる事が起こる。

結局、情報の真意は膨大なトライ&エラーでしか判別できん…と気付かされたわ。

別サイトでアフィリエイトを始め、とあるスキルに関して最近質問が上がるようになったが全て無行動や論理上での[ 自分の仮想シュミレーション ]の範囲を出ない状態で質問を投げられてもラチが空かない。

興味があるのは解るが、実際にトコトンやり尽くすまではその醍醐味って永久に体験できんと誰もが理詰めレベルで解るのに…いざ当事者になると不思議と盲目的になるのが人間の性なのだろう。

本当に勿体無い。(´・ω・`)=3

最近、Amazonで[ のうだま1 やる気の秘密 (幻冬舎文庫)]って本を読んだ。

人は何故飽きるのか?という原理を脳科学から見た事を書いてあるの。

世間での無意味な[ 常識 ]や[ 習慣 ]というメカニズムが色濃くかなり初心者向けに書かれていて読みやすいものになっている。

やはり習慣化されていない作業量や常識という壁に立ち向かう行動は自分を騙すというセルフコントロールが初期段階では必須科目になってる。

コレはガキの頃の『やっちゃダメ』的な親の保護の下、結構経験自体を奪われてしまった弊害だと考える。

俺は基本、放任環境で否応無しに成長したからそのガードレールが外れてたのかも知らん。良いんだか悪いんだか…w

現代の人達はこの部分の除去に手を焼くだろうけど、一旦気付くとフライホイールみたいに惰性が付くからトライする価値は十分にある。気になるなら読んで実践すると良いわ。

俺は愚直系なんでカスカスになるまでやるけどな。
無理ゲーやクソゲーも基本やり込み系なのよ。
何か問題でもあるかニャ…?( ゚д゚)ポカーン

敢えて伝えたい。
やったが勝ち。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU