トップページ > 人生をじっくり考える > 待ち時間を潰した時に改めて想った事…価値感の大切さ。 

待ち時間を潰した時に改めて想った事…価値感の大切さ。

                    2017年07月10日

日曜日にちょっとした所用で人に会う為に隣町まで足を伸ばしたのだが時間変更にて2〜3時間時間を潰す事になる。

仕方ナシにすぐ傍のショッピングモールが目に入ったので寄ってみたの。

そこにはSEGA提携のゲームセンターがあったんだが入ってみてビックリ!

アーケード系のものが一切無く、家族連れ&カップル連れをターゲットにしたレイアウトで昔ゲーマーの俺としては遊ぶものがないの。
(ノA`) アチャー

仕方なしにやり慣れない…つーても最近のゲームすら疎くなってしまっているけどコインゲームコーナーを覗いて見る。

最近はカードゲームを利用したものが多いんやね。
知らんかったわ。

しょうがないからパチンコをしてみたの。
ワケ解らんからエヴァシリーズをやってみたんだけどビックリ。

玉の通るところが殆どないのwww
台の殆どのスペースにギミックや液晶モニターが嵌め込まれているんだわ。

店員に訊けば『最近のパチ台ってこんなんばかりですよ?』ってあっけにとられて少々恥ずかしい思いをした。

パチンコを始めとするギャンブルには疎く確か…俺がリーマン時代に時間潰しに打ったパチンコは当時大人気だった[ ギンギラパラダイス ]って機種だった記憶がある。

当時珍しい液晶モニター付きの台だったかな?
5インチにも満たない画面だったが同僚や先輩がかなり嵌っていた記憶がある。

今のパチ台は玉の通る道が両サイドしかないのが衝撃的に俺に映ったわ。

とりあえず1000円分の百円玉を突っ込んでみた。
ゲームセンターだからスグにコインが吹いた。

しかし演出が派手で俺みたいな御老体には頭が痛くなる。
100円玉を使い切ってコインを持って色々とコーナーを見渡してみたんだが不思議な事に大きく分けて2通りの人種がいたのにビックリした。

1つは高齢者。
ニュースや動画で最近のゲームセンターは老人が増えたと聴くが実際に目の当たりにすると不思議な光景だったよ。

俺達の世代はゲームセンターと言えば不良の溜まり場か、格闘ゲームの修羅場としか認識が無かったからなぁ。( ゚д゚)ポカーン



当時俺も高校〜社会人でかなりやり込んだ時代だった。
丁度人生を模索する前で悶々としていた時だったかな?

割と熱い時代だった記憶がある。


そんで話は戻るけどもう1つは中学生や高校生。
俺達の時代とは毛色が違う御様子。
金もコインもないのにボケーとコインコーナーに居座り続けているの。

俺が高校生の時代では真っ先にカツアゲ対象になる人種。
時代は平和になったでござる。

明らかに無気力系の子供達に見えた。

俺はやり込み要素的なものがないコインゲームコーナーにも1時間もたんかったので、その子に『すまんがオッサンこのコインが要らんから貰ってくれんか?』と言って残りの大量コインを渡したら満面の笑みとビックリした様子で『ありがとうございます!』って受け取ってくれた。

その中学生らしき子がうれしそうにゲームをしていると周囲の子達が何があったのか?と大騒ぎになってた。
最近の子達は俺にとって不思議な生き物でしかないように映る。

俺達の世代は基本的に負けず嫌いが染み付いている。
だからアーケード系の格闘ゲームを始め、トコトンやり込み要素が無いと興味が沸かない。

ゲームセンターで無気力的に時間を潰すという習慣すらなかったので金が無ければ他人のプレイを見て技術を盗んでいたくらいだ。

だからコインゲームなんぞ目も暮れなかった。
昨今のゲームセンターはイベントもしないし、時間を潰すだけの搾取的な方針が割と気になったな。

それと不思議に思ったが子供達を見てたらゲームを本気で楽しむという目ではなかった。

何だか目的無く単に時間を持て余している目をしていたな。
何か夢中になれるものもなく…かと言って何かそれを知っているワケでもない雰囲気だった。

人間ってヤツは脳みそに何を入れるかによって人生の取り組み方が変わるみたいじゃな。

ゲームセンターが超サイコーな遊び場で熱い場所っていう時代は昨今ではありえんかも知らん。

俺はどちらかと言うとコダワリの道を歩む人が好きじゃな。
無気力の人生なんぞ人生を蝕んで廃人になるからな。
それと惰性的で世間のラッシュアワーに流されると極みの世界には入れん。

自分の人生を創る考えは持った方がエエど。

人生を輝かせるのはどの分野もやり込みだと認識するべきだろう。それを将来マネタイズ出来れば一生涯のスキルとして生きて行ける。

以下は上記の動画で話している梅原大吾氏の著書。
何かを取り組む指南書でもある。
読んでみたがかなりオススメのものじゃわい。
ビジネスにも通じるので必読書となるのは言うまでもない。
(´・ω・`)つ  
読んでみると解るが彼は結構な時間を集中的に費やしている。
自己投資として時間と情熱を注ぎ込んでいる事がわかるだろう。

単なる娯楽で済ましている訳ではない。
コレが目的を持った取り組みと惰性との取り組みとの大きな差であると感じた。

そこから考えればスマホで惰性的に暇を潰している暇人とは決定的に違う生き方になるのは当然の結果なのは明白じゃわい。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU