トップページ > 人生をじっくり考える > AIという夢の人格…人間が人格を作り、その人格との御付き合いを考える。  

AIという夢の人格…

人間が人格を作り、その人格との御付き合いを考える。

                    2017年07月12日

時事ネタ。
はじまっちゃった?人工知能(AI)が人間に理解できない独自の言語を生み出し会話を始めた(米研究)

俺、基本的に人工知能賛成派。
将棋攻殻機動隊が大好きでもあるしな。

だから人工知能が人類と敵対するって発想にはならん。
だって基本概念に要項として縛っておけば問題はないし、映画ロボコップでもこのシステムは非常に安心するべきシステムだと思ったものじゃわい。

もしも叶うならアニメコブラのレディみたいなもんが今後出来るのであれば俺はガチで世話になりたい。

老後も安心だしAIバリバリの察し良き家族であってほしいものだ。

何も求めず献身的にサポートしてくれるのであれば本当に感謝すべき人類の大発明になるだろう。

コレにタチコマもセットで家族になってくれればもっと賑やかになるだろうな。
両名ともいれば防犯はほぼムテキングでござる!

ネットの動画で人工知能の凄さを見た。
関連動画検索:人工知能 天使か悪魔か

動画内で人間のチョットした仕草や文章からでも退職の予兆を人工知能は見逃さない。



人間では到底気付かない部分でも人工知能は警告してくれる。
昔は年長者を含めた3世代4世代の大家族で子供の成長を見届けて寄ってたかって教育してきた為にあらゆる刺激やコミニュケーションを子供に与えてきた。

その為、人間形成にとても良い影響を与えてきた為に自然とチョットした変化や仕草から心情を汲み取る察しというものを獲得して人生経験や体験でそれを昇華し成熟をなしていた。

だが昨今、バカ親共が子供の体験や経験を過保護で台無しにしてその部分を指摘すると烈火の如く『こんなに一生懸命やっているのに!』と被害者ヅラして子供の将来を無視する。

人間形成に必要なのは気付いたり・察したり・寄り添うだけで基本は十分なのにな。
その部分でオモロイ拾い物を見たわ。
       ↓
関連検索:卒母のススメ
クソワロタwww

コレが明確な真実なんだろうな。
だから動画での人工知能の察しの良さや発見の部分には圧巻だった理由がコレ。

人工知能はとにかく自分の思考で気の遠くなるほどに繰り返し学習する事にこの凄さの肝がある。

特にその演算システムは時間概念を凌駕して回数が人知を超えている事がポイントだろう。

そこから考えれば人はスグにこれから対処方を施そうとするが実際は察して訊いて寄り添うだけで自己解決を促す事で本人が経験や体験を通して何かを成す事になる。

先に気付いてさえいれば最悪駄目でも対処法や準備くらいは出来る。

親の出番は本人がどうにもならないときにだけホンの少しの助力で良いのだ…それなのにアレもコレも全てに介入する親はイカレているとしか思えないの。

冷静に考えれば解るんだが経験や体験を全て奪う行為に気付かない…馬鹿げた行為だ。(#゚д゚) 、ペッ

そこから考えれば俺の暴君親父は超放任だったのが今になって活きたのかもしらんな。少々複雑ではあるが…。(-公-;)ゞ

当時はマジで今日を生きるの四苦八苦していたが基本的にはもう同じ事をしたくないでござるが御蔭で生きる力はメチャメチャついたですだよ。

今頃になって思うが…ある意味、ナメック星に行くまでにレベルを上げすぎたような気がしてならん。

人生において過酷な経験や体験は拗ねらず・ヒネらず・腐らなければ必ず何らかの耐性や粘りが身に付くが基本的に当時の頃はマジで人生をシャットダウンしたくなる程に追い詰められたから今となっては良き思い出になったけど、1つ間違えたら諸刃の剣どころか、核爆弾の爆心地で1人ボンバーでござる。

話は戻るがAIも成長すれば必ず人間関係ならぬ知能関係を築けると俺は信じとる。

中には空気嫁でも満足する輩やリアルドールでも癒しを得られる人もいるぐらいだから人工知能を備えるレベルになると機体が人間と見分けが付かないと人間関係という枠組みはもっとフリーになるかもしらん。

コレには賛否両論分かれると思うがとりあえず、その類の良い漫画があるから以下のものを読んでみると良いだろう。

俺はコレを読んで機械との関係はもっと人間が考えている以上に世界は広いと感じた。

中には機械の人権ならぬ機権をも犯しかねないものや悪用に至るまで心配事も確かに尽きないかも知れないが、人類の進化の支えになって来ているのも事実。

だから明るい未来も必ずあると考える。
希望的観測かも知らんけど不二子作品の21エモンのゴンスケキテレツのコロ助みたいに家族同然の存在になるのもアリかと俺は考えている。

夢があってイイんじゃないの!


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU