トップページ > 人生をじっくり考える > 人工知能に判断を委ねるという超ドライな有益性を考える。 

人工知能に判断を委ねるという

超ドライな有益性を考える。

                    2017年07月15日

前回の記事[ AIという夢の人格…人間が人格を作り、その人格との御付き合いを考える。 ]からの連投。

関連動画検索
人工知能 天使か悪魔か & SAPIA論文講座 人工知能を探る

人間は基本寿命という概念の中と自分の本能利害の観点からの狭い世界からしか判断基準が出来ない。

そもそも有限という世界観でしか生きていないからに他ならんしな。

AI(人工知能)ってヤツは基本演算システムという驚異的な速度で時間を凌駕しているし、無限とも言うべきシステムの世界で与えられた条件の中、桁が万…億…兆を超えうる可能性を実現してくれるからある意味[ 数量の定理 ]を超える神の領域を俺達に魅せてくれる。

そこに利害や一切の感情を超えて生き付く部分で宇宙の広さを垣間見せてくれると俺は考える。(´・ω・`)y-~

人生において俺が想った事…

それは家庭環境や両親の人間関係
仕事の存在意義
労働や就労
苛酷な環境下での人間関係
利害の関係や自他共に不利益な連鎖
感情の絡み合い
本能の治める過程の難しさ

これ等の人生の課題には余りにも時間が足りない気がしてならん。

この動画を見た時に全ての行動や体験を1〜100まで人工知能に委任するつもりは無いがベストな判断やアドバイスをもらえる存在であるならガキの時分から常に友人もしくは家族であって欲しいと願う。

今後はヒューマノイドやアンドロイド等の存在が俺の晩年期に登場してくれる事を切に願う。

ドラちゃんゴンスケみたいに苦言や喜びを享受できる人間の人生をサポートしてくれる存在になって頂きたい。

それとね…たまに思うのだけどココから先は個人的な意見を述べとくから参考程度に聴いてくれ。


コレは外部指導を過去長年関わってきて次第に明らかになってきたんだけど、ココ30〜40年の間に専業主婦って存在が皆無的な状況で幼少時期での人間関係からの刺激が殆どないガキんちょ達が著しく減った。

その為、コミニュティがとても狭く奇抜で偏っている子達が異常に増えてしまい集団生活や個人創作のレベルが低くなっている。

保護者の環境も激変しており、共働きによる経済窮地や困難な状況により自分の子供はおろか家庭に至るまで気が回りにくく、どうしても無駄や手間を嫌う傾向がある様子。

その為にコントロール的に躾けたり感情を爆発させて子供や家庭を始め、あらゆる事柄にストレスを抱えている大人は実に多い。

俺が家庭内に上記で記載したヒューマロイドやアンドロイドが生活のサポートをする存在であって欲しいのは人間の負担や軽減をサポートして精神的自由を確保する手伝いをして欲しいと願っている。

まあ、最終的には家庭を構築する人間側に責任はあるのだが、せめてガキの時分のスキンシップやコミニュケーションのサポートは欲しいと考える。

俺の前半を振り返ってみると…その意味でも精神的に未成熟をブチ抜いて心が貧しかったと今を以って思い知らされてまうのよ。
(ノA`) アチャー

人生の後半はそれを取り戻すでござる。
経済面はかなり遠回りで対策を講じる事が叶ったが、まだまだ人生の宿題は沢山あるでござるよ。

今後の人工知能研究は人格形成教育にも一役買ってくれそうな予感もする。

恐怖に感じるのは[ 人間が自我を無くしてしまう恐れ ]と[ AIに自我を持たれてしまう脅威 ]が入り混じってしまうからだと思うが、俺は基本的にどーでも良い事だと考えている。

何故なら…この膨大な宇宙という仕組みの中では人間という存在はピコレベル以下の極少の存在だから人工知能という存在もあって不思議じゃないと考えるのが当然なのだと思わんかいな?

攻殻機動隊 のような世界観であれば共存共栄が成り立っている世界観もイメージし易いし、数百年前から言えば人類は倍以上に寿命が延びている。

アニメ中にも存在する電脳システムや脳核パッケージとする代替義体技術。

こうなると寿命は格段に延びるだろう。
理論上、脳と脳幹さえパッケージ化さえ叶うならば人体は基本製造出来るから寿命という限定的な縛りから解放される。

時間を掛けて精神を治めるなら人類はもっと利害関係や孤立を始めとする争いを始めとする本能からの災いや煩悩からも解放されると俺は考える。

↑(´・ω・`)つ[ 攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society ]

その間の進化過程では確かに色々とトラブルや犯罪は起こるがコレは進化過程では必ず起こる登竜門でもあるから仕方ない。

部屋を片付ける時に一時的に散らかるようなモンじゃ。
片付いてしまえばキレイになる。

基本的に色々と無駄をする生き物が人間の本来備えた能力だと考えている。

だから人工知能が学習するに必要とする演算は言い換えれば場数だと判断出来る。

人間が創りしものに人間らしさという[ 試行錯誤 ]が備わっている決定的な部分であり[ ムダを積み重ねるシステム ]こそが真骨頂だと考える。

昨今人はコレを嫌うから停滞するんだろうな。(#゚д゚) 、ペッ
そんな事を思ってミターリ。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU