トップページ > 人生をじっくり考える > 現代の子達は大人の人生観を見て絶望しているだけ…最も有効な手段は大人が人生を楽しんでいるかが課題。  

現代の子達は大人の人生観を見て絶望しているだけ…

最も有効な手段は大人が人生を楽しんでいるかが課題。

                    2017年09月03日

時事関連検索:9月1日 自殺のピーク ニュース

日本はもともと自殺の割合が多かった国でもあるが昔は年齢層が20代以降で緩やかに割合が多かった。

その大半が経済面や人間関係、そして介護や病気といった類。

大人が人生に憤りを募らせ身動きが取れない事になり『楽になりたい!』という自殺願望が衝動となって事件は起こるというパターンが多かった。

その中で俺が記憶しているのが昭和の後期だったか?
[ 自分探し ]という耳慣れないフレーズが出始めたの。

自分の人生で何がしたかったのか?
目的はなんだったのか?

今までの経験や体験からシュミレートして目的が手詰まりし、価値が見出せなくなってしまった人達が途端に増え出したの。

その大半が自由を奪われた子達だと感じた。

当時俺から言わせれば何不自由なく生活を保護して貰って正直『何言ってんだコイツ? (╬⊙д⊙)アン?』的な視線で見ていたが当人は至って本気モードで考え込んでいた。

現代はその特化型のような感じを受けるの。

俺は俺で昔から[ 今を生きなければ明日はない! ]というその日暮らしの連続で行動でこそ糧を得る連続だったのが幸いしてか知らんが、将来の手詰まり加減など考える術がなかったの。

現代の子達はそのシュミレーションをする十分な余裕と時間がある分、強制的にやる事が格段に増えている傾向が強い。

そんな俺でも中学生の頃、進学という一大イベントで妙なストレスを抱えていたのを今に思い出した。

当時、基本勉強嫌いだが…かといって学業自体に力を入れずして受験をする度胸はなかったが色々と出費も考えてバイト三昧になってた分、不安はあった。

だが実際には工業高校入試で殆ど勉強もしないままテストを受け、残りの自由日数は全て肉体労働に充てた日々だった。

試験結果発表の日、俺はゴルフ場の建設現場でヒタスラ鉄筋結束やら資材搬入やらでクタクタになるまで働いて日当を稼いでいたのでその結果すら見に行けず午後18時に中学校に結果を教えて貰いに行ったの。

大半は結果を見て合格通知を中学校に貰いに行くのだが、俺はそれ自体を知りに行く始末…当然先生は『アンタ!それも見ずにココに来たの?』とキレ気味ながら呆れていたわ。

実は裏話で高校になってから知人に聴いたんだが当時の担任は御付き合いしていた人がいて、その発表がある日は合格通知を渡して速攻でデートの予定だったらしい。

俺がバイトで夕方に行ったモンだから予定が狂ったそうだ。
スマン事をしたかもな。(-人-)スマン。

で…その通知を受け取って始めて合格を知った始末なの。
ちなみに学校までは作業服のままダンプで現場監督のオッサンが送ってくれて通知を受け取った事を喜んでくれた。

その日の晩は焼肉をおごって貰ったのがイイ思い出。

今思えば俺は周囲の情報よりも[ 瞬間瞬間しか生きれない事 ]が将来の不安や絶望感を抱えられないというスキルになっていたと考えられるかも知らん。(´・ω・`)y-~


話は逸れたが現代の子達はその意味でも[ 人生の目的を感じてはおらず、シュミレートして絶望している ]という気がしてならない。


人間関係でも経済面でも将来でも…。 (ノA`) アチャー


その要因で最も大きいのが親の存在だと感じる。

俺の場合は特殊で…既に早い段階で親自体が燃え尽きていた状態だから、自分で行動を起こさないと手詰まりがリアルすぎたせいもあり常にバタバタと行動していたから、コレはコレで問題なのだが現代の子達は[ その狭い人生観で判断し過ぎている ]傾向が強く出ている。

体験量と経験量が余りにも少な過ぎると[ 器 ]というキャパが大きくならないままイキナリ過激な人生経験を踏んでしまうと壊れてしまう恐怖に駆られて衝動的になる事があるの。

特にこの傾向が強いと極小の問題が生死にまで発展してしまう事を大人は知らない。

不思議な事に富裕層の子供達は殆どコレに陥らないのが現実。
理由は富裕層の子達は親から[ 人生の楽しみ方 ]や[ 建設的な人生の構築の仕方 ]を親の背中から学んでいるの。

何の為に働くのか?
どうやって生きていくのか?
人生をどう楽しむのか?
実際にどうやって楽しんでいるのか?
…これらを言葉以上の模範として示している場合が多い。

また、自殺すら考えていない子達の保護者は健全性が非常に高く自己責任度量もシッカリと標準装備されているので家庭環境も安定しているのを外部指導員時代に痛感した。

俺はそんな家庭には縁がなかったので正直羨ましいと痛感した記憶がある。

これも実は生活を構築している歪な経験があるから比較する事で知ったのだが現代の子達は手軽なスマホが単なる娯楽の道具になり下がってしまって、情報というものを活かせていないのが現状だ。

健全な保護者は自然とコレを知っている。
知識欲を満たす道具として、そして有効なツールとして生活に活用する反面、リアルな生活をそれ以上に充実させようとする意欲が高い。

逆に不健全な保護者は全ての生活において[ 面倒事 ]と捕らえており、自分の子供の要求さえ[ 与えて静まらせる ]事でしか対処してない事がスマホという爆弾投下に繋がっている。

その子供は不思議とSNSに繋がってコト狭く居心地のイイ、浅い体験値や経験値の坩堝(るつぼ)に身を置く事になる。

前者の保護者は生き方の広さを。
後者の保護者は自分の煩わしさの解消を。

コレだけ根本が異なるの。
不思議でしょ?

あとコレは大人になって気付いたんだが小学校時代は意外とヒマなのよ…知ってた?

無駄に娯楽が多過ぎて子供は飽きが異常に早いし、のめりこみ難いのが特徴。

そのまま中学校に入り帰宅部なら不思議と後者レールに追随し易い傾向が顕著になる。

早い段階に中学校で部活に入れるなら入ったほうがイイ。
これからの時代は[ 学歴時代 ]ではなく[ 学問歴 ]なのだから。

子供達は人生の身近な手本である大人の背中を見て世の中の仕組みをシュミレートしている。

これは昔から変わらない。

高度成長期時代は働いた以上の対価を得られ自由度も増した時代でもあったが、現代では幾ら学歴を積んでも[ 就労人材の単なる品定めとしてだけの物差し ]的なコトにしかならない。

資格取得も全て他人がその人の能力を測る材料にしかなっていないのが現状だ。

それゆえに雇った側もいざ蓋を開いたら『えらい人材を掴んでしもーた!』という事を暫くして企業側から耳にする事はザラにあるんだよ。 ε=(-公-;)チッ・・・ツカエネーナ。


だから双方にも、その部分を防ぐには時代的にも[ 学問暦 ]という[ 今まで何をしてきたか?今まで何を感じてきたか?今まで何を考えてきたか? ]という部分に価値を置くようになってくるだろうな。

事実、ニート達が限界集落に移住して自立した生活を送る活動もジワジワ増えて来ているし。

関連検索:ニート 限界集落 移住

時代は[ 就労だけが生き方ではねーんじゃね? ]という事に気付いて来ているんだわ。

そんな行動を通して人生をリアル体験で模索&検索している者に自殺はまずありえない。

ココからも分かるだろうが自殺というメカニズムはシュミレート上で起こる永久ループに価値を見出せなくなってしまった衝動が成せる業でもある。

そのループから抜け出す事は実はシンプルなのだが、なまじ中途半端に人生攻略の学歴を積んでしまったばかりに周囲の環境に適応出来ず限界を感じているだけに過ぎないコトに気付くべきだろう。

それを防ぐには学問暦という体験値や経験値を積むのが最も有効な手段という事だ。

もっと突っ込んで伝えるなら親が就労という限定的&依存的な仕組みから抜け出さないと『勉強して良い成績を修め、良い学校に入り、優良企業へ就職しなさい。』という観念や概念からは絶対に抜け出せないのだろう。

昔は子供に『将来の夢は?』というインタビューで…
パイロット・野球選手・電車の運転手・パン屋さん・アイドル・お嫁さん…とか言ってた時代もあった。

現代では…
公務員・大企業とか言う始末…。
人気のユーチューバーとか言ったら親が反対する時代だ。

ちなみに俺の知人は『公務員が安定している!』と言って郵政省に属す郵便局員になったが民間企業になって給料やボーナスが駄々下がりで往生してたわ。

現代では[ 安定=極めて危ない ]という図式と成り得る可能性を示唆しているでござるな。

そこから考えると…自分から価値を生み出し発信するという能力が必要とされる業種が拒否され、就労という無能な業種を保護者が望む事自体、非常に危険な現代に未だ妄信して子供に勧めるのは如何なものか?…俺としては疑問である。( ゚д゚)ポカーン

実際に低賃金で長時間労働化する裏側には、これから先…企業は海外に外注できない程に人件費とコストが切迫しオートメーションに張り合うには人件費を押さえ就労者に過酷な労働を強いられるのは分かりきっているのに保護者がそれを勧める意味を現代の子達は親の背中から人生の憤りを見抜いている。

今は学生が自殺しているが今後、就職して辞められない人が追い詰められる事も事実おこる傾向は強いと俺は考える。

世の中は変化の中で生き方の枠自体はもっと柔軟であるべき。
その事実に大人が気付く事が自殺防止に繋がるでこざるよ。

先ずは大人が人生を謳歌するべき。
視野が狭いと感じるのであれば以下の良書も読むとイイでござる。
(´・ω・`)つ  

人はリアルな体験と経験を積むと人生の可能性に希望が持てるし、それを少しずつクリアする事で熟練度が増して更に複利的な耐性や成功を治め易くなる。

基本、無能者はこの逆をしてしまうから人生の袋小路に迷い込んでまうから注意すべし。

何もやらないまま燃え尽きてしまうと非常に危険だ。
それと少しでも人生を豊かにするのは累積感覚が重要だとも伝えたい。覚えといてMrオクレ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU