トップページ > 人生をじっくり考える > 人間を創るなら外の世界へ送り出そう。手飼にする事自体が間違っているって件。  

人間を創るなら外の世界へ送り出そう。

手飼にする事自体が間違っているって件。

                    2017年10月13日

気付くのが遅過ぎ。
18歳になったらとっとと家を追い出しましょう。
そして親は自分のテリトリーに子供を近付けず早い段階から他人の飯を食わせましょう。 (#゚Д゚)y-~

時事ネタ:清水アキラ号泣…良太郎容疑者逮捕に「育て方がダメだったんだと思う」

経験上&体験上、ストレートに俺の意見を述べまする。

育て方云々ではありません。
認識が全くピンズレでござるよ。
人は基本的に言う事を聴かない生き物です。
コレが分かっていないだけ。

人間って生き物は言う事を聴かないって事は逆を言えば[ それだけリスクを犯しても大丈夫 ]という安心感の元で行動選択を本能的にしているものなの。

だから死線ギリギリの世界では誰もが慎重にならざるを得ない。

早い段階から自律・自立・自覚を持たせるにはどうするか?
それはリスクを取らせることである。

そのリスク回避や取り方の作法を教える有効な手段に[ 躾 ]や[ 客観視 ]という術(すべ)という言わば[ 人生ツール ]が存在するの。

それを教育という巧妙な建前で人をコントロールするといった自分本位の事をするから子供は本能的にそれを察知・学習・姑息に利用する事を覚える。

過保護な親やモンスターペアレントを始めとするバカ親はコレが見抜けず手飼にしようとする。

不思議な事にこの系統保護者の元では子供の傾向として[ 口が達者 ]で[ 自分の利害を巧妙に誘導する小賢しさ ]が目立つでござるよ。

俺は外部指導時代…部活活動前にこのリスクの提示を先に施してから指導していた。

それ故に『貴方達は義務教育終了していますから自由に自らの意思で退部する権利があります。ただし辞める際には
本当の理由を述べて堂々と退部しなさい。』と実例を踏まえて伝えていた。

それでも生徒が退部する時は殆どが周囲のせいにするから自己責任とは間逆の部分が暴露される。

ま、中には素直に白旗宣言をして辞める子等はその部分に関しても成長が伺えるから、この差は大きいと言える。

この件については下の動画が参考になるからよく見てMrオクレ。


それから詳しい作法を説明して、現代の裏事情や実際に今まで経験上で起きた事例を説明していると生徒は青い顔をする子もいたけどリアルな事例を聴くと自分の行為というものに[ リスク ]がどれだけのウエイトを占めているのか頭のレベルで解るのですだよ。
(#゚д゚) 、ペッ

その後、体験レベルでリスクを各自で段々と取って貰う事になるのだが卒業までにとりあえず沢山[ 失敗 ]と[ 挫折 ]を経験して貰うのが恒例。

若い頃の精神環境ってヤツは早い段階でボキボキに折って柔らかくしておかないと回復や復帰&復活も出来ないから始めに座学で予防注射を接種してもらう意味も含めて独自に施していた。

それに問答で若い子を追い詰めるのにも意味があって個人的には俺の趣味もあるのだか昨今、体験もせずに結論をシュミレートする子が多い傾向もあるからな。

この系統の子供は小賢しい交渉事や理不尽なプレスに非常に耐性がなく、そして口達者な子は大人を良く見ている傾向が凄く強い。

それ故に子供達からのアプローチが大人別に極めて器用に使い分けて来るのでたまに教員側から『どうしたら…』という質問を耳にする羽目になる。

一応、やんわり答えるけど本音は『建前を子供に見抜かれているんだよ!』って言いたい事も山ほどあったが砕け散ってしまいそうな気がして言わんかったの。(#゚д゚) 、ペッ


それと外部部活指導に関してはいきなりスパルタは時代のニーズに合わないが若い旬な時期からの経験値の有効性は昔も今も変わらん。

だから1年位したら顔つきが変わるのは当然の事。

現代の保護者はたまーにボケた人もいるけど江戸時代までは16歳ともなると一端の大人扱いとして[ 元服(げんぷく)]し、同等の責任を負わせる風習があったの。

だからソレまでに教育や厳しさという愛情を施す。
コレは武士階級に存在したものだが、商人はもっと鬼で…跡継ぎになる子供達は物心付く頃から速攻で信用に置ける商人に我が子を丁稚奉公(でっちぼうこう)させてたの。

他人の飯はとても厳しい。
そして[ 有難い ]という世界。

農家においてはさらに過酷で子供の時代から労働を課せる過程が多かった。

俺の親父世代まではコレが嫌で嫌で堪らなかったと酔っ払った暴君親父に泣き言を聴かされたでござるよ。

ちなみに親族に訊いたら『戦後はそれが普通。』だと平然と言われた。

…んで、俺はというと[ 早い段階からその日暮らしのホームレス ]ってな具合だ。
ベリーハード…。  ○| ̄|_

当時は四苦八苦で凌いだがトータルで考えれば反面教師ぶりな暴君親父ではあれど今の状態から考えれば感謝している。
何せ複利を付けて人生が極端に広がりを体験しているから。

まァ…世の高校生以上の若い子は早い段階で生きるという意味での[ 弁当(衣・食・住)]と[ 怪我(リスク)]は自己責任の下での管理を勧めておくわ。

そして世の保護者の皆様。
子供…ってよりも人間は[ 己の人生を好きにしたいという生き物 ]である以上、最低限度の[ 躾 ]・[ 見守るという安心感 ]・[ 心のより所 ]を整えとけば後は外の世界に放り出す事を強くお勧めしておくよ。
手助けはしない方が子供も腹が決るクセが育つから。

参考記事:自己承認欲求や自己価値観が低いほどキレやすい。そんな危険な人達には近づくべからず。


それとね大事な年功序列も伝えとく。

上から死ぬという事は幸せな事だから。
もしも子供が早く死ぬという不幸にならぬ為にも耐性と我慢、そして柔軟に生きる術は早く授けておきましょう。
(´・ω・`)y-~

以下は良書。
気になるなら読んでおくべし。
(´・ω・`)つ  


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU