トップページ > 人生をじっくり考える > たくましきかな…中国人。なんだか昭和時代の香りがする。 

たくましきかな…中国人。

なんだか昭和時代の香りがする。

                    2017年12月17日

先日となり町のディスカウント大型スーパーに出かけたの。
そしたら惣菜コーナーでかなり時間を食ってしもーたわ。

何故なら安い上にあらゆるジャンルの食材を惜しげもなく調理され次々と惣菜として売られたから。

冷静に考えれば賞味期限切れ近いモノを再利用して惣菜化する事でフードロスを減らしているのだと感心した。

周囲を見渡すと外国人労働者がカートでまとめ買いする姿が沢山見受けられたよ。

そーいや繁華街にも近いし十中八九、外国人ホステス業の人達もいるんだろうなァ…。

何だかたくましさを感じる。
昭和時代ってこんな感じだったと感慨深い。(´・ω・`)y-~

つい最近、時事ネタで食材集めをするものを見た。

○ 関連検索記事:中国人 牡蠣の殻
○ 関連検索動画:中国人 牡蠣の殻

俺…ガキの頃に入り江で岩牡蠣を取って牧を集め焚き火をしてよく食べてたの。

昭和時代、入り江とかは松が沢山自生していたんで枯れ松なんかはアホみたいにあったし岩牡蠣なんぞ幾らでもとれたから頑丈なドライバー1本あれば何とでもなってた。

小学校の頃、友達とドライバーとマッチと弁当箱に白飯を詰めた3点セットを持参し、チャリで入り江に遊びに逝ってたよ。

ヒタスラ岩牡蠣を取り漁り焚き火の周辺に岩牡蠣を並べて食べまくっていたわ。

そんで残った殻なんかは割と畑に放置してた。
その畑の爺さんとかはクワで焼き殻を砕いて畑に撒いてた記憶がある。

なーんも文句も言われんかったし、当時は畑に還元するというのが常識だったからなァ…。

昨今は子供が怪我したら大人がバカみたいに騒ぐし、過保護だからスグに馬鹿みたいな騒ぎになる。

俺の時代なんぞ数針縫う怪我は珍しくも無かったし、もし派手な裂傷や切傷なんぞ大人がフツーに縫い針で皮膚を縫って止血してたから何とも思わなかったよ?

そりゃ女の子なら顔の傷は子供心に大切にする概念や常識があったけどそれ以外の傷なんぞ意外とそこまで騒ぐ時代ではなかったから、周囲もそんな傷や怪我は何とも思わんかった。

山に遊びに逝けば怪我をするし、木に登れば堕ちて骨折もする。
ドッジボールをすれば顔面から鼻血ブーにも突き指で剥離骨折にもなる。

体育なんぞ跳び箱を高積みして無断で飛び込んでジャンプを失敗して体当たりしてしまい、アバラにヒビが入ったヤツもおったわ。

それに遊具で最近見かけなくなった回旋塔に長く乗り過ぎて三半規管にキてしまってゲロったヤツも必ずおったよ。






だから今回の件も別に目くじらを立てる程の事ではないと考える。

ちなみに殻のトン数が尋常ではないのは理解出来る。
だけどこの殻を使っての臨時ビジネスは出来るのではないだろうか?

実際、牡蠣殻を使っての水質改善事業もあるぐらいだしな。

みんな知らんだろうけど使い終わった牡蠣殻は焚き火とかで焼くとボロボロに砕くのも容易でそれを畑に撒くと野菜がかなり栄養価の高いものが採れるの。

特にほうれん草とか大根とかには効果がテキメンでしっかりとしたものが育つ。知ってた?(´・ω・`)y-~

だから自治体も牡蠣殻でビジネスをすれば良いのにと思う。
なんせ材料費が無料だからな。

ココで少し畑の肥料についてウンチクを話しておく。
俺が数ヶ月ほど自営時代にとある有名コンビナートでのピンチヒッターアルバイトをした時の話。

製鉄って基本、高炉で作るんだけど溶銑(ようせん)状態(←要は溶解状態の鉄。不純物が多い状態の初期段階の鉄を指す。)のるつぼ上部に浮いてくるスラグ(不純物)ってもんを掬い取る作業において、そのスラグは集めらて分別されるの。

そのスラグは幾つかの材料として使われるんだけどそれが道路舗装のベースになったり、コンクリート等の材料にもなる。

驚くべき事にそのスラグは肥料にもなるんだわ。
基本、強アルカリ性のものでミネラルも多く含まれているから優秀な素材である事には変わりない。

この世にゴミほど価値のあるものはないとリサイクル業者のトップ陣が言う格言をビジネス時代に聴いた事があるけどあながち真を突いていると思うわ。

その意味では天然モノ・安全素材・無料というトリプルパンチが効いている牡蠣殻を資産として認識出来ないのはやはり一般人の見方がバカなのだろうと俺は考える。

それに子供って怪我をして経験や体験を積むのが人生の趣旨であり、醍醐味醍醐味なのに大人が毎回毎回騒ぎ立ててしまうのも如何なものかと思うのだが?

まァ…メディアの罠でもあるのだけど。
視野が狭いわ。(#゚д゚) 、ペッ

以下はその情報を別の視点で観るというスキルがメディアの洗脳を解く有効な良書になる。

これからの時代はどれだけ自分で考え冒頭の時事ネタをビジネスに変えたりチャンスと捉えられるかを養える極めて有益な良書でもあるから読んでみると良いだろう。オススメする。
(´・ω・`)つ  

これからの時代、メディアに洗脳される人と自分での価値観を育て離脱する人に分かれると考える。

その割合ってやっぱりパレートになると実感するわ。
だからその影響をもっとも受ける子供って諸段階時点では親の考えをダイレクトコピーするから俺達大人が情報を見抜く力も必要だと考えるの。

子供にアレやコレと制限を設けるよりもまず自分自身の制限を取っ払わないと子供にも人生を示せない。

そこに気付くべきかな。
何事も制限感覚って考え方が世間を狭くする事だって多分にあると知るべき事実…それを知るだけでも情報って180度変化しうる可能性を秘めてるもんなの。

今回の棄てられている牡蠣殻をゴミと見なすか?…それとも資産と見なすか?…は当事者の価値観になるな。

常識の外って意外なほど面白いし、得るものや経験値が豊富なのが魅力でござるよ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU