トップページ > 人生をじっくり考える > 恨みの晴らし方に美学が無いでござる。 

恨みの晴らし方に美学が無いでござる。

                    2018年06月21日

正直、ボコボコにしてイチから復讐の作法ちゅうモンを教えてやりたいわな…まったく…(-公-;)y-~

○ 小4男児切りつけ事件 いじめの復讐

気持ちは分からんでもないが自分よりも遥かに弱者であり、無差別的に小学生を狙うというのは復讐的観点から本末転倒である。

無差別ならミルコクロコップ(元警察官)マイクタイソン(元ヘビー級王者)とかに挑戦した方がそれなりに見栄も訴えも立つのにな。(#゚д゚) 、ペッ

ブラック冗談はこのヘンで…(-人-)スマソ。
実際に俺も過去、転校先で色々とイジメというモノを一通り×数周は受けたクチだし、当時…極貧やらのビハインドで性根がヒネくれまくっていたから悔しい思いまでは実によく解る。

だから大人になった時に金持ちになって復讐対象の輩共にキッチリ御礼参りというものを合法的に…と考えていた事は事実である。

例えばターゲットが勤めている会社の筆頭株主とかになって工場見学中にターゲットを指差して『アレ…スグにでもクビにしてね。』と笑顔で逝ったり。

興信所とかに大枚積んでターゲットにギャンブル依存症まで唆したり…

現代で[ 復讐代行業 ]ちゅー結構ハイリスクなモンまであるから時代のニーズってものは少し末恐ろしいけど…俺は未熟な小・中学生時代にそんな事ばかり考えている痛いヤツだった記憶があるでござる。

中学後半から高校初期の頃に肉体労働系バイトに熱心になり過ぎて身体がレスラー体型になってもーて中学当時のヤンキー共が俺の横を通っても全く気付かないレベルになった時、柔道部の友人とゲーセンに逝った時の事。

友人が『へろちゃん(←仮名:俺)…アレ…』と指差すので隅っこに目を凝らしていると中学生が絡まれてカツアゲされてんの。

俺は(´_ゝ`)フーン …て無関心だったけどよーく目を凝らして見ると(当時のゲーセンは不良のたまり場なので隅っこにはライトが当たらない薄暗い部分や不良が占拠しそうなスペースがあった。)中学時代の忘れもしない馬鹿共だった。(2人はソイツであと1人は知らんけど。)

当時、記憶にこびり付いていたのがこの馬鹿共はヤンキー達にバイト代を大盤振る舞いしてた為に[ 虎の威を借るサル(中学の時代と変わらず160センチ無いぐらいで髪だけは一丁前にリーゼントにしてたw)]と俺がモロに認識してたぐらい弱者にちょっかい出しまくっていたヤツだったの。(俗に言う『いちびり』

当時…皆、ソイツがウザイとは思ってたけどシバいたらスグに虎を呼び出しそうな行動を取るのでホトホトめんどくさかったヤツである。

基本的にイジメる側は[ 自分の身の安全は確保していると勘違いしている ]ものなので後々、この清算というのは後ろ盾が無くなった時点で清算開始となるのが相場である。


ちなみに友人は正義感丸出しの気の良いヤツだったが、逆に俺は当時のDQNさ加減が未だ残っている復讐心だけはグツグツ煮え滾って発酵し過ぎていたので両者共、表向きな姿勢行動は正義地味てはいたが、俺だけは[ ココで遭ったが百年目状態 ]である。

友人は『やめろよ!』って言い掛けたんだけど俺が当時の記憶がフラッシュバックして血の気が上がり過ぎて速攻で据わってカツアゲしてた馬鹿の横顔に前蹴りを入れて吹っ飛んだ時、一瞬で場が凍りついた。

…んだけど気付いたらボコボコに蹴りまくってヤツが鼻血ブーの状態。
他の2人は完全にフリーズしまって、終いには友人が止めに入る始末。

そりゃハタから見りゃ体格差もさることながら誰が見ても一方的になってしまったから今、思い返しても酷いと俺でも思います…ハイ。
(-公-;)ゞ スマソ。

ちなみにその馬鹿は泣きながら『俺が何したんだよ!』って逝ったんだけど大声で俺が『ドアホ!お前が何をしてきたか思い出すまでブチ殺すぞ!』って逝ったら土下座して『何を怒っているのか解らんけど許してくれ!』って言いやがった。

ちなみに絡まれてた中学生はこの剣幕でゲーセンから速攻で逃げてた。

友人は『へろちゃん…ココは騒ぎになる前に出よう。』と促されてゲーセンを後にした。

後から友人に『流石にやりすぎ…』と説教され謝り倒すという運びになる。
その後に俺が取り乱した理由を訊かれて過去に遭った事を話したらメチャ×2ビックリしてた。

そりゃ彼は今現在の俺しか知らんからな。
やられた馬鹿共も余りにギャップがあり過ぎてワケワカメな状態でボコられまくったんだから当然なのかも知らん。

ちなみに社会人になって中学生、当時の復讐対象達が公共の場で子連れの時に幾度も色んなヤツと出くわした事があるが…子供が騒いだり、他人様に迷惑を掛けたりした時に『コラ!大人しくしなさい!』と子供を叱り、『ごめんなさい。』と一緒に謝罪している姿を見ると俺の中の復讐心も一発で消えてしまうのは何故だろうなァ。
( ゚д゚)ポカーン

それと繁華街でごく稀にそんな輩達が悲惨な姿(←人生の底辺を経験すると何となく察してしまうスキルが実装される。 (ノA`) アチャー)でさまよい歩く姿もブラック就労時代や今現在でも見たりすると当時の復讐心よりも、何故か知らんが仏心が出てしまったりもする。

俺も年を重ねてしまったモンだな…
そして、すっかり穏やかになっちゃって…俺。(´・ω・`)=3


まァ…それぐらい[ やられた側 ]というのはハッキリ・クッキリ・ベットリ記憶に刻まれるけど逆に[ やった側 ]というのはすっかり忘れているものだという事だ。

だから[ やられた側 ]というのは人生において[ どのようにその負の記憶の解放 ]をするか…ある意味、大人のセンスが問われる。

冒頭の時事ネタでもそのセンスが正直『コレかよ!』と思わずシバキたくなるぐらいに稚拙な行動で正直、情けなくなる。

『誰でもよかった。』とかトレンドにする復讐心ならば、まず己の弱さと対峙すべき内容。

それにそもそも[ 復讐 ]というものは当人間同士でやり取りする行為であり、因果応報的なニュアンスがあるから理解や共感が得られる(程度のレベルは別問題として)のであって、コレが全く関係の無い人達に向けられれば、それは単なるテロリストでしかないのである。

テロリストというのは基本、大義名分立てても所詮は[ 無差別攻撃 ]が基本なので理解に苦しむだろう。

今回の事件は正にそれと同等な稚拙な行為でしかないでござる。

ちなみに虐めるヤツってーのは心が貧しいという特徴があるが、過去の俺みたいにいつまでも根に持って復讐心をグツグツ煮え滾っている輩ちゅーのもある意味、心が貧しいかも知らんですダヨ…不覚である。
(´・ω・`) ショボーン

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU