トップページ > 人生をじっくり考える > 現代の性教育を[ 構造 ]と[ 個性 ]との分野で考えると、より多くの青少年の悩みや犯罪を抑止すると俺は考えるんだけどな…。 

現代の性教育を[ 構造 ]と[ 個性 ]との分野で

考えると、より多くの青少年の悩みや犯罪を

抑止すると俺は考えるんだけどな…。

                    2018年07月16日

過去も現代も性教育の分野が全く機能していない気がする。
[ 構造 ]と[ 個性 ]という2つの分野で教育すべきですな。
(´・ω・`)y-~

動画サーフで下ネタバラエティの動画にヒット。

だけど俺はコレを観て純粋に教育番組に捉えてしまったのだけど、過去も現代もこの手の性教育ちゅーのは[ 大人の本音 ]や[ 性分野での実情 ]とかを個人レベルや経済の性産業とかの情報を絡めると授業としても非常に有益な学びになると考える。

○ 動画検索:男を上げる!夜のお悩み相談会

実は最近、このサイトに『下ネタを混ぜた記事はどうかと思うのですが…』と御批判の便りが届いた。

意味解らん。(´・ω・`)?
俺は基本的に[ エロ ]とか[ 下ネタ ]とかは単なる[ 情報 ]に過ぎないと捉えているからなァ…。

関連記事
○ TENGAの創業者の価値観が凄い!そして誰もが常に賢者タイムで居られれば争いなんて起こらない!
○ 性産業と出生率…本能をテクノロジーでカバーする需要が犯罪率すらコントロールする時代が来る可能性が浮上。


実際にこのサイトでも経済分野で[ 性産業 ]というカテゴリーにも多分に触れているし、人間がこの世の中で経済を回したり、犯罪とかを巻き起こしたり、時には世界各国の人種差別…を通り越して性差別を蔓延させているのも人間なのだよ。

俺は考える。

そもそも人間は[ 情報 ]をしっかり吟味し、個人個人の[ 個性の尊重 ]と[ 情勢の仕組み ]、そして[ 本能構造 ]を知性で治めていれば、この世のくだらない争いの抑制に繋がると感じている。

難しく聴こえたらスマンけど、砕いて伝えるなら冒頭の動画が一番良い事例で[ 専門家を交えて本音トークを通じ、個性をシェアする行為 ]で見ている側も[ 性に対する悩み ]や[ 各自の性癖 ]に対する偏見の壁を多少なりとも総合理解するキッカケにはなる。

人間各自、脳内での[ 快楽のツボ ]というのは先天的なものもあれば、後天的に成長する環境や人間関係でも変化する。

この部分をクローズにすると[ 性にたいする歪み ]を生じさせてしまい、[ 自分は異常 ]という誤認で悩み…人生の大半をつまらない[ 悩み ]で浪費させてしまう。


そもそもメディアとかネットで[ 性関係のお悩み相談 ]とか[ しくじり先生 ]とか[ 新婚さんいらっしゃい ]とかの番組が数字を地味に稼げるのかと言えば上記にも書いた部分…『もしかして俺(私)はオカシイんじゃないか?』とか『俺(私)の人生なんて…』と誤認する不安にあると考える。

人は己の経験談をシェアした時点で実は沢山の[ 誤認 ]を解く可能性が秘められているもの。

そうする事で一方的な偏見や、犯罪にまで抑止になるのは否定出来るどころか理解に容易でしょうに…(´・ω・`)y-~

そもそも日本は秘め事には異常な位にクローズ文化としても特化してはいるけどグローバル時代となって無理矢理オープン化する必要もないと思うのも解る。

だけど[ 必要としている情報 ]や[ 個性尊重を相互理解する情報 ]を得る権利ちゅーか[ 検索方法 ]も性教育分野には必要じゃねーのか…と考えるのは大事な事では無いだろうか?

まァ…必要な人は[ 検索 ]で情報を求め…
クローズな人や潔癖な人は触れずに…

…という曖昧なスタイルが日本の良さでもある。
ネットの世界では御批判するよりも右上の[ × ]をクリックする事で己にクローズを掛けられる事を御勧めしますよ。

気持ちは解るがそれよりも批判メールを送られる時間の損失を懸念するでござる。

最後の〆にこの考え方に対しての良書を2冊ほど御紹介しておくから興味があるなら読むと良いだろう。

(´・ω・`)つ  

なお、左の書籍はレビューしているから参考にしてクレ。

○ レビュー記事:恋愛とは心の壁を飛び越えるという世界なのか?というマンガ[ 彼女はソレを我慢できない。 ]

この2冊の良書には実の所…著者や登場人物の悩みを赤裸々に描写されている。

上記の書かれていた[ 情報シェア ]という考え方から見るならば[ 世の中の不安や悩み ]に貢献していると感じるのは俺だけだろうか…ナドト思ってミターリ。(´・ω・`)y-~

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU