トップページ > 人生をじっくり考える > 昔の価値観や常識外の生き方を模索する時代になったのかも知らん。 

昔の価値観や常識外の生き方を模索する

時代になったのかも知らん。

                    2018年08月19日


コレからの時代…常識や世間体から離脱する生き方や、社会のしがらみから自由になるという選択肢を実践しながら生きる人が出現してきた。

○ 時事ネタ:【特集】“山奥ニート”の生活 限界集落に移住した若者たち


ふと、思う事がある。( ˙-˙ )y-~
俺達世代って基本『人生は困難の連続だッ!』的な常識やらニュアンスが割と色濃く刷り込まれている節があるのよ。

そんで世間の常識やら、世間体のしがらみが多いのも事実といえば事実。

その一例を幾つか挙げると…

・働かざるもの食うべからず
・結婚しないと言う事は世間体や世間の常識からダメ人間
・遊んで暮らすという発想はタブー
・楽して稼ぐというのもタブー
・ボンボン(2代目とか)は妬まれバカにされる
・大人になってバカをすると異端者としてみられる
・大人になって大きな失敗をするとメシウマは確実
・大人になって成功すると疎まれる
・大人になって成功から転落するとメシウマにされる
・節税すると妬まれる
・『独立すれば』とか『会社やめれば』とか言うとキレられる
・人よりも向上すれば妬まれ、人よりも堕ちればメシウマ
…etc。

基本的に周囲に[ 合わせる ]事や[ 同調 ]を基準とした教育が過度になると己の本文や能力の向上…そして本質の発揮を見失う傾向になってしまい、結果として『俺(私)…何のために生きてんだろ?』と悩んでしまう。

ガキの頃、あんなに色々と好きな事や遊んでたりしていたのに…大人に対して[ 将来の夢 ]とかを訊かれ『将来○○になりたい!』といって『夢を持つ事は素晴らしい事!』と教えられたのに…。

教育過程で大きくなるに連れて言葉がガラリと変わってくる。
『そんなんじゃダメだ!』とか『オマエには無理!』だと。

最初は褒めて貰えたのに次第に否定的になる…コレは大人になって気付いた事だが、他人への否定というのは自分の立ち位置の弁解に過ぎないという事実。

子供相手なら認めるのは立場が自分に迫って無いからだと察するが、大きくなるに連れてその叱咤や否定というのが狡猾的に[ 妬み ]や[ 嫉妬 ]…そして[ メシウマ ]となる。

特にメシウマには[ 自分がソレを達成出来なかった ]という心の傷を埋め合わせたいという悲しい行為でしかない。

よく2chや5chでもアフィリで『○○を知りたいンだけど基本を教えてクレ』というニュアンスのスレが立ったのを、昔…見かけたが投稿される具体的なコメントには大体2通りに別れる傾向があるの。

○ 参考資料:掲示板のやりとり

1つは[ 妬み ]や[ 嫉妬 ]による叩き。
もう1つは[ ソレに関する具体的な助言 ]。


↑コメントの№55と№56(←スレ立て主)人が必死で頑張っているのにチャチャを入れる馬鹿共の典型事例。
ちなみにスレ主はその後、月収50万オーバーのアフィリエイターになる。


不思議なモンでその人が成功すると、チョッカイ入れてた人は自然と消える傾向が強い。

まぁ…中には『正直、羨ましかった…』と言える人はある意味、凄いと思う。

ちなみに俺は1度大きく失敗し堕ちぶれてしまったんだけどメシウマにした人は俺が再起を果たしてからは寄り付かなくなったのを記憶している。

人間関係で利害関係外での付き合いを重視すると、このパワーバランスが一切介在しない自由な人間関係が構築されるし、併せて自分も他人を真っ直ぐに見られるという世界に足を踏み入れるから精神の健全性を維持出来るでござるよ。

俺がこのサイトで時事ネタをdisる傾向がある部分は、過去に体験や経験…そして自分が仕出かした事の反省や、胸を焼かれるような記憶がそうさせるのかも知らんのですよ。(#゚д゚) 、ペッ

だからこそ、躾の関連やらDQN関係の事件やら自棄を起して刑事事件になるネタとかで端麗辛口に記事にしてしまうというのも細かく分析すれば、その記憶がそうさせるのでしょうな。

ちなみにこのサイトで使用している人格は基本、俺の若かりし頃のキャラを使用しております…ハイ。(´・ω・`)ゞ

実際にはイイ歳をコイて隠遁生活しているから静かなモンです。


そんな浮世から離れる生活してると現代の子達は自由な価値観や表現方法をガイドライン(要は他人の目や勘に極力触れないように好きな事をやっているという意味で)を遵守しながらの[ 遊んで稼ぐ ]とか[ 楽しみながら働く(独立系の意味で)]という概念&観念をもって人生を生きている若い子を見ていると、正直『凄いよなぁ~』と感心してまうの。( ゚д゚)スゲーナ…

自分がアフィリ~投資という世界で独立を果たしてから経済的に生きるというジレンマから脱出して周囲を見渡すと会社や組織という[ 他人に課せられた線引きやルール ]というものが生きる上で…どんだけ負荷が掛かっているのかという事実を再認識してしまうのと、自分が過去…ガムシャラに労働しまくって生きて来た経緯もあるから[ 社会に貢献 ]という錯覚性や正当性も双方よく解る。

だけど人の生き方ってソレだけでは計れないのが事実だし、実際にコレからロボットやAIが普及する中で人間本来の生きる主旨が趣旨へと変化する事で大きな産業に化ける可能性もあると感じている。

価値観は時代を追って変化するし、過去の価値観にも廃れない大事なものもある。

総合的にコレからの時代はそれらに縛られず、自由にカスタマイズし昇華する時代になったんだと時事ネタを見ながら感じた次第でござるよ。(´・ω・`)y-~

その中で[ 八紘一宇 ]の精神や、[ 共存共栄 ]の概念や観念を持つ事の大切さを中心に生き方の模索をすれば良いのだと考える…のカト。



(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU