トップページ > 人生をじっくり考える > 価値観は人それぞれ…一期一会で価値観を共有するべきではない。 

価値観は人それぞれ…

一期一会で価値観を共有するべきではない。

                    2018年10月08日

孤独に自分の世界を満喫する中で学んだ処世術を心の中で語るゴロー君は大人である。( ˙-˙ )y-~

若い頃にギラついている時のあるある。
それは自信に漲っている時に起こる価値観の公表。

実は俺…結構このパターンで要らぬ争いを招いている事が多かった。

そもそも超が付くくらいのド底辺からの反動が凄かったからコレを治めるに至るまで紆余曲折を経て、その住み分け的感覚と落し所を認識しましたとさ… (ノA`) アチャー

冒頭の動画を見て懐かしくもあり…同時に『何やってたんだろ…俺。(´・ω・`) ショボーン』的な記憶が蘇るでござる。

未熟な時はこの意味でも結構な確率で迷惑を掛けてたと今になって思うわ。

現代はその意味でも非常に理に叶ったシステムが充実していると感じる。

自己表現がネットに移行して自分自身のコンテンツを自由に持てる時代になって興味が無ければ、そのコンテンツを拒否したり…逆に興味があれば賛同する事も容易。

俺の20代なんぞ年功序列で強制的一方通行だから場合によってはカンチガイする大人達も多かったし、俺自身も結構な比率で影響を受けてたから無意識にソレをしてた事を独立時代に気付かされて治めるのに結構ダメージを受けたでござる。

思えばその精神構造の根底は常に自我の振り幅が非常に大きい振り子のようだった気がする。

常に反動の反動でブラン×2してたなァ…(#゚д゚) 、ペッ

アフィリエイトや投資をし出して徐々に振り幅が治まってきて穏やかになったが本質は変わらんけどアプローチ自体はかなり変わったと周囲からは言われて内心…『そりゃそーだ…』と妙に納得してしまった事がある。

人は順応性という名の処世術を生まれた時から標準装備しているから活用すべし。


冒頭の動画でも話の内容を聴いてたけど人生での経験や体験を積んで逝くと自然と[ 寛容さ ]と[ 住み分け的発想 ]を習得するのだろう。

最初の内は自我という本能が猛威を振るうが人間には[ 知性を使った学び ]を本来持ち合わせているから若い時には多いに細かいコミニュケーション挫折をした方が後々役に立つでござる。

歳を取った時には柔軟性が無くなる傾向が強いし、己の弱さをムリに隠そうとしたり、意地を張って意固地になり自己防衛で気が抜けない人生を送り易くなるから注意が必要。

それで疲弊して心がボロ×2になるパターンもあるから年齢を重ねた後は極力失敗経験自体を積めない&詰めない事を考えると、若い時代のコミニュケーションでの失敗というのは、ある意味[ お宝 ]にも化ける要素満載なのでござる。

年齢を重ねてジジイやババアの中でもハイカラで周囲を明るくさせる御老体がたまーにいらっしゃるが実はそんな人ほど[ 人生の修羅場や苦難の経験値や体験値はトッププレーヤー ]だったりする。



そりゃ順応性も処世術も長けるわな。( ゚д゚)ポカーン

で…俺も思うわけよ。
若い時にギラ×2してても将来落ち着いた時に何らかのモデルケースになれば誰かの後押しに一役買ったり、精神的な参考資料になるのも貢献かと。

それが年寄りの最大の役割だと考える。
別に自己主張とかで過去の年功序列観念万歳で意固地にDQN化するのも人生だが[ 粋な生き方 ]とは思わん。

俺はブラック就労時代にこの手の輩にも沢山遭遇せざるを得なかったけど皆共通して目玉の奥の奥には悲しい感情に潰されそうな人ばかりだったよ。

だからその反動やアルコールでタガが外れた時にその片鱗が垣間見れるけど、表面上は荒れてはいるが俺から見れば泣き叫んでいるように見えて仕方ない。

その緩和の意味でもSNSとかはマナーさえ守れば己のメンタルを保護する事という意味では有効活用するべきなのかなと考えるのでござるよ。

ガキの頃は『早く大人になって自由に生きてやるぞ!』と願ってやまなかったが…イザ大人になってみると『子供に戻れない環境ばかりで息が詰まる!』という事が判ったし、何より[ 自分のフィールドを構築し所有しないと子供にも戻れん ]事を痛感した。

だからこそ大人になったら[ 知性を成長させる学び ]というのは非常に大事なカテゴリーになるのである。

それを興味を尽きない所まで昇華させる事が本能を治める一端を担うのはどうやら正解だと常々感じるのでござる。




(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU