トップページ > 人生をじっくり考える > 累積と複利の力を信じて継続する勇気を持とう。 

累積と複利の力を信じて継続する勇気を持とう。

                    2018年10月09日

真城君が確かこんな事を逝ってたよーな…そーでないような…www(ウソですが内容的にはドンピシャリでござる!)

動画サーフしてたら最近、ユーチューバー達が広告表示されない事から[ 引退 ]を挙って宣言している人が沢山ひしめき出した…引退であれば自分でアカウントをBANすれば済むんじゃないのかなぁ…と思うのだが。( ゚д゚)ポカーン

ただなぁ…諦めるのが早いというか…動画1本で広告収入を得るのではなくてサイトやブログと連動したりすれば割とコンテンツとしては幅が広くなると俺は考えるのね。

実は将来的に別コーナーとか思案してたりしてwww
まぁ…先ずはこのサイトを継続して厚くゴツくしますダヨ。

そーいやイケダハヤト氏がブログで参考になる記事を書いてたな。

イケダハヤト氏のブログより引用リンク
○ ブログで稼ぎたければ、まずは「1,000時間の壁」を超えろ。
○ 2〜3ヶ月前にブログを始めた層が、ぼちぼち挫折してくる頃ですね。#ブログ書け


それと動画サーフで参考になるアフィリエイターさんが結構タメになる動画を上げてたの。

コレに関しては俺も同意見でござる。


人間は基本的に[ 飽きる動物 ]である。
本能がそうさせる。

その時、人は建前で理由を話す事があるの。
コレは非常にマズイ…何故なら本音の理由を隠す為にソレらしく話してしまうからだ。

コレをし過ぎると内面の世界で[ あるもの ]が鬱積し続けてしまうのだ。

コレが実は非常に人生では弊害を長く煩ってしまう。
1つの例を提示してみる。

今回、サーフしてたら1人のユーチューバーの動画を拾った。

でね…不思議に思ってうpリストを見てみた。
そしたら…

俺は体験上&経験上から[ やる気 ]とか[ モチベーション ]は必要無いと考えている人間なの。

ソレを痛感したのは実の所…中学時代の肉体労働系のアルバイト時代だったりする。

今でもよく覚えている。
それは…とある造船所のドック増設の為に鉄筋組みのバイトをしてた頃だった。

俺は当時、ガタイが大きくなり始めてた頃だったか?
沢山のバイト生や日雇人夫達とクソ広いエリアで小雨の中、ハッカーで結束線をヒタスラ括ってた時の事…休憩時間になれなれしく話してきた少し年上の野郎が『頑張ってるね…』と話しかけてきたの。

他愛も無い話から『バイトして稼いだ金をどうするの?』という話になり…俺は自分の生活とかを人に話すのが恥ずかしくてテキトーに『貯金です。』と答えて話題を相手に振った『ソチラは?』と。

そーしたらココからビックリした内容を語り出すの。
『いやー彼女が妊娠して学校(高校)辞めたんだわ…責任取って働こうとこうやって頑張ってんの!』とその後、自分に酔って語る語る…。

俺はこの手の類の輩が悦に入って語るバカを中学生の分際で土建業界で沢山見てきたが結局誰一人、高校で出来ちゃった婚の責任を取って家庭の為に頑張って働き抜いた人を見た事が無かったからだ。

その後もブラック就労時代に家庭を捨てて顧客と所帯を持ったアホなサル([ サル ]・[ エロザル ]→ブラック業界では性欲だけでしか行動しない輩や甲斐性無しの子沢山的仕事嫌いを指す隠語)を数名見た。

そもそも衝動的な行動や性欲的な行動を取る人は長期スパンで考える事は皆無だし、何より感情で判断して知性が使えないというポイントが強い傾向がある。

だから一時の感情が盛り上がって手を付けるものの時間が経てば飽きてまう。

習慣とは簡単な事でもライフワークという[ 生業 ]レベルにまで組み込まないと継続はそう簡単ではない。

だから継続するスタート地点って意外と静かなモンだったりする。

特にスタート地点で盛り上がっている人や自己陶酔している人には要注意だったりする…コレは独立時代の超が付くくらいの痛い教訓でござる。

それ故にレビュー記事にも書いたけど[ 水木しげる氏 ]の著書に『しないではいられない事をし続けなさい。』というポイントがある。

○ 関連記事:人生を変える仕事術のポイントは水木しげる先生とアフィリエイト…蓄積型のビジネスへの道。


このポイントが体験レベルで習得出来ると人生に応用出来るから幅が広がるの。

俺は部活外部指導時代に常々生徒達に伝えてた。
『やる気は要らないよ。数字で出せばOKです。』と。

生徒達は ( ゚д゚)ポカーン…ってなってたが1年も経つと気付いた子からガチで結果を出し出すものなの。

実は腹から解った時点でシンプルな構図だと理解する。
結局ね…上のアフィリエイターさんの話に通じるの。

突き抜けたら結果として周囲は居なくなる。
世の中ちゃんとコレで機能とバランスが取れているものなのだよ。

それには[ 目的 ]が正直でなければならん。
俺は昔っから[ 金を稼ぐ ]という事をハッキリ腹の中に詰めてたから、自分が良し!…と思った事を粘着系で歩んで逝くタイプ。

そして徹底的にやりこんでダメな時は一気に引いてガッツリ落ち込むパターン。

言い訳せずに苦しむ。
引き篭もる。
身体も壊す。

そんな落ち込み方をする程に心血を注いでしまうから周囲がドン引きしてしまう。

当然、ビジネスでかなり恐い目にも遭ったから…ソレが色々とキャリアになって現在のアフィリエイトと投資というビジネスの選択となったぐらい、堂々と理由を述べられる程になったのよ。

人は不思議なもので[ 懸ける情熱や本気度 ]によって取り組み方が異なる。

ソレが叶うのもアフィリエイトビジネスの特徴でもある。
俺は過去、独立時代に腰掛程度の取り組み方をする人をかなりのレベルで怒りを感じてた事がある。

まぁ…中には腰掛程度の人が収入を得出して化ける人もおったけど、基本的には芽は出にくい。

でもアフィリエイトは累積や複利が利くから[ 継続 ]という武器さえあればそれなりに機能する不思議なビジネスでもある。

しかもリスクが一切ない。
デメリットがあるとすれば一定量のラインを超すまで成果が出ない事だろう。

それが解っていても体験が無いとエネルギー切れで頓挫して[ 最もらしい文句で引退宣言 ]をする人がネット動画を見てて感じたでござる。

考える力…そして耐性や忍耐。
コレは若い時期に身に付けるべきスキルとつくづく感じる。

ソレが身に付いていないと建前を並べて逃げの一手となる。
そーなると無意識の間に己の中に[ あるもの ]が鬱積してまうんだな…コレが。

結局、人は土壇場になった時に本質が露になってしまう。
ソレを自分で見た時に誇りに思えるか…愕然として無気力になるかは当人次第という事になるでござる。( ˙-˙ )y-~

最後に1つ伝えたい。
本音で取り組んでも飽きて頓挫してしまうのは[ 自分の可能性 ]というものを[ 信じていない ]からである。

[ 信じる ]という事を単に[ 頭の中だけ ]で実践する人と[ 腹の中でグツグツ煮込む ]事を全身全霊で実践する事は全く違う。

自分の可能性を腹の底から信じようぜ!(#゚Д゚)o" Yeah!!!




(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU