トップページ > 人生をじっくり考える > 無能は会社の看板がないと何も出来ない。 

無能は会社の看板がないと何も出来ない。

                    2018年11月02日


最近、とある知人に出会って会話をする機会があった。
たまたま諸事情で母校の教員関係者と用件処理に向かった先だったんだけど、卒業してイイ歳になった人が丁度ソコに居たんだわ。

チョットした雑談で会話の端々にマウントを示す。
別にマウントを取ろうとしたりはしていないけど過去ブラック就労体験上、散々に客の会話を聴かされた量がパネェからムダに俺のセンサーが反応して参る。(´+。+`)トホホ

この時って人間は無意識に自己価値を見て欲しい欲求に駆られるからなぁ…

俺としても反面教師で自戒の念にしてまうよ。 (ノA`) アチャー


過去、この手の輩に俺は独立時代…散々煮え湯を飲まされたクチだから信用を全く抱かない。

『僕はね、若い時に今の役職に着いたんだ…君とは違うんだよ。』とか『年商○億円を出した経験がある。』とか…

もうね…
バカなんじゃないかと。

所詮、会社の看板のゲタを履いての成績なんぞ1個人として丸々利益を取ったのなら解るが所詮は[ 会社の利益の為に会社の鑑札があっての出来事 ]をあたかも自分の実力とカンチガイしている事に気付かない。

コレをバカと呼ばずして何なのか?

だから当時『流石ですね…それじゃあ頑張って下さい。結果を期待しています。』と伝えてから僅か1週間ほどでビジネスから消えてった…そんな人達を沢山お目にして来たよ。

所詮、1個人でのバックボーン無しで動くと人は簡単になびかない。

自分が[ 会社の地位やステータス ]を口にした時点でソレは会社の力だと認識するべき。

本当の実力や自信があれば[ 会社の地位やステータス ]を引き合いに出さずとも他人はその人に興味を持つで候。

俺はソレを知っているし、手痛い体験や経験から学んだですダヨ。

ちなみにベテランホステスさまや経営者ママさん等の女性陣は俺以上にこの類の嗅覚がハンパ無い。

その人から見ると世の男性陣達は相当滑稽に見えるんだろうなぁ。



その意味では昨今のハロウィン問題でも共通する事。

人は仮装をする事で普段の自分をヨソに普段我慢してる攻撃性や、表現性を爆発させている悲しい現象にも捉えられる。

それだけ無意識に目を向けて自分を治めるという事は人生に対しても大切な事なのでござるよ。

成熟というのはそんな段階を自覚の下で行う事がどれだけ人生に実りがあるか…コレを知る必要があるで候。

(´・ω・`)つ  

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU