トップページ > 人生をじっくり考える > 嫉妬は劣等感の裏返し、無能な人ほど[ ホンの一手間 ]という作業を惜しむ。 

嫉妬は劣等感の裏返し、

無能な人ほど[ ホンの一手間 ]という作業を惜しむ。

                    2019年01月13日


どんだけ無能発想なのか…( ゚д゚)ポカーン
そんな事を思わせる時事ネタ。
コレが古き凡人体質というか…嫉妬という劣等感の現れですかね。

冷静に自己観察をして欲しいで候。(#゚д゚) 、ペッ

時事ネタ3点。
○ ZOZO前澤社長の100万円キャンペーン、中国で「日本の成金がツイッターでお金バラマキ」と報道されてしまう
○ 爆笑問題・太田光さんがZOZO前澤社長のお年玉企画に苦言「嫌な奴だね。やってることが下品」
○ ZOZO前澤社長の100万円プレゼント企画、厳正な抽選ではなく「夢語りしてる人」ばかり選んでいた疑惑が浮上


幾つか言及しておきたい。

先ず不思議でならんのだけど…そもそもこの企画。
だれか迷惑を被った人が1人でもいるのだろか?

2つ目、芸能人が結構なレベルで暴言を吐いてはいるけど…芸能人だって[ 売れる為に他人をコキ降ろす事 ]をして世間を賑わせている部分があるのだが、今回の[ お年玉企画 ]というものは誰も被害者にはなっていない。

そして最後に…

抽選される努力
というものをしているのか?

…というポイントを凡人達はしてはいない。
俺等、オッサン世代はハガキ投稿世代だからこのポイントにはワリと知られてんのよ。

ラジオやジャンプ系の投稿戦士達って自分の投稿ハガキを採用して貰えるようにする為に創意工夫を凝らしたり、相手に伝わるような文字やシンプルなデザインに気を配る。

ソレに懸賞ハガキとかも文字が郵便配達中の湿気とかにも気を配って応募券とかにセロハンテープでシッカリと補強する人だっているの。

相手が『ココまでウチの商品のファンなのだから…』と感じさせてしまう程に。

そりゃ情は寄りますよ?



そもそもリーマン根性の凡人は[ 参加すれば確率的におこぼれが貰える ]程度の発想しかないのが負因。

本気で狙いに逝っている人に勝てる訳が無い。
コレが[ ギャンブルをする人の感覚 ]と[ ビジネスをする人の感覚 ]との差でござるよ。

その証拠にリーマン根性丸出しの凡人は大して労を懸けずして余力を残しているから後悔しか残らない。

その後悔が嫉妬に変わり、何かを批判する。
つまり[ 自分が労を惜しんで何かを得られない ]事による劣等感がそこにはあるからだ。

逆に[ 労を注ぎ込み、自分の出来うる全ての事をやった ]人は結果が出なくとも何かしらの[ 満足感 ]というものを積み重ねる。

だから『やるだけやったから仕方ないか。』とサッパリ諦めも付く。

コノ差は大きい。
恋愛でもビジネスでも壁に対して全身全霊でブチ当たれる人と、当たれない人とでは人生観がまるで違う。

その意味で今回の騒動で何故か損害的な感覚を持ってしまう参加者や、批判者という存在は何かしら[ 嫉妬や劣等感 ]というものをチラチラ晒しているように俺は思える。

つまり一言で言うならば…

貴方…
弱ってませんか?

…という事でござる。
不思議なもので挑戦している人ほど人生はドンドン好転する傾向が強く、逆に労を惜しんで棚ボタ程度の事しか考えない人ほど凡人に甘んじて他人を妬み…そして人生が弱って逝く。

ただそれだけの差…でも大きな差なので候。




(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------