トップページ > 人生をじっくり考える > 人生を考えるなら経済力というスキルは獲得するべきだし、何よりも安定より自由を選ぶ選択肢を持ちましょう。 

人生を考えるなら経済力というスキルは

獲得するべきだし、何よりも安定より

自由を選ぶ選択肢を持ちましょう。

                    2019年02月11日


極貧上りの俺も時事ネタを通して思わず頷いてしまった。
悲しいけど経済力の獲得スキルは経済世界の日本では必須でござるよ。(´•̥ω•̥`)ゞ

○ 時事ネタ:低年収で中年男性の3割が未婚 結婚しても家庭崩壊に進むことも


事実、俺が過去に這いずり回ったブラック就労時代の世界で痛感した事。

[ 安定を目指すと必ず情勢に振り回される。]そして[ 自由を目指すと結果として経済力を獲得する事になる。]という事実。

貧困になると確実に目先の事で生活環境の悪化に伴い、自由度が下がって夫婦不仲を誘発させる。

そんな就労者を沢山見てきた。
これは綺麗事では片付けられない。

そもそも精神衛生上、ゆとりも余裕も無くなるから当然である。


現代の子供達って敏感にソレを感じて[ 大人になる=就労という絶望感 ]を何かの形で感じ取っている人は多いと俺は知っている。

だからこそ冒頭の時事ネタには数値として反映されているのかも知らんですな。

大体、新卒の人が僅か数ヶ月で五月病に掛かってしまうのは[ 自分の将来像に絶望してしまうから ]に他ならず、それを見ない・感じない・考えない人が継続して逝く傾向が強い。

稀に俺のような始めからリーマン職に未練も拘りもない人間は別として途中からフェードアウトする人間は自分の道を常に模索するもの。

傾向としては集団に属せず、勝手に学んで、自然と価値観をかえてしまうものだから、その内に自分で判断して独立して逝くのが通例でござるよ。
サイナラー(´・ω・`)ノシ.;:… (´・ω...:.;::.. (´・;::: .:.;: サラサラ..

その意味では俺がネット普及以前から模索している時代よりも、現代は時間と作業量でリーマン生活をフェードアウトを可能にする環境が揃っているのは非常に羨ましい。

叶うなら高等学校所属時代にコンテンツを量産しまくってベースを作り、卒業と同時にアフィリエイト広告等を張っつけて一気にフリーランスとして離脱した方が賢明だと本気で思う。

実際に動画ではアフィリエイトや独立…そして経済情勢の仕組み等を解説している無料で良質学習な動画が増え出した。





現代の大人達は本当に情勢を見ようとはしない。
それに学ばない。

故にジワジワ詰んでしまう。
その過程で[ 考える力 ]と[ 実践力 ]を失って貧困層に堕ちてしまうという公式が成立してしまう。

俺はガチのガチ … 一寸手前で踏み止まれたから良いものの、あのまま堕ちる所まで堕ちてたらと考えると身震いしてしまう。

だからこそ若い世代には[ 独学力 ]と[ 実践力 ]を身に付けて欲しいと願うのでござるよ。

俺が他のページでもちょくちょく勧めている良書で以下のビジネスジャンル以外の書籍がある。

(´・ω・`)つ  

これはリーマン属性にはアンチとなるけど実は経済社会においての価値観の齟齬…というか、実は謂れの無い神話を完全にブッタ切っている良書。

この一節に冒頭の時事ネタにも絡むワード…[ そもそもお金と愛は対立概念ではない。]という神的フレーズがあんの。

対立するのは実の所…貧困層からの神話であって、実際は富裕層になればなるほど[ お金と愛情は共有概念である。]という事実を裏付けを持って述べている。

俺は特に感じている事がコノ部分で、その価値観を完全に入れ替えると世界が全く別の視点として発揮されるのをビジネスを通して体験してしまったクチなの。

だからこそ、男女…そして年齢問わず経済活動に挑戦するのは声を大にして大アリだと伝えたい。

まぁ…やる人はやるだろうし、続ける人は続けるだろう。
そこに[ 稼ぐ気概や目的がハッキリしている人から自由になる ]のも解っているからなのかも知らん。(´・ω・`)y-~

これからの時代…生きる力という[ 経済獲得力 ]は絶対にあった方が良いで候。

(´・ω・`)つ 


↑コノ程度ならまだ可愛い。(*゚∀゚)=3ハァハァ

→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------


 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------