トップページ > 人生をじっくり考える > 実はみんな知っているけれど人生という無理ゲーで大人になればなるほど[ やりたがらない ]事とは? 

実はみんな知っているけれど

人生という無理ゲーで大人になればなるほど

[ やりたがらない ]事とは?

                    2019年04月13日


いままで色んな仕事をして来てさ…俺は就労系ビジネスとかも愚直系で過酷な業務にもストレスを抱えながらも継続出来るのは何故か?

そして起業ビジネスも同じく一旦決めて取り組んだら完全にダメになるまで全力でやり込む…というか現状キャパで出来る限りの事をする。

更に対人関係でもそれなりに耐えるし、争いに関しても避けられなければイヤイヤではあるけど立ち向かう事もする。

今は選択支に独立後の付加価値として[ 関わらない ]事が可能になったから始めからそんな[ 争いの香り ]がした時点でスルーするけど就労時代はそれが出来なかったし、まして身内や家族という縛りがある事に関してはトコトンまで耐え忍ぶしかない。

…そんな事を考える機会が今週にあったの。


先週さ、後輩からとある相談を持ち掛けられた。
内容はkwskは言えんが所属している集まりで高齢側との折り合いが付かず、まとめ役(代表)の後輩が上手く立ち回れないらしい。

ちなみにその所属とは仕事ではなくチョットした趣味サークルのようなもの。

ただ余りに組織がデカくなってしまったらしく若手の後輩に受け継がれた際に少子高齢化の波と昨今の参加人数からの~『おまいの世代で人集めはどーなてんの?何か対策してるのか!』と責められている御様子。

そんな詳細を具体的に訊いた。

まぁ…コノ手のテーマは永遠の課題だろうな。
高齢側にとっては昭和の時代に[ 我慢や忍耐 ]からの徹底的な指導で能力を獲得している経緯上、『俺に出来てお前に出来ない道理が何処にある!』という概念だ。

それに対して現代世代は『今と昔は違います。皆…それぞれ家庭や仕事が忙しいし、強制参加させるには限界があります。』という変化と選択支が多い時代。

それなりに運営側にも仕事という就労世界の外で参加を促すマーケティングをする筈も無いし、何より昔の[ 忍耐や我慢 ]というトップダウンを特に嫌う世代。

そりゃね…確かに昭和世代の格言に[ 奉仕や学ばせて頂くという姿勢や概念が人生を変える ]的な発想は確かに存在した。

俺なんぞソレが特に嫌う性格だけどバブル以前に生活の為…やも得ず中学時代から[ 金の為にトコトンやるしかねぇ! ]をテーマにして行動して来た側なので量と数の脅威を知っている。

そーなのだ…イヤイヤやっても[ 対価としての金 ]を得ている経験値と体験値が無駄にあるから双方の意見が理解出来る。

俺は世代別での評論をする気は全く無い。

ただね…あるのは[ 価値観 ]と[ やり込み ]に尽きるのではないかと考えるに至るのでござるよ。(´+。+`)=3

後輩の話を訊いて『どうすれば良いですか?』とは言われるが逆に『貴方の希望に対してメニューは出せるけソレを平らげるかは当人次第。』とは伝えて話を詰めていく。

無理強いはしない。

それに色々と今までデンジャラスでアンタッチャブルな人生をしてしまうと、後輩の悩みの種である高齢側の[ 飢え ]も何となく知れるのよ。

一応、以下の事を幾つか訊いてみたら全てヒットした。
後輩は驚いてたけど、歳を取るというのは揶揄もするとマジで人生が詰んでしまう傾向にある御様子。 (ノA`) アチャー

・定年退職者か?
・会社員時代は役職者か?
・社会的地位やステータスを持っているか?
・何か過去に第一人者の体験をしているか?
・今はヒマを持て余しているか?
・昔はそんなに人に対してアレコレは逝っていないのに、ココ数年で猛烈にアレコレ逝っているのではないのか?
・定年退職後に仕事をしていないのではないか?
・現役度が下がっていないか?

後輩に訊ねたらパーフェクトヒット。
…やっぱりな。ε=(-公-;)ゞ

多分…現役バリバリの社会人世代の時は四六時中忙しく、エネルギッシュに動いてたし…何よりも人と関わる事が多く充実した人ほどこのような状況に陥る。

つまり、家庭に居場所が無い傾向が強いし…会社を定年退職後に自分を表現する場が無い。

オマケに世代が違えば自分を[ 敬うどころか畏怖される事も無い ]。

家庭でも普段家にいない旦那が四六時中いるというのは奥さんにとっても結構煩わしいもの…場合によっては毛嫌いされてしまい、自己ステータスは徐々に下がり家庭での扱い方1つで潜在的にも自己重要度合いや承認欲求が駄々下がる。

ソレを埋めるべく無意識に外に顕示欲求が行動に出てしまうことさえあるのよ。

だけど俺達世代以降の子達は時代の変化に凄く目まぐるしいから、人生の[ コストダウン ]には敏感である。

ソレ故に[ 煩わしい ]とか[ 俺には関係無い ]…何よりも[ メンドクサイ事 ]にはとかく敏感なのは仕方ない。

会社なら[ 薄給 ]という縛りで雁字搦めにされてるから通用するンだろうけど、会社でもないサークル系な集まりである以上…ソレは通用する筈も無い事を高齢世代は錯覚してソレを次世代に通そうとする。

ただダイレクトにソレをしてしまうと[ 感情的に嫌われる ]事を極端に恐れるチキン世代でもあるから、姑息な手段で[ 間に中年層を噛ませようとする ]行為も結構巧妙に仕掛けて来るから手に負えない。

特に役職経験がある老害系の人は無意識にソレをしてくるから迷惑な話である。

俺は再独立して完全に単独客観姿勢を保てるから自由にやれているけど後輩を見てて本当に『御苦労様』と頭が下がる思い。

ちなみに後輩が俺のトコにコノ手の相談をするのはよくある事なのは俺がコノ手に関して交渉関係に手際が良過ぎるからだろう。

事実、俺はその高齢者とも幾許か繋がりがある。

だからこそ[ 間に入って擦り減らされたくは無い ]という思いと、後輩に[ 問題から逃げ続けても根本的に人生の深みを得られる事は無い ]という双方の思いが混じっている状態。

色々と後輩から存在を羨ましがられる事はある。

[ 自由業(←一部の人しか実態業種は知られてはいないけどなw。後輩達にはテキトーにライター業とか吹いているw)]・[ 立場が自由 ]・[ ムダに嫌われていない ]という立ち位置を単にストレスフリーでの観点だろうけどな。

俺から言わせれば[ 人生無理ゲー ]だから[ やり込みで独自の攻略法を編み出すしかない ]事を身に染みて解っているだけの差なのに、皆…大人になれば成って逝くほど[ 実践 ]や[ やり込み行動 ]をしない。

ガキの頃は結構無謀な事にもケンカ腰で取り組んでたのに何時の間にか大人に成るにつれて忘却化してしまうのだろうな。

たかだか数グラムの小石ですら大岩に直撃してしまう感覚に襲われるのは単に[ 恐れ ]ている[ 幻想 ]にしか過ぎないのに。

一応、具体的なプランを提示はしてみたけど多分…切羽詰まらんとやらんだろうな。

一応、建前だけを話すから俺が最初に伝えた『貴方の希望に対してメニューは?』と念押ししてみた。

少し間が開いて『どーすれば良いですか?』と。
俺は『ウソを付くな。正直に俺に伝えてみ?』と。

すると…暫く黙ってしまった。
余程言いたくないのだろう。

仕方ないので『俺に代理として間に入って欲しいンだろう?』というと流石に観念した御様子。

仕方無いので俺が一席設ける事になる。
(ノA`)=3

何で俺が…という思いです…クソぅ。
プライドなんて腹の足しにもならんのにな。

高齢側には事の状況をオブラードに…包むワケがねぇしwww、ニュアンスだけを伝えたらビックリしてた。

そりゃそうだ…自分が迷惑を掛けている事に気付いてないからな。

まして損得勘定がシッカリしている人ほどマトモでないとコノ手のカミングアウトは器に収まらない。

俺もこの手の交渉にはズルイ輩だからよく解る。
そりゃね…損得勘定がシッカリしている人ほど少し考えさせれば[ 自分の居場所を無くしたくはない ]のが本音である。

そして後輩には包み隠さず、弩ストレートに交渉内容を伝えた。

席を設けてエントリーするまでは事前に入れ知恵をして先ずは[ 己を捨てる ]事を勧めた。

プライドなんて持ってるだけで傷つくし、辛い現象が起きるからな。

それと自分軸は持っておけば良い事も入れ知恵しておいた。
コレ等は相反するものではないし、何よりも別次元のカテゴリーだからな。

何故か人はソレを[ 相反する綱引きのような存在 ]と勘違いするから人生は不思議ちゃん。(#゚д゚) 、ペッ

そんで…さ。
蓋を開けたら…結果wwwww。

相互の齟齬と解釈のムダさだけの話と互いの思いと現状のストレスが無意味に複雑化しているだけの事と相互認識出来て一件落着。

何なんだおまいらは。( ゚д゚)ポカーン

そりゃ歳の差…40以上も離れるとコンナモンなのか?
人は長く生きていると要らぬものまで沢山背負い込んでしまうものですな…という出来事。

実に下らないでござる。(#゚д゚) 、ペッ
俺の時間を返せと思いつつ終了で候。

教訓…[ 人生体験&人生経験のやり込み度合いは莫大に積み重ねた方が無理ゲー攻略をし易い ] ( ˙-˙ )y-~


(´・ω・`)つ  



裏教訓…[ 内側に夢中になれないヒマ人は人生が地獄。]
(#゚д゚) 、ペッ(#゚д゚) 、ペッ(#゚д゚) 、ペッ(#゚д゚) 、ペッ(#゚д゚) 、ペッ

→ 【ツイッター】


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------


     ------------------------------------- 広告 ------------------------------------

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU



 ------------- 広告 ------------




 ------------- 広告 ------------


 ----------------------------------- 広告 -----------------------------------