トップページ > 人生をじっくり考える > イザという時の【伝家の宝刀】…躊躇せずに執行する勇気と認識を持ってますか? 

イザという時の【伝家の宝刀】…

躊躇せずに執行する勇気と認識を持ってますか?

                    2019年04月19日

ハチワンダイバーのスミノ氏の格言。
マジで教訓ですよ。(`・ω・´)ゞ

時事ネタを読んでて現代の日本人はコレがナイと思い込んでいる…どんだけ平和なんだか。( ゚д゚)ポカーン

○ 時事ネタ:武装強盗団に押し入りされた家主さん、アサルトライフル乱射でオーバーキルしてしまう事件発生


形は違えど会社組織や人間関係で理不尽な対応やイジメ等に屈してしまう事において…やはり尊厳まで詰(なじ)られるまで堕ちては逝けない。

よく世間では[ どんな事があっても暴力は逝けない ]とは言うけど…俺としては綺麗事にしか聴こえない。

上記の時事ネタとこの下り…関連性が無さそーで実は大アリだったりする。

よくさ…理不尽な時にブレーキが掛かる人が大半じゃん?

以前に記事にして取り上げたけど現代のボケた人達って確実に頭の中に[ お花畑 ]を抱えている人がバカをやらかす傾向が強い。

○ 関連記事:ズルイ子を野放しにする周囲もオカシイから無駄な騒ぎになる…正当な判断材料にすべき案件。


時事ネタでも、イジメでも、理不尽な対人関係でも、[ 人間の尊厳という一線 ]を越えたらどうするか?

俺は必ず防衛手段を必ず行為に移す。

互いに傷つくのは百も承知だが、後々エスカレートに歯止めは確実に掛かるし…何よりも相手の意識に[ リスクを負う行為 ]という認識を施しておかないと確実に相手も不幸の繰り返しをして一切学ばなくなる。

コレは暴君親父から反面教師的に学んだ事。

親父は常に大人しい人だったが心に飢えを抱えていたので、しょっちゅう対人関係には苦労していた。

特にアルコールが入った時に日々の対人摩擦での軋轢累積が決壊した時に警察沙汰になるケースが多かったの。

俺もしょっちゅう仲裁に入ったり、止めに入ったり、オマケに警察署に頭を下げに逝ったりと悩みが尽きなかったの。

嫌なら嫌と…相手に意思表示するか、対人関係を切るという事をしない親父の意気地の無さという部分が実はアルコールで補われてたから、加齢につれて余計に拍車が掛かってたよ。

人は確かに年齢を伴うと若い時のようには振舞えない。
そんな時に他人に対して顕示欲求やら承認欲求が上回ると、確実に不要なマウントを取りたがる傾向が強い。

俺はそんな親父の背中とか、自分がブラック就労での飢えまくった就労者達が常時、ツノを突き合わせているのを吐いて捨てるほど見てきてたので…もうお腹一杯だったりする。(゚⊿゚)イラネ

その為でもあるけど、もうね…そんな場にはスーっとフェードアウェイするようになった。

それでも絡んで来る輩には流石にキッチリ御見舞いする場合がある。

でもね…世間様って[ 暴力反対 ]とか[ 実力行使反対 ]とか脳内が[ お花畑 ]的な事を『絶対に!』とかいう人が居る。

俺の経験上…ソレに関して声を大に吠える人に、俺は近付かないの。

基本…そんな事を言わない人ほど、静かで・思慮深く・平和で・温和な人が多い事、この上ないのを俺は知っているから。

不思議なもので吠える人ほど何かが起き易く、静かな人ほど縁遠くなる。

ソレは過去に体験したり、経験したりした人しか解らない。

冒頭の時事ネタでAK-47を乱射して強盗組の人をあの世に送った行為は言わば強盗のリスクをシッカリ実現したという事において、加害者が被害者ヅラする昨今の強かさを確実に除去したと俺は捉えるのでござる。(#゚д゚) 、ペッ

今後、時代が忙殺されたり…人口過密からのストレスに塗れた歪で子供とかが陰湿な集団イジメとか、大人では職場でのイジメが水面下で発生し易くなりがちな都会生活。

その中でも被害者側には[ 伝家の宝刀 ]の準備とソレをイザって時に躊躇せず抜刀する勇気をもって生きて欲しいものです。


その意味で子供達には沢山、人間関係でのケンカで学んだり、部活やスポーツを打ち込んで欲しいもの。

そして大人は独立の為にアフィリエイトや投資等の[ 個人オンリー ]のビジネス所有をして貰いたい。

今後、社会…というよりも就労世界は確実に人間の尊厳を奪い易くなる傾向が強くなる気配がするで候。

気を付けましょう。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】

---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU