トップページ > 人生をじっくり考える > 心理的にパニックになる要因…それがキャリアという呪縛。人生の肩書きは身軽な方がイイって話。 

心理的にパニックになる要因…

それがキャリアという呪縛。

人生の肩書きは身軽な方がイイって話。

                    2019年04月20日


池袋でプリウスアタックが大きな話題を呼んでいる。

ネットニュースを熟読してて動画を見てたけど、当初…俺は最初のガードレール接触で俗に言う[ 轢き逃げ心理 ]が働いたと感じたけど…たかだか自損事故ごとき、そこまで慌てる理由がみ当たらんかった。

ドライブレコーダーの会話で不可思議な点がスグに目に付いた。

この会話が直に音声で流れていなかったので最初は奥さんの言葉に怒声が混じってたら[ 強迫観念からのストレス反応 ]かな…と考えてた。

俺も過去…訪販業界とかブラック就労時代の夜間代行業でも、俗に言われる[ ダメダメ君 ]とか[ ドンちゃん(ドンくさい輩の隠語)]は確実に怒鳴られ、コケにされ、常時シャクられる(要は脅される叱られ方)事が常態化していると人間は指摘や注意、そして話の内容など一切頭に入らず、常に自分を脅かす存在の顔色ばかりを逐一ビクビクしながら過ごす様になる。

ソレ故に問題が起きると、とにかく[ その場をやり過ごそうと全ての優先順位が逃避や誤魔化しの一手 ]になるの。

イジメられっ子が挙動不審になる最も典型パターン。
コレは夫婦間での極端な上下関係でも起こる事だから、もしや…と勘ぐってたのよ。


そしたらさ…ネットニュース速報内容を見てやっと合点が逝った。

ネットニュース速報
○ 池袋プリウス事故 犯人の飯塚幸三は旧通産省・元工業技術院長 クボタの元副社長 報道で確定 顔は?
○ 池袋プリウス事故の犯人が天下り役人で怒りの声「逮捕されない理由はそれか」「事件が迷宮入りしそう」

コレで逃避パニックの理由に合点が逝った。
最初の自損事故からの~慌てて逃避しようとしたのだが、そこに人身事故が絡んでさらにパニくりまくり~挙句の果ては息子の電話に言い訳コースで終了という具合。

動画ニュースを見てて綺麗に戦が繋がってしまうと、この言い訳から察するに…精神的にも完全袋小路常態だったんだな。

昨今の超批判叩き時代と国民の不満の捌け口が一気に集中しそうな感じで静観するだけしか出来ん。

晩年の集大成がこんな形でテンパった常態での暴走事故なんて…なんだか言葉にならんでござる。

今後、全ての資財を投げ打ってでも遺族に弁済と謝罪をしなければならないだろう。

アクセル故障の可能性も薄いが、企業もバカではないし…トヨタに限らず各社メーカー側もリコール問題とかで神経がかなり尖っているからイザとなったら訴訟対策も視野に入れて準備もすると察する。

それに官僚を退職したとはいえ、この御時世に国側も確実に縁切り捨て御免で無用な保護はしないだろう。


しかし…流石に高齢者事故が話題に上り、コレだけ大きな人身事故で死亡者が出てくるとなると…もう自動運転と5Gネットワークインフラ環境の整備が急務となるのは必死。

現代の地図情報もゼンリンが総力を上げて、住宅の入り口から…立体階層までデータ化している。

○ 時事ネタ:ゼンリン 地図制作の現場を巡る~第1回 北九州本社編


コレは既に宅配サービスの自動化を視野に入れて[ ドア to ドア ]を実現しようとしている。

そこまで地図事情もハイテク化のラインに沿って開発が進んでいるから自動運転が現実化したら速攻で道路事情とか、免許事情とかもガチで激変するだろう。

その意味では、あと5年位は団塊世代の人達が車に乗る危険性を考慮する時間があるわな。( ˙-˙ )y-~


話は若干戻るが、人は生きる中で色々とキャリアとか地位…そして名誉ってモンを後生大事に持ち歩く。

故にソレを[ 失いたくない ]という制限を自分に課せながら生きる事さえあるのかも知れん。

もし、今回の御老体がノンキャリアだったら…最初の自損事故で車をストップさせて警察呼んで[ 自損事故証明 ]してたのかも?…と考える。

人によっては全くキャリアを持っていないにも関わらず[ 世間体 ]という他人の目にも制限を感じる人も居るし…俺の暴君親父のように[ コンプレックスによる制限 ]を自ら掛ける人も居る。

人生のリュックサックは晩年に向かうほど中身を軽くした方が帰宅の帰路が楽なのに何故か人は逆をするのは何故でしょうか?

小学校の頃って遠足とかに弁当や水筒…そしてオヤツ、その他諸々を一杯背負って逝くけど、帰りには随分身軽だった記憶がある。

楽しむだけ楽しんだら…後は身軽な方がイイですな。


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】

---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU