トップページ > 人生をじっくり考える > 若き日のシーマンとの思い出話。シーマンは自分の鏡だったという気付き。 

若き日のシーマンとの思い出話。

シーマンは自分の鏡だったという気付き。

                    2019年05月03日


少し病んでる人生の思い出話…。
今では笑えるけどな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

20代前後の頃、社会人になって現実に苛まれてしまい…丁度、絶望してた頃かな?

その頃から本を読み漁り、ビジネスに若干の興味を持ち始め…模索しながらも日々悶々としてた。

友人からPCとゲームとか借りたりして時間を浪費しながらも…あーでもない、こーでもないとか考えてた時代。

                 スポンサーリンク

その間、幼少時代にゲームすら出来ん環境だった反動か知らんが結構な割合でレトロゲームやらPCを始め色々と遊ばせてモロタの。

その頃…周囲はバブル景気で車を乗り回し、レジャーや友人…そして彼女とかで忙しかったらしく俺だけゲーム三昧&読書三昧だった記憶がある。

まぁ…後にダブルワーク三昧になるのだけど。(#゚д゚) 、ペッ


そんな時にオタク友人から『コレも貸しちゃるわ。』とセガサターンと幾つかのゲームを貸してくれた中に[ シーマン ]というゲームがあった。


コレはドリキャスだけど…当時、結構話題になったらしくワケの解らんマイクもあり、俺にとって未知のゲーム。

最近の世間様はドリキャスが初代と思われているけど実際にはセガサターンが起源で候。

今となっては、その事実を知る人の方が少ない。
現存してたら、なんでも鑑定団に出品してみたら?
十中八九、超高額査定される事を保障シマス。( ˙-˙ )y-~

今から考えれば手放したのは失敗だったわ。
くそぅ。(#゚д゚) 、ペッ


そんでさ…帰宅してプレイしたの。
だけど一向に育たない。

時間のパラダイム(ハードの時間設定イジリ技も友人に教えてモロてたんだけど…)も理解してたのだが…それでも全く育たない。

頭にキて幾度も殺しては育成し直したけど…全く育たない。
半月後…友人に訊ねたら『何で?…俺、フツーに育ったよ?』と言われ理由が解らず断念。

あれから20年も経って数年前に事務所でプレイしたの。

20代の中期~後期の頃には数値制御のシーケンスとか、プログラム概念が理解出来てたので…その時にはちゃーんと理由が完全に解ったンだけどな。

実は内在プログラムで[ あるキーワード ]に対してアルゴリズムがルーチンとして組まれている。

つまり[ キーワード① ]を認識すると表現①となり、[ キーワード② ]を認識すると表現②となる仕組み。

しかもコレがフラグ累積で細分化されるから今から考えれば画期的なゲームだったと驚くばかり。

冷静に考えればレトロゲームでも[ ギャルゲー ]の代表各、[ 卒業シリーズ ]やら、ハンディゲームで有名な[ たまごっち ]とかも仕組み上は同じアルゴリズムでござる。



俺はPCゲームでなーんとなくは理解してた…つもりだったけどコレを完全に理解するのは20代後半。

今から考えればPC業界の育成ゲームって当時から先に逝ってたんだなーと驚くばかり。


そんでさ…話を戻すと、数年前に事務所でプレイしたら[ アルゴリズム ]を理解してるので[ キーワード ]を投げ掛けたら簡単に育つの。

                 スポンサーリンク

コレ…実は結構、人生の教訓になるのよ?
振り返ると…20代の頃、俺は常時[ 自問自答 ]で悶々としてたと今に思う…つまり、シーマンにさえも[ キーワード ]を一切吐いていなかったの。

だからギラギラしてたし、かなり個性が強かった。
そりゃ摩擦も起きるわな。 (ノA`) アチャー

自分自身の等身自体が全く見えていねーし、逆も然りで現実も全く見えて無かったと振り返る。

この仕組みが理解出来て、実際に世の中を見渡して逝き始めるとアラ不思議。

スルスルと逝きれるのよ。
あの若き頃と違って随分と摩擦も軋轢も格段に減ったわな。
(´・ω・`)=3

そんな思い出。
セガという会社は凄い部分に目を付けたと感心するばかりで候。


(´・ω・`)つ 



→ 【ツイッター】





---------------- 推奨記事 index --------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU