トップページ > 人生をじっくり考える > 自分の色で生きるという歓び。

  サイト内検索ボックス


自分の色で生きるという歓び。

 2019年07月09日


 スポンサーリンク

動画サーフしてたら株主優待券生活をしている[ 桐谷さん ]って人をマツコ氏の番組が取材していた動画にヒットして見入ってしまった。

何だか伸び伸びと人生を謳歌している姿を観るとコチラまで嬉しくなったわ。°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

○ 動画検索:株主優待生活の桐谷さん

しかし…この話口調…どっかで聴いた事があるなぁ、加藤一二三氏にも似たコミュ障のような語り。

何だか記憶にあるなと思ってググってみたら、何と将棋棋士だった桐谷氏その人だった!Σ(゚Д゚;)!

○ wikipedia:桐谷 広人

そんでさ…将棋動画を探したら何と加藤一二三氏との対談があったの!
超ビックリ!

アボーンされてたらアカンので検索リンクだけを張っておく。

○ 検索リンク:加藤一二三 桐谷広人

もうね…双方共にゴーイングマイウェイwww
ま…こーでないとアカンわな。

日本人ってさ、大半が周囲の協調性を重視するじゃん?
実はコレが独立心を殺すの。
個性を殺すの。
野心を殺すの。
夢を殺すの。

キレる人はソレを下隠しにして虎視眈々と磨きに磨くけど、一部の人は俗に言われる[ その分野で磨く ]方針を取る人っているんだわ。

特に競技者とかアスリート、そして専門職の世界には多い。
そんな人が誰にも迷惑掛けずに取り組める分野が投資でもある。

桐谷氏は棋士時代から投資分野にも手を出して色々と模索している御様子。

今回の動画でググって初めて知ったよ。( ゚д゚)ポカーン
Amazonでも[ 桐谷広人 ]と検索したら続々と書籍が出てきた。

○ Amazon検索:桐谷広人

実は俺も過去、東証1部の現物と信用でスイングしてた時に丁度…決算とか優待資格の期間にヒットして株主総会の案内とか配当通知、そして優待券とかを少しばかり貰った事がある。

俺はキャピタルゲイン目当てだったので実際に使った優待券は確か…吉野家とかモスバーガーだったかなぁ…記憶が曖昧だけど。(-公-;)ゞ

あッ!…あと、茶漬けとか即席味噌汁とか貰った記憶がある。
多分…永谷園の株を持ってた時に期間ヒットしたのかも知れん。

後は優待券に程遠い銘柄ばかりだったから縁遠かったわ。

その後は日経225先物…そして為替へとジャンルが変ったけど、動画を見て案外優待券生活ってあるんだなぁ…と感心してしまった。

やはりトレーダーの数だけ手法や考え方ってあるのね。

初心者って自分の考えが据わらない内にザラ場に洗礼を受けてしまって一撃死→『二度とやるもんか!』。・゚・(つД`)・゚・。…て引退する人が殆ど。

だからこそ、そこで学ぶ人が次のステップに逝けるんだけど…気付かない人が大半でござる。

物事は腰を据えて考え、感情を治めた人にしかザラ場の女神は微笑まないのだろうな。

 スポンサーリンク

話は戻るけど桐谷さんのバラエティ動画を観ると何故か微笑ましく思えるのは[ 誰にも利害関係を持たず、誰の勘にも触らず ]の生き方が素晴らしい。

それにコミュ障チックなマイペーストーク。
コレが世の人達に勇気を与えるのだろう。

それだけ世の社会人は組織の中や、人間関係で摩擦やストレスで心を磨り減らして疲弊しているし…ソレを未然に防ごうと対人関係以前に周囲の目を気にして行動を制限しているのだと察する。

桐谷さんを観ると多くの人は『いいなぁ…』と実は思っている人は結構多いんじゃないかな?

少し前に国会議論で[ 年金足りない発言 ]が話題になって現在、証券会社に申し込みが殺到しているようだけど俺は日本人ほど挑戦すれば良いと思う。

そもそも周囲に告知せずに地道な運用やトレードを個人で学ぶならば感情に振り回されるギャンブルトレードでも無い限り、小さな失敗と経験さえ積みながら学べば複利の恩恵を受けられると考えている。

まぁ…大半の人は逝き急ぐだろうけどwww
ソレが破滅の元。

じっくり腰を据えて学べば良い。
そんな事を桐谷さんは雰囲気で示していると感じたよ。

俺もさ…将棋を指すけど、結構思う所はあるのよ。

将棋ってさ…ダメかなぁ…と思ってても粘ってる内に何かしらチョットした事で形成がコロっとひっくり返る事がしばしばあるの。

その負け将棋で耐える胆力とか、忍耐を経ていると次第に『またか…』と慣れてくる感覚ってあるの。

俺は昔っから、人生のハプニングやトラブルが多かった。
オマケに暴君親父が常にモメ事を持ってくる人だったから、30までは日の目を見る事がほぼ無かった。

特に14~30までは生き地獄の感覚だったけど、不思議と自棄を起す気持ちにはならんかった。

 スポンサーリンク

常時、キレそうだったのは否めんが何故かしら鉄の自制心だけは無駄に育っていたけど。 (ノA`) アチャー

ま…人生の折り返しを経て、今は穏やかに自我を薄くする事が何よりも安寧でヨロシ。

人は毎日を一生懸命夢中になれるものがあれば結構幸せなので候。
マツコ氏がソレを番組内で感覚的に察知したのだろうなぁ。

そんな事を思ってミターリ。(´・ω・`)y-~


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > 自分の色で生きるという歓び。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る