トップページ > 人生をじっくり考える > 逃避からの浪費…人生の泥沼コースへいらしゃい!ってお話。

  サイト内検索ボックス


逃避からの浪費…人生の泥沼コースへいらしゃい!ってお話。

 2019年07月17日


今日さ…昔、アルバイトで御世話になった街金のオーナーさんにデパートの書店でバッタリ出会ったの。

丁度、お盆用のギフトを探しついでに思わず書店を覗こうと思ったら後ろから…

 スポンサーリンク

『おっ!へろ君!元気~?』って軽快な声で振り向いたらオーナーさんだったの。

一応、断っておくが[ 闇金 ]じゃないからね?
[ 街金 ]よ?。マ・チ・キ・ン。(´・ω・`)y-~
全うな金融業者だからね?

○ wikipedia:街金


しかし…俺がデパートでウロチョロすると色んな人に出会うわな。
前回来た時にはブラック就労時代のドクズにもであったし…一体何なんでしょうな。ε=(-公-;)ゞ

○ 関連記事:ブラック就労時代のドクズが結婚して人格がマトモになった話。


当分、会ってなかったので積もる話もさる事ながら最寄のデパート無いのコーヒーショップへ。

そこで近況を色々と話をした。

オーナーさんは俺が何も言わん間に1発で『へろ君?独立でもしたの?』とイキナリ口にした。

何でだろ?
そして何で解ったの?…( ゚д゚)ポカーン

逆に訊いたらアルバイト当時から『この子は必ず独立するな。』と踏んでたらしい。

当時、独立失敗してブラック就労真っ只中だったのにな。
当時は日銭が欲しくて色々とバイトしたけど、この金融関係のバイトはマジでお金の裏側の勉強に大いに参考になった。

まぁ…多重債務者ばかり出会ったけどな。 (ノA`) アチャー

そんで何で解ったのか?
それを訊いたら…『だって作業服がキレイ過ぎるし、折り目とかバッチリ入っているから余計に不自然だから…ソレに平日のこの時間でデパートって絶対にリーマンじゃねーしwww』ってさ。

あらら…。
そりゃそーだ。
おみそれしました。(-人-)

でもオーナーさんは俺が何しているのか野暮な事を訊かない人。
それに訊かれたとしても俺は後輩と同じ事をテキトーに言うからなぁ。

フリーランスでネットライターとか。
ネットビジネスとか。

だから作業服ってイイんだよねぇ。
普段着で着ているし。

 スポンサーリンク

俺は基本、作業服とスーツで十分派なの。
スーツは独立失敗時代に普段着レベルで着てたから。
安いビジネススーツで少しシワがある方で十分っすよ。

あとはスポーツウェアかな?
この3種で事が足りる。
その他の服装は冠婚葬祭でのレンタル礼服ぐらい。
当然、ダブルでござる。

○ 関連記事:冠婚葬祭時を選ばず…イザという時に全サイズの衣裳は格安で揃う時代へ!レンタルスーツやドレスはコスパが優れている!


そんでさ色々と近況を…オーナーさんから…
『○○って知ってる?』と、ブラック就労時代に知った薄利益経営者の名前を出して来たの。

それは俺の知人って程でも無いけど、ブラック就労時代に何度か話はした事のある人だった。

記憶では当時、ブラック企業?…というかチョットした個人経営をしているのだけど、横着で丼勘定のザル経理的なテキトー加減の経営者的なイメージがあったなぁ。( ゚д゚)y-~

オーナーの話によると、その経営者さんが金策に走ってきたらしい。
とりあえず担保…というものもなく、経営権の価値を見るべくチョットした財務表を見たら合いも変わらず薄利益経営だったらしい。

何で金策に走るのか?
流石にこの道の人。
スグに原因が[ 浪費 ]と見抜いたそうだ。

問い詰めたら、どうやら現実逃避で夜な夜な繁華街で遊び呆けてたらしい。

家庭もほっぽってマトモに金も入れていない御様子。
オマケに家に帰らず車で車中泊。
事務所に訪れた時には体臭が逆レノアみたいにフンワリ漂って来たそうです。

俺もブラック就労時代にそんな輩は数名ほど御目に掛かっている。
その内訳は半分が家賃滞納で追い出されたパターン。

そして半分が離婚で家を追い出されたパターン。
一般の人は『どうやって生きているの?』と思うだろうが、そんな輩は何故か知らんが車中泊になる人が多い。

しかもベテランレベルになると24h経営のスーパー銭湯の駐車場とかに車中泊をかます。

 スポンサーリンク

車が無いと後はネットカフェ難民確定かな?
俺が知っているのはガチホームレスさんは社会人になってからは出会ってないでござる。

大体、その後はタコ部屋逝き…もしくは生活保護コースかな?

現在でもタコ部屋ってあるのよ?
街金とかバイトしたらスグにそんな現場なんてフツーに見るわ。
ソレでも再起した猛者はおるけどな。

とは逝っても現代のタコ部屋って給料の口を完全に押さえられはするが金融の人も生かさず殺さずで衣食住は最低保障している良心的?…な所は俺も知ってる。

その意味では現状に流されず耐え抜く胆力は必要不可欠で候。

ちなみに俺はタコ部屋には逝かずに済んだ。
アレに慣れたら人生終わる。((;゚Д゚)ガクガクブルブル


まぁ…俺も一度は堕ち掛けた人間だから経済面での現実逃避の気持ちも解らんでもない。

そりゃ浪費で目の先を変えたいのは確かに解る。
だけどな…金を始末して我慢しながら再起を目指す事から逃げてしまうと余計に傷口を広げてしまう恐怖は…そりゃ恐いですよ。

そんな現実から逃げても逃げても現状は一向に良くならん。

俺は独立失敗してから半年引き篭もってしまって生活費に困窮…仕方無しにブラック就労に漬かったけど、金融アルバイトで多重債務者達とかブラック就労者の中には過去に事業を失敗したり、自営者崩れの人とかが沢山おったの。

よく自営者の人が『サラリーマンの方が絶対イイ!成れるなら成りたいわ!』っていうバカな発言をする自営者を沢山見てきたけど、俺は大ウソだと確信している。

理由はそんな自営者が一般社会において勤め人に戻れるワケがない。
誰にも拘束されず、命令される事すらない。

自営経営が傾いてもしがみつく心理は[ もう会社員として働きたくない ]という頑なな姿勢がモロ出しなのである。

かく言う俺もブラック就労時代に就労していた期間はマジで情け無かったのを今でも覚えている。

夜間代行時代は無駄にプライドだけ高くて吠えるバカばかり、そんなツマラナイ意地と虚勢ばかりの群れの中でツノを突き合せて派閥を作る。

派遣社員では自分と親子ほどの歳の差の無能なヤツがマウント取って来る未熟な子にイジられたりもした。

何度か〆たりもあったけど、とにかく人間関係に関して自営者崩れは悩まされるのですよ。

それだけプライドが尾を引くものなの。

俺はソレでもアフィリエイトと投資があったから、それを夢見て踏ん張れたけど…もしも何も手段を見出せなかったら一体どうなっていたか…今考えても震えてしまう。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

今、振り返って当時の自分自身をマジで褒めてあげたい。
『よくぞ耐え抜いた!』と。

それくらい悔しさに塗れてたよ。(´•̥ω•̥`)ゞ

 スポンサーリンク

あと…負債を返済する為にそのバイトから学んだお蔭で任意整理にも踏み出せたのは大きかった。

結局、借金には根性をもって立ち向かうしか復活の目は無いのだと体験&経験から学びますたよ。(´・ω・`)d

○ 関連記事:まずその泥舟から脱出しよう!そしてマイナスの度合いを軽くしてから地に足を付けて生きる事が先決。

だからオーナーさんの話を聴きながら、そのアホ経営者が現実逃避しながら浪費にウツツを抜かし、金策で走り回る…。

もう救いようがないのは明白。
オーナーさんに『融資はしたの?』と訊ねたらモチのロンで断ったらしい。

流石に泥舟と判断したとの事。
一応、金融アドバイスで『全部捨てて一からやり直すか、経営を立て直す為にタコ部屋で辛抱するか』と逝ったそう。

オーナーさんの計算上、3~4年でトントンまで復活出来る経営状態なので今が最低ラインギリギリらしい。

アホ経営者本人はどうしても現状から都合よく逃げたい…でも経営で甘い汁は吸いたい。…という態度みたい。(#゚д゚) 、ペッ

まぁ…このまま逝くと闇金に逝きそうな予感でござるな。
『1名様、地獄に御案内~♪』ってカンジに。


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > 逃避からの浪費…人生の泥沼コースへいらしゃい!ってお話。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る