トップページ > 人生をじっくり考える > ストレス社会の軋轢?怒りを制御出来ない時代なのか?

  サイト内検索ボックス


ストレス社会の軋轢?
怒りを制御出来ない時代なのか?

 2019年07月23日

実際の赤司君はハサミで脅してたけど現代版のリーマンオジサマは傘で牙突攻撃するらしい。

一体全体、何なんでしょうかねェ。( ゚д゚)ポカーン

○ 時事ネタ:駅前の雑踏で何が?傘で目突き失明させた47歳男「当たったかも」

893屋さんでもない、ごく普通のリーマン様が肩がぶつかっただけで口論からの~傘で牙突ってマジですか?( ゚д゚)ポカーン

最近、大人も子供もキレやすいのは何なのでしょうかね?
先日は吉本の社長さんが感情的にパワハラ強制2択を芸人に迫る話題で持ち切りになってたし…(#゚д゚) 、ペッ

人は自分を治めないと人生が徐々に狂う事を俺はかなり身近な近親者や、周囲の大人達…今現在は後輩とかにも若干名ほど病んでいる子が出始めた。

ストレス時代と現代での社会性とか、昨今のメディアは対象が永久追放もしくは再起不能まで永久コンボ方式が横行しているのを見ると何だかなぁ…って気になる。

まぁ…本人に問題があるのだけどな。( ゚д゚)ポカーン

それと相まってパワハラも不思議な事に暴露されるまで横暴・陰湿・自己満足レベルで徹底的に対象を追い詰める傾向があり、暴露されメディアの洗礼が浴びせられると途端に聖人君子の如く、爽やかさ前回で対応するのもなんだかなぁ…って感じでござる。

○ 時事ネタ:石崎衆院議員暴行 秘書「数百発は殴られた」

人間は皆、何かの権力や地位…そしてお金という力を持つと必ず1度はソレを振り回さざるを得ない本能が備わっている。

ちょっとした事で己の中の暴君が目覚めるから始末に追えないでござる。
ソレを予防するのはやはり逆の体験というものは非常に大切だと俺は考える。

例えば誰かに虐げられたり、横暴な対応をされたり、精神的ダメージを食らったり、時には外傷を加えられたり。

基本的に優しい人は何かしら、そんな体験や経験から『自分の痛手を相手には向けたくない』という慈悲の精神が宿るもの。

コレ…とても大切な教訓なのですよ。
俺も訪販時代にオラオラ上司に強制2択とかしょっちゅう掛けられてたからなぁ。(売るか自爆か…ってヤツ。)

まぁ…訪販なんぞ結果が出てしまえば全てノープロブレムな理不尽さはあるけど。

でもな…コレからの時代は更に精神面とか内面が問われる時代。
そりゃリーマン組織とかは特にパワハラとか顕著になるんじゃネーかな?


(´・ω・`)つ  





→ 【ツイッター】




推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。


  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > ストレス社会の軋轢?怒りを制御出来ない時代なのか?

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

ページのトップへ戻る