トップページ > 人生をじっくり考える > まさか!中田敦彦氏が[ 銀河鉄道の夜 ]をレビューしてたとは…こんなん動画でレビューされてたら文学作品興味持つやろ!

  サイト内検索ボックス


まさか!中田敦彦氏が[ 銀河鉄道の夜 ]をレビューしてたとは…こんなん動画でレビューされてたら文学作品興味持つやろ!

 2019年08月15日


 スポンサーリンク

こんなん、レビュー上手過ぎやろ!(#゚Д゚) ゴルァ!!
動画見たら絶対読みたくなるわ!

この文学作品をよくもまぁ…見事に解説レビューしたもんだわ!
素晴らしいの一言に尽きる!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°



文学作品って古いものほど時代の文脈とか文言とかの書式自体が違うからなぁ…故に現代のネット文化というブログ形式とか、サックリ読める感じのニュアンスのものから結構掛け離れて、何だか敷居が高く感じるのは否めない。

Amazonでもそんな文学作品やら、小説でさえも漫画化されて非常に読み易くなっているし…オマケに売れているのも事実。

そこからファン層が文字媒体に流れて原作を読む傾向もあるのよ。

現に小説サイトから、いきなりアニメ化され…ソッチに火が付いて後に → コミック → ラノベへと流れているもの事実。

俺も[ オーバーロード ]をレビューしているが順番がバラバラにスタートを切っているけど入り口は人それぞれだから今回の中田敦彦氏の文学動画レビューとかもアリアリでしょう!

関連記事
○ オーバーロードが面白い!驚くべきは小説からスタートした作品だった。
○ オーバーロードの新刊が出たよ!しかもアニメ第2期がスタート発表された!
○ Kindle漫画[ オーバーロード第8第9巻 ]を読んだ。セバス君の魅力全開ですだよ!


さて…話は戻すが実は俺、この[ 銀河鉄道の夜 ]は約5年前にDVDでアニメ版から入ったの。

コレね。↓
(´・ω・`)つ

それから原作を読んでしまった経緯がある。

当時、アフィリエイトから投資へと移行して再独立を果してから…以前に独立失敗した経緯上、今度は自分の時間を極力持とうとして読書とかDVDとかAmazonビデオ(俺はネットフリックス派ではなくAmazonビデオ派です。)とかをよく利用するようになった。

20代になって人生ドン詰まってから、それまで読書なんぞする事が無かったのだけれど…そこから読むようになり、更に色んな出来事を経て映画や読書をする事が増えたのよ。

確かその頃、Amazonビデオとか普及は今ほどではなかったかな?
今現在はラインナップが凄まじいレベルだけど当時はDVDとかをAmazonでよく購入してたよ。

 スポンサーリンク

書籍も徐々にKindle化されてたけど今から5年前の時は紙媒体とかも中古とかを注文して読みまくってたなぁ。( ゚д゚)ポカーン

それでさ…当時、このDVDは今でも印象が強かった。
何故かと言うと色んなDVDとかも購入したものが全て[ 人生に関する価値観が詰まったものばかり ]だったから。

以下のタイトルとかを見れば解るだろうけど5~7年辺りの購入タイトルを幾つか並べると解るけど…例えばアニメなら。

千年女優]とか[ パプリカ]とかを好んで観てたの。

(´・ω・`)つ  

コレ等も知っている人は知る人ぞのみの超名作であり、人生観や時間意識を揺るがす作品群でござるよ。

近い内にマジでレビューしてみましょうかね。_〆( ˙-˙ )

それと同じ様に今回の[ 銀河鉄道の夜 ]も基本はノスタルジー系ファンタジーなんだけど俺はこの作品の中でも[ 鳥を捕まえる人 ]や[ 盲目の無線技師(このキャラクターはアニメ版のみ)]が最も考えさせられた。

何故なら人は現実世界では[ 働く ]事に関して莫大な時間という[ 寿命 ]を費やして価値観を重ねてしまうからだ。

コレで本来の目的が完全に霧の中に紛れてしまうのである。

物語の中で『でもコレ…お菓子ですよね?』というと男が慌てるのは[ 本来やりたかった仕事 ]と[ 実際にやってた仕事 ]が違う事を指摘されて自分の人生に対する誤魔化しを見抜かれてしまった描写が細かく映し出されているの。

コレと同様にアニメ版のみに登場する[ 盲目の無線技師 ]は俺達と同じで完全に本来の存在とも言えるものなのに何故かしら[ 目 ]を失ってしまって必死に本来の[ 生き方 ]という[ 目的 ]に気付きつつもソレを完全に忘れ掛けてしまって必死に情報を辿る姿が模倣されているの。

 スポンサーリンク

俺は宗教には全く興味無いけど、その無線技師が何とかノイズの中から紡ぎ出した[ 306 ]の意味(形式ではなくて本質部分)を完全に知る(本質に気付く)には、ほど遠く…本当の意味で目を開けるには至らない為に杖をヒタスラ使わざるを得ないのは、とても貴重な比喩表現だと俺は感じたよ。

動画レビューでは[ 生き方 ]とか[ 生死観 ]がどうしても目の先にはなるけど実は…本質部分では途方も無い情報がかなり圧縮されて物語となっている。

コレは実践や体験値…そして経験値の深さで観え方が完全に別れる不思議な作品である。

現代は非常に便利な時代。
この[ 銀河鉄道の夜 ]という作品は色んな形で媒体化されている。

文庫Amazon Audible(アマゾンオーディブル)漫画アニメ・舞台…形は様々だけど誰もに愛される作品なので俺も超オススメしますよ。

ちなみに文庫の一部や漫画とかは読み放題で色んな名作が980円/月でアホほど読めるし、お試しで30日間無料で試せるからコレを期に読むと良いだろう。(以下にリンクを張っておくわ。御参考までに。)

俺はコレで毎月何冊も読んでるでござるよ。
だから事務所でゲームか読書三昧なのね…ハハン。(´・ω・`)y-~

(´・ω・`)つ



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > まさか!中田敦彦氏が[ 銀河鉄道の夜 ]をレビューしてたとは…こんなん動画でレビューされてたら文学作品興味持つやろ!

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク


ページのトップへ戻る