トップページ > 人生をじっくり考える > この歳になって巷の親心が次第に解ってくる…コレが結婚信用というものなのか?

  サイト内検索ボックス


この歳になって巷の親心が次第に解ってくる…
コレが結婚信用というものなのか?

 2019年09月14日


最近さ…プライベートでも何故か知らんが知人と後輩女性から結婚の相談をリアルに受けての経済問題絡み…。

あのね…俺ですら未だ独身なのに。(#゚皿゚)o" キー
出来るなら自分の親とか地位が高い人に相談して頂きたいでござる。

 スポンサーリンク
 
しかし…現代の子達でも昔でも、お若い時には単に『好きな人と一緒に居るだけで幸せ』という感覚的な部分で人生を決める人って本当に変らんのだな…とつくづく思いまする。

何が正解かは俺も正直解らん。ε=(-公-;)ゞ

そーいや時事ネタでもそれに付随したニュースが出ていて親御さん側の立場からもなーんとなく解る俺。

それだけ経済って人生を狂わせるからなぁ…( ゚д゚)ポカーン

○ 時事ネタ:眞子さまショック…小室さんへの資金援助を宮内庁職員が阻止

時事ネタを熟読したけど他人からの施しって時として当人の一生涯のスキル[ 逆境を撥ね返す ]という底力を低減させるのはマジであると思うの。

俗に言われる[ 温室育ちのバラと野生のバラ ]の例え。

そりゃね…困難に対応する人間力の差は直接的にも生活水準に直結するのは解るだろう。

実際に俺はこの[ 経済力 ]という部分で本当に長年シンドイ思いをした。

特に旧家の親御さんは相手の経済力を結婚の要因には確実に取り上げるのは血筋を途絶えさせるも、逆に栄えるのも正に経済力が要因になっている場合があるからリアルに仕方ない。

今回、ガチモードで親族経緯で相談にムリヤリ乗らされて話を訊きつつも内心…

(´・ω・`).。oO(そりゃそーだわな…)

…と思わず唸ってしまった。

まぁ…『とりあえず興信所を利用してはどうか?』と返答はしたがココで『料金は幾ら掛かる?』とか抜かしやがったら『話になりませんよ!』と言う覚悟だったけど相談者はアッサリ『やっぱりそーですよね…』と利用する運びになったとさ。

世間様では興信所の結婚調査というサービスがあるから相手の経済的なバックボーンや借金の諸々さえも事前に調査が出来る。

ココでシッカリとした興信所を選択し、初期投資を惜しまないのがホンマもんの旧家様であるんですよ。

聴き慣れない人は意外と思うだろうけど未だに信用調査って需要があるのは、そんな両家の親側の思いやりと俺は考えている。

実際に経済貧困に陥るとマジで復活がキツイ。

復活にはソレなりに努力と根性と夫婦の価値観や互いの相互理解。
そして夫婦間の思いやりや尊厳の共有が全てとなる。

コレが若い時には未熟でスグに互いのバッシング合戦にもなるし、酷い場合にはDVやら家庭内暴力にも繋がり、子供への初期段階で情報が擦り込まれると後の人生に大きな影響を及ぼすからだ。

俺が小学生の頃、裕福な友達の家庭にお邪魔した時に心のソコから痛感した事はこの部分だった。

もうね…絵に描いたようなマトモな家庭で、その友達が[ 何故…人に好かれるのか? ]そして[ 何故…いつも穏やかなのか? ]を思い知らされて当時のボロアパートに帰宅した時に情けなくて泣いた事がある。

当時から[ 金持ち ]には夢を持ってはいたけど、ココで新たに[ 人生の穏やかさというのは心のゆとり ]というものを肌で感じたけど、ソレから20年間はソレが身に付かず非常に苦労したよ。

コレばかりは当時から親を責めるのも方向性が違う事を理解してたし…世間では簡単にグレて非行に走るのも本気でムダと考えてた。

そりゃね…親族や知人から『おまえ…DQNの割に全くグレなかったな』とソレっぽい事を言われた事もある。(#゚д゚) 、ペッ

まぁ…ハッキリ言えば親の責任は確かにあるかも知れんが実際にはアッチのサイトでも逝っているけど[ 生まれも育ちも全て自分の責任 ]だったりもする。

当時は純粋に『イチイチ親の責任を証明したくてグレる輩は根性無し』とか言い張ってたけどな。

冒頭の時事ネタを熟読しても宮内庁の判断は俺からしても当然の処置であり、名家や旧家の選択基準から考えても親御さんの立場からしてみても妥当。

そりゃね…長い間、経済苦というビハインドは家系を狂わせますよ。
オマケに夫婦であっても経済苦で千年の恋も冷めるわ。

 スポンサーリンク
 
俺はリアルにブラック就労で夫婦がダブルワークをして疲れ果てている姿を何組も間近で見たからな…コレばかりはリアルな問題なんですよ。

互いに好きで結婚したのに夜さえも一緒に居られず子供の為、お金の為に時間を削る毎日。

目の先の生活ばかりに追われ、将来設計すらままならん人生は確実に人生観を暗くし…精神が削られる。

昭和の時代には世間様は『夫婦揃って苦労すれば良いじゃない。』とか美徳として言われ続けてきたけど現代では、そのレベルでは収まらずヒタスラ堕ち続けてしまって精神がマジで汚れてしまうのですよ。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

その経済問題をクリアした上で始めて相手の気質を観るのは当然なのだろう。

ソコから考えると経済的なベースというのは本当に大切な登竜門なのは言うまでもないかも知らん。

現代では未婚率が高いとは言うけれど極貧時代を体験した俺から言わせれば経済的な二次被害という貧困家庭を産まぬ方向性を含めるならば、俺はむしろ健全にも映るのだが…如何だろうか?( ゚д゚)ポカーン


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > この歳になって巷の親心が次第に解ってくる…コレが結婚信用というものなのか?

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 


ページのトップへ戻る