トップページ > 人生をじっくり考える > 健全性を育むのは本当に難しい時代だけど、それでも人生を費やしてでも取り組む価値はある。

  サイト内検索ボックス


健全性を育むのは本当に難しい時代だけど、それでも人生を費やしてでも取り組む価値はある。

 2020年04月29日


 スポンサーリンク
 

コロ助関連で愛が枯れる夫婦と…
逆に愛が咲く夫婦があるらしい。(゜ロ゜ノ)ノ

一体全体何がどうなってそうなるのか?
何処でその境目があるのか…俺が知りたい。

漏れなく夫婦ちゅーのは縁あって入籍するものだとは思うが…
俺が時代に付いて逝けないのかぁぁぁ?( ゚□゚)

時事ネタ
〇 WEB上で旦那に死んで欲しいと書き込む「旦那デスノート」、実際夫に特定された場合、離婚理由に出来るのか聞いてみた結果・・・
〇 ワンオペ育児をしてきた女性、コロナ自粛で夫の真実に気付く 「ただただ会社の長時間勤務のせいだった…」 

時事ネタを熟読するに…俺は感じる。

人生において[ 健全性 ]ちゅーんは本当に育むのが難しい時代だと。
俺は人生の前半戦は経済困窮から衣食住がデンジャラスだったから、小学校時代…友達ン家にお邪魔した際、カルチャーショックを受けた事がある。

そりゃね…もう、鈍器でド頭ドツかれたぐらいのショック。

その友人は本当に学校でも平和で温厚そのものの存在。
決して前に出る事はないのだけれど、何故か知らんがソイツが居ないと物事が始まらないぐらい不思議な人徳があったんだわ。

転校続き&極貧生活で生活も根性もネジレに捻じれ、世の嫌われ者の代名詞と言わんばかりの俺には羨まし過ぎる程の模範人物だったの。

それでも分け隔て無く対応してくれた友人だった。
その友人宅に訪れた事は今でも忘れない。

友人のお母さんは優しくて、おやつとかも手作りで出して貰って俺をもてなしてくれた。

一緒に話相手になって貰って子供心に『コレが家庭かぁ…』と。
心が震えた記憶がある。。・゚・(つД`)・゚・。

もうね…一軒家の空間自体がゆったりしてんの。
雰囲気もそうだけど…言葉にならない家庭環境がソコにはあんのよ。

今までにさ…色んな子のお宅に逝ったけど色んな御家庭を垣間見た。

中には『家に入るなら足を洗いなさい!』とその母親にキレられ、友人に風呂場に連れられて友人と一緒に足を洗った御家庭もあったよ。
(別に俺と友人の足は汚くはないが…当時、靴下を履くという感覚が無い時代だったし…友人のお母さん曰く『砂が上がる!』と怒ってた。)

そんな神経質な親御さんとか、逆に家庭崩壊してた御家庭にもお邪魔した事もあった。

一般的に家庭崩壊というのは何を想像するのか?

それはイメージすると多岐に渡るが…俺が最も酷い御家庭とは父親と母親が何故かしら警察に連行される御家庭だったの。

不思議に思って暴君親父に尋ねたら…一言『あぁ…そうか。それはな…法律に触れる注射を打ったからだよ。』と…御近所ちゃまだったから暴君親父は全然驚いてなかったのが記憶にある。

そして小学校3年生の頃の話だったが…その後、小学校高学年になってその意味が次第に解って来た。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

(ココだけの話…俺の人生でそんな注射をやらかすモンは後にも先にも、この事件とダブルワーク時代に1人お目に掛かった学生バイトの子…その2件だけ。どちらも速攻で警察様に検挙されてた。願わくば日本の取り締まりで完全に撲滅して欲しいと願うばかりでござるよ。)

 スポンサーリンク
 

ちなみにその家庭崩壊の友人は1コ年上の女の子。

何故かしら友達が居らんかったらしく…俺ン家によくやって来てて、山とか逝って秘密基地作りを一緒によくやった。

そして何故かしら、女の子の友人は家に帰りたがらんの。
それも今では何となく解るけどな。

それだけ不安定な家庭に居ったンだろうな。
俺以上に人生ビハインドランキングで上には上が居ったよ…( ゚□゚)

その女の子の両親が検挙され、女の子は弟と引っ越し→離散した。(その弟はコレマタ酷い傍若無人な狂った性格。俺も何度か殴った事がある…俺も当時、ヒネてたけど…アレは気が狂っている部類。大人になって解った事だけど愛情不足がそうさせるのだろう。その意味では女性の方が大人なのかも知らん。)

アレから40年程経ったけども、あの女の子は健全な家庭を築いているだろうか?


それだけ家庭の健全性ちゅーんはモロに子に流入してまうと俺は考える。

この部分ってさ…当人(←子供ね)が自分の中身を意識して心から人生を少しづつ創らないと、どうしても事象や現象に流されてしまう。

それだけに経済情勢著しい現代は目移りし易い。
そして、その[ 自分の精神環境 ]に目が向かないと、それまで培ったメガネが外れねーんだわ…コレが。

まぁ…この件に関してはアッチのサイトに譲る。

流れ豚切りで冒頭の時事ネタに戻るが、現代の経済情勢で沢山の御家庭がゆったりとした本来の流れがコロ助によって取り戻せた家庭と、逆にそうでない家庭の差が生まれたのは何故か?

その多くの要因の1つに、俺は[ 健全性 ]だと考える理由は上記の通り。

それ故にその健全性というのは人生を費やして育む事に大きな価値があると断言出来る。

もし、俺に健全性を育む余裕や…精神的余裕を育てる事さえ無視してビジネスに心血を注いでも結果は今のような形にはならず…絶対に酷い有様になる事請け合いなのは一番俺が解っている。

結局ね…人生と自分の精神環境って表裏一体なんだわなぁ。
コレ…人生のテストに出まーす。_〆( ˙-˙ )



(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > 健全性を育むのは本当に難しい時代だけど、それでも人生を費やしてでも取り組む価値はある。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る