トップページ > 人生をじっくり考える > 感情に左右されない安寧で優しい人を貰いましょう。

  サイト内検索ボックス


感情に左右されない安寧で優しい人を貰いましょう。

 2020年05月12日


 スポンサーリンク
 

ネットニュースでとある夫婦環境の事で文春砲が炸裂しておったわ。
いらん世話だとは思うが…だけど、少しばかり子供がカワイソス。

こればかりは生まれのビハインドだからしゃーない。(´・ω・`) ショボーン

願わくば次世代の子達がトラウマを植え付けられても自分で[ ソレを気付いて修正し、より良い人生を歩んで欲しい ]と願うばかりでござる。

〇 時事ネタ:【音声あり】コロナ療養中の報ステ富川アナの自宅から「どこまで頭悪いんだよ!」などの罵声、児童虐待の疑いで児相や警察が出動する騒ぎに

他人様の御家庭にアレコレ意見はしたくないが、俺もどちらかと言えば結構デンジャラスな幼少時期を歩んで来た経緯上…やはり伴侶は極力以下の性格条件は必須と考える。

〇 感情に左右されない健全な精神耐性を持っている事。
〇 ある程度の人間摩擦や衝突で体験値&経験値を積んでいる事。
〇 観て痛みが察知&察しが出来る事。
〇 思慮が深い事。
〇 自身の内面を幸せに出来る事。

この条件って口頭で伝えると…大半の人が[ ( ゚д゚)ハア?]ってなるんだわ。

だってさ…スキル系(家庭的とか料理とか優しさとかではないから)ではないからさ。

でもね…実は大半の人がドツボに錯覚する部分でもあるのよ。

以前に記事で書いたけど…上記の条件の真反対の女性とかにガツンと逝った事があったが、思慮の欠片も全く皆無な奴ほど思った事を躊躇いなくポンポン口に出す程度の低いドバカな人間が特に嫌いな俺です。

〇 関連記事:ずるいフォローの前置きは相手の為ではなく、自分の為でしかない…つまり直す気がサラサラ無いのである。

この世知辛い現代はそれだけ精神の余裕や、観察する方向ではなく…大半が情勢に意識が向いてるしな。

類似した関連の話ではあるが…現在、コロ助ショックの関係で自宅で楽しめるグッズや電気圧力鍋、何故かハンモック…そしてボードゲームとかがAmazonでバカ売れらしい。

関連時事ネタ
〇 おうち充実で特需 ハンモックやプロジェクター
〇 「巣ごもり」でブーム到来! 販売急伸の自動調理鍋「ホットクック」の「調理ランキング」に人気の理由を見た

さて…解るとは思うが、基本的に潜在的な部分…つまり無意識の部分が実は生活に慣れるという習慣性の上で本音の[ 地金 ]が出てしまう。

コレは老若男女問いまへん。_〆( ˙-˙ )

昔からの格言[ 付き合って相手の本音を知りたければ呑ませてみろ ]と結構な割合で伝えられているのも、顕在レベルの脳味噌をアルコールで麻痺させれば程よく解るのもコレが所以である。

ただし、泥酔させてはダメ。
人間[ タガが外れた時が本性 ]なのだから。

俺は割と古い人間ではあるが、古参の人の意見というのが実は最近解る出来事が最近多い事がある。

それは事務所に後輩とかが結婚とか、結婚後の生活で相談に来る事が増えたからなの。

俺としては非常にイイ迷惑。
だってさ…俺、独身でござりますよ?(#゚д゚) 、ペッ

 スポンサーリンク
 

でも仕方ないので一応、話は聴くしかない。

そんな中で[ 解らなかったら相手の親を観なさい ]とか…
[ お試し同棲をしなさい ]とか…
[ 親に頼って結婚調査をしなさい ]とか…

結構キワドイ事も逝った事もあったよ。
それでもさ…結婚するヤツはするし、離婚するヤツは離婚する。

もうね…恋は盲目とはよく逝ったもの。
イチイチ相談して来る輩の大半が俺に同意を求めて来るからタチが悪い。

そんな経緯から[ 無意識 ]の部分に手を入れている人は健やかなるかな。
そんな相手を選べば無難だし、何よりも自分自身がソレに精通していると不思議な事に変な人間関係が出来難いのも経験上&体験上解って来た。

今から思えば…もっと早くから気付けば俺の人生、もっと改善の余地があったろうになぁ。( ゚д゚)ポカーン
くそぅ。

とどのつまり…平穏で安寧な輩は、いつも平穏で安寧な人生。

逆に神経質で自分嫌いな輩は、いつもトラブル続きで常時、他人角を突き合わせて争いが絶えない。

過去の俺…超ド反省で候。
生きててスイマセン…orz


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > 感情に左右されない安寧で優しい人を貰いましょう。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る