トップページ > 人生をじっくり考える > 人の行動の裏に想いアリ…本当に人生行動ってよく出来てるよなって話。

  サイト内検索ボックス


人の行動の裏に想いアリ…
本当に人生行動ってよく出来てるよなって話。

 2020年11月01日


 スポンサーリンク
 

もうしばらくしたらクソ忙しい案件が終わりそう。
その中で目を引く時事ネタが見受けられた。

この手のニュースって表面的にしか映らないから見逃してしまいがちなんだけど…俺からしてみたら結構な人生訓になるのでマジマジ見てまうわな。

嗚呼…明日は我が身で候。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

時事ネタ
〇 ひき逃げ逮捕・伊藤健太郎容疑者に出るわ出るわ〝何様エピソード〟芸能界引退の危機
〇 【全国初】あおり運転容疑を自転車に適用、埼玉「ひょっこり男」逮捕へ

上記の時事ネタ内容云々は別として俺がフォーカスしたいのは[ 行動の裏側に潜む想い ]というフラストレーション衝動。

人生において鬱積した憤りというのを人は結構な割合で無意識に抱え込んでいるものなのよねェ。(´+。+`)=3

それが知ってか知らずかは自覚次第なのだけれど何かの拍子…もしくは普段の行為や会話の端々に現れる事がある。

コレを自覚している人は幸いである。
何故か?

それは[ 人生の平和・平穏・安寧の鍵が隠されている事に気付ける ]からに他ならないから。(´・ω・`)y-~

人はどうしても人生劇場で周囲の反映された事象で精神を病んでしまうのが悩みの種。

だけど、その[ 種の出所 ]までは考えない。
その要因の1つが[ 他人との比較 ]である。

大人になると過去[ あれだけ仲の良かった友人とか悪友がドンドン先に逝って人生を謳歌している ]事に焦りや、孤独感を覚えて人生に虚無感を覚えたり、時にはおいてけぼりの感覚を覚える人が居る。

実際に俺の暴君親父が典型例だった。

何かに付けて突然、火が付いたように[ 虚栄心 ]からの行為をしたり、自分を飾ったりと普段の私生活から及びもしないハッタリを噛まし出す事がよくあった。

大人になるにつれてその[ 出所 ]が赤裸々に解ってきたのだけれど、全て自分の中にある[ コンプレックス ]や[ 他人との比較 ]…そして人生における[ 無努力からなる後悔 ]の逝き付く先…。

それが[ 絶望感 ]という形で人生に…そして態度に現れる。

このサイクルを止めるに辺り結構な自我の決意と実行力が必要になるのだけれど長い時間に培った[ 堕落 ]のプログラムがソレを阻害するから目も当てられない。

オマケに[ 苦しい ]という錯覚に陥るのが頂けない。(´•̥ω•̥`)

誰に怒っているのか?

実は自分自身だったりするのだけれど…ソレが止められなくなる。
完全に反映されているものに虜にされるという悲惨な状況。

思うようにならない人生…そして孤独感。
寂しいという境地の結果、さらに飲まれるという悪循環。

どこかで気付いて立ち止まり自分の中身を観察しなければ永劫的にループされてまうわな。

 スポンサーリンク
 

それ故に人生経験という[ 体験 ]を早い段階で保護者達は奪う事は長くも儚い人生ではタブーとなる。

世に言われる[ 過保護 ]というもの。
これが実の所、一番子供を不幸にしてしまう。

オマケに躾という[ 生きるスキル ]を与えていなければ負けん気の強い子とかは[ 意固地 ]になったり[ 天邪鬼 ]になったりと内面が豆腐以上に脆い精神となるから、大人になった時に精神汚染を食らった際には自己否定という天変地異には耐えられない。

それだけ[ 意固地 ]や[ 天邪鬼 ]というのは人生における弱者たる所以を持つスキルなのである。

逆に[ 素直 ]や[ 柔軟性 ]、最たるものは[ 順応 ]というスキルの本質は[ 生きる事への強さ ]に相当するものだと認識して良さげ。

話は飛ぶけど、ココ最近クソ忙しくなってしまったのは知人や親族からの相談があった事である。

少しボカシて書くけども先月、とある知人社長の葬儀があったの。

とても底抜けに明るい人柄だったけども俺は[ 無理しているなぁ ]という印象が強かった。

その社長が今回のコロ助で死去されたのよ。
まぁ…元々、呼吸器系が弱かったんだけれど今回のコロ助でトドメになってしまったという形。

その葬儀に参列した時に伯母にバッタリ!
どうやら伯母はその社長一家と随分長い付き合いだったと教えてくれたの。

その葬儀から数日経った時に伯母から『相談がある』との事で呼び出されたのよ…。

そしたらさ…その知人社長の奥さんを紹介されて相談を受ける羽目に。
内容は事業内容の引継ぎに関する相談…何で俺に…( ゚д゚)ポカーン

一応、関係者ではないのでキッチリ御断りしたのだけれど…色々あってアドバイスやその手の弁護士やらを紹介する事になった。

経緯は省くけど、事業内容(という名のポートフォリオ[ ←収支データ ])のPCデータを観させてモロタら…もう…[ 死に体 ]という㌧デモ自転車操業だったわ。

奥さんは夫(社長さん)の仕事内容は全くタッチしていなくて、お金の流れなんぞ皆無に等しい状態。

そんでもって今後の生活費だけの心配が大半を占めてた御様子。
それを見て何だか夫婦生活という夢が壊れそうな俺。orz

もうね…結構な家1軒立つレベルの負債ですたよ。
伯母の目が何かを訴えるので仕方なしに[ プラン ]を説明し、弁護士を御紹介コースとあいなりました。

結果としては遺産放棄として負債や債務も放棄コース。
晴れて奥様は自由の身なのだけれど半分は[ これからの経済力 ]としては不安が残るという状況。

全て夫任せのツケが…というものを見てしまい、奥様のクチから『生命保険でも掛けとけば…』という言葉が印象に残りますたよ。

嗚呼…世知辛い。_〆( ˙-˙ )

 スポンサーリンク
 

ココで振り返ると…あの社長さんの[ 底抜けの明るさ ]というものに違和感を覚えた俺の感覚はあながち外してはいなかった。

人ってさ…本当に安定した精神環境であれば、やたら滅多にバカな話や無駄話…過度にはしゃいだりしないもの。

この手の[ 心のザワつき ]というものは[ 不安の裏返し ]からなるもので俺が20代の頃、イヤッてほど体験したのを今に思い出す。

それだけ自然体という効能は本当に生きる上でも非常に大切なものだと今に痛感して止まない。

それだけ社長さんの精神疲労度合は凄まじかったのだろうな。(-人-)
特にお金の心配事なんぞは…もう…大変というよりも地獄。

そんな事を他人の人生を垣間見て勉強させて貰いますたよ。
何事も狼狽えない…その為に自分の中身には注意を払いたいものですな。


(´・ω・`)つ  



→ 【ツイッター】





推奨記事インデックス

○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。



  サイト内検索ボックス



トップページ > 人生をじっくり考える > 人の行動の裏に想いアリ…本当に人生行動ってよく出来てるよなって話。

Copyright© 2016~  経済的自立&独立への実践記。一体どこまでやれるのか?!  All Rights Reserved.

 スポンサーリンク
 

ページのトップへ戻る