トップページ > 仕事をじっくり考える > 日々のストレスや怒りをエネルギーとして活用しよう!そのまま惰性に流してしまうのは非常にもったいない! 

日々のストレスや怒りをエネルギーとして活用しよう!

そのまま惰性に流してしまうのは非常にもったいない!

                    2016年10月25日

アフィリエイトを始める動機には色々なタイプや理由があるだろう。

生活の足しになれば…
人生を変えたい…
見返したい…
自分に自信を持ちたい…
会社を辞めたい…
雇われるのは嫌だ…
お金が欲しい…
好きなものを気兼ねなく買いたい…

どれも生きる上でとても正直な事だ。
特に俺のように泥臭い人生の中で心底
[ 金持ちになりたい ]と願ったり[ 今までの人生をネジリ返したい! ]という野心があるのは非常に幸いだと思うんだ。

でもね…日々の習慣を侮るなかれ。
今までの不満だらけの人生とは基本的に[ 累積結果 ]でしかないのだから仕方が無い。(#゚д゚) 、ペッ

裏返せば[ 全て自分 ]なのだから改めて受け入れよう。
そして自己責任の下に今一度、アフィリエイトという手段を徹底して取り組む姿勢が何よりも肝心だ。

ココで大事な事を伝えておくよ。 よーく聴いてオクレ。
始めの取り組みは必ず
[ 何らかのキッカケや動機 ]があった筈だ。

だから最初の内はヨチヨチ歩きでも幾らかは形を成すだろう。
そして、最初の関門![ 継続の壁 ]に差し掛かる。
ココで大半と言われる8割が脱落するのである。

例えば100人いたら80人は辞めて日々の生活習慣に戻るという具合だ。

そして日々のストレスを晩酌やTV等のささやかな娯楽で就寝し明日をゲンナリ気分で迎える。

タマの週末や連休で気分も幾分楽になるだろう。
しかし、翌週に控えた最終休日の夜には最悪な気分で明日をスタンバイするのだ。

それを延々としてしまうのが
[ 今まで培った自分自身の習慣の力 ]というワケだ。

これは非常に強力なルーティーンだ。
マジでテコでも動かない。

一旦、深層心理にガチで組み込まれると地獄でも見ない限り、普段の行動ではどうにも変えられない。

[ 茹で蛙 ]の仕組みがココにあると言っても過言じゃあない。
その為、俺達凡人は日々の習慣をどのように取り扱えば良いのだろうか?

そこで原点に返ってみれば良い。


一番始めの純粋な動機が何よりも大事。 特に本音であればあるほどに…
動機はある意味、衝動に近いところがある。
特にエゴ丸出しの欲求は泥臭いものだ。

だがアフィリエイトの良いところは自分単体で行う作業の連続なので誰にもその胸中を晒すことは無いので堂々と本音で取り組めば良いのだ。

だから日々のストレスや憤りを糧に些細な癒しを徹底的に排除しながらビジネスにぶつける事を強く勧める。

特に初心者が取り組む際には一番の関門であるページボリュームやコンテンツボリュームが全く無い状態で何とかしようとするからダメになる事が大半だ。

それを解消するには結局の所、量がものをいう世界という事実を覚えておこう。

量を徹底してこなしておくと必然的にコツや文章スキルが飛躍的に上がってくるのが体験できるようになる。

これは事実!実践し結果をはじき出した全ての人が体験する事なのだ。

実際に日々コンテンツ制作や記事製作には手を焼く事だろう。
でもそれは必ずある瞬間に報われ習慣化される。

その時から本当の取り組みを貴方は努力という事を一切感じずに夢中になって取り組むようになる事を伝えておく。

えっ?
その瞬間って何かって?

そんなの決まってるだろ!
初収入だよ!


もっと言ってやる!
金だよ!金!(#゚Д゚) ゴルァ!!


自分のビジネスで稼いだ金ほど最高のモチベーションになる良薬はない筈だ!


コレはよくある[ アフィリエイトあるある ]なんだわ。
特にアドセンス関連には誰もが体験するパターン…
頑張って構築したブログやサイトを数ヶ月も続けた筈なのにアクセスが全く集まらず、それを放置プレイして忘れるというパターンだ。

1年くらい後に思い出してアドセンスページを確認したら何と!数万円のお金が溜まってた!っていう実際の体験談は結構多い。

その後の行動は面白いように拍車が掛かる場合が多いのだ。
アフィリエイト最大の原動力は何を差し置いても収入結果だという事がお分かりだろう。

詰まる所。
会社で決まりきった対価ほど希望の無い事この上なく…
自分のビジネス見通し明るいキャッシュ的行動!

                   (´・ω・`)y-~

人間とは正直な動機が一番良い状態に導くものだ。
だから初収入が上がるまでは些細なストレスや衝動は大事に扱い、それらを日々のアフィリエイトビジネスにぶつけながら頑張ってみるべし!
以下は良書なので見ておくと良い。お勧め。
           ↓
   


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU