トップページ > 仕事をじっくり考える > 費用対効果を考えないバカは何をやってもビジネスに向かないという事実。 

費用対効果を考えないバカは何をやってもビジネスに

向かないという事実。

                    2016年12月10日
パソコンが届いたわ。
色々悩んだがスペックを上げて…

コアデュオ → コアi3
メモリ4G → 8G

…へとアップした。
今使用している壊れかけのパソコンは15000円だったが出涸らしレベルで使用していた。
ある意味、減価償却レベル以上×100倍界王拳並に稼いでくれたので非常に感謝している。

元が製造業での改善経験やライン編成の業務経験上、この様に費用対効果が高いとマジで感無量だわ。
今回のパソコンも期待。しっかり稼いでMrオクレ。

話は変わるが学校での部活外部指導で生徒達に
[ 始めに道具を購入する時は必ず安い道具を揃える事 ]を推奨する。

だけど生徒達は高価なものを親にせがむ。
もうバカじゃないの?の思いも抑えつつガチで叱る。
でも生徒達はそれを理解しない。

出てくる言葉は…
『部活続けますから!』って。
高校レベルになると義務教育とは一線を画し目指す所が各校違いはあれど[ ある程度の結果を重視する ]ものなの。

その為、トレーニング段階で半数は辞めてまう。
その時に購入した道具は二度と使わない。
つまりムダになったという事だ。
俺がこの部分に拘るのは元が生産部署に属してライン編成に携わった事と
道具の購入は親の寿命を使用しての対価である為で生徒達に口が酸っぱくなる程に伝える事なの。

親とはいえ他人のお金をムダに使うというのは世の政治家にも置き換えると非常に勝手な事に繋がるのだが本人はその繋がりに全く気付かない。

そりゃそうだろう。解ってる。
だって
自分で身銭を切っていないからだ。

俺は極貧生活の中で部活とバイトを両立したので、その辺りは結構ウルサイの。ただし学業は両立出来ていない分、社会人ではその分は一般人とは異質なくらいに偏ったビジネス学問をしている気がするわ。

だから何かに取り組む際は必要な道具は一応揃えるのだが可能な限りコストを抑える事だ。

何故なら自分のスタイルに合っていなければ方向転換する際に大きなビハインドになるからだ。
また、シッカリそのラインに乗っているなら道具や必要経費のグレードを上げれば良いし、一度状態が解っているならグレードを上げる為の必要な部分を理解した上で対価を掛けるのは非常にムダが少なくて済むからだ。

俺から言わせればこの手の生徒が道具を揃える状況を毎年毎年見ると親のセンスや当人のセンスと言えばイイのかどうか不明だが、ある程度わかる事がある。

その躾けの部分は今後伸びるか逆に反発するか…また応用が利くか利かないかが、な〜んとなく解るの。

面白い事にイイ道具を揃える親や生徒と本人は基本的に期待度が大きいので何かのトラブルやスランプに見舞われた時に非常に苦労する傾向が強い。

このタイプは忍耐や努力でソレをクリアするか辞めてしまうかの2択に分かれやすい傾向がある。

逆に道具購入を安価に収める生徒は経済的な問題が無い限り、ある程度イイ意味で
[ 等身大の自分を受け入れる器 ]を既に獲得している。

だから余分なストレスを抱えずに情報を吸収し続けられるのが大きい。

でもその分、いつでも身を引くスタイルが備わっているので微妙だが一旦腰を据え取り組み始めると一気に頭角を現してくるのでこのタイプは面白い。

実はビジネスにおいても俺は自営時代にコンビニオーナーの店主夫婦に直に赤裸々な実話を訊いた事があるのだがフランチャイズシステムというのは知っていたのだが大きな投資(負債)をしていると身動きが取れず方針に背けず、また方針に背いてもノウハウも度胸も無いのでやりようが無いとの事だった。

ある意味、会社員よりもブラック側の社蓄に俺には見えた。

ビジネスに対する費用対効果や減価償却率を深く考えない人は所詮何をやってもダメだと言う事だ。

アフィリエイトはその点、殊の外優秀なビジネスだ。
だがセンスのない人達は不思議と高額塾に多額の費用を支払うもののビジネスで取り組んでいるうちに諦めてまう。

アフィリエイトの利点は立ち上げ費用が殆ど掛からないし、独学で取り組めるという異質で敷居の低いビジネスだ。

にも関わらず
[ 何かを対価で習おう ]とする行動はハッキリ言って何をやってもムダだと断言出来るのは上記の事から解るだろう。

結局の所、自律・自立という観点から考えれば既に最初の段階で着眼が間違っている事が解るだろう。

そもそも費用対価を出さないと何も出来ないという事が染み付いている事が露呈しているという事だ。

手元が無くてもビジネスは起せるの!
コレは断言出来る。
アフィリエイトを通じてマネタイズを学び出すとこの手の問題は自然と取り払う事が出来るんだわ。

以下はビジネスの元手を作り上げる実体験を語ってくれている良書だ。読めば必ず多くの視点に気付かされるだろう。

高額の塾に多くの対価を払うより費用対効果は高いし減価償却率も高いだろう。コスパに優れているというのはこの事を示唆している。

オッサンからのお節介だ。覚えとけ。(´・ω・`)y-~
           ↓
   


------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU