トップページ > 仕事をじっくり考える > 安定を求めるのが実は不安定要素。生産性は機械化へ…生産性自体を創造出来ない人間は近い将来、お払い箱になるかもよ?  

安定を求めるのが実は不安定要素。

生産性は機械化へ…生産性自体を創造出来ない人間は

近い将来、お払い箱になるかもよ?

                    2017年03月24日

日本Amazon物流センター以外にも大手の生産部門にロボットが投入されたでござるな…。(´・ω・`)y-~

関連ニュース検索↓
[ 資生堂 ロボット 導入 ]

ガチで労働力という意味ではもう人間不要論が現実化して来た気がするな…。

大手企業は気付き始めている。
単なる生産においてはレシピ通りすれば事は足りる事を…

ロボット業界を先行する日本の技術は介護の分野に対しての認可がかなり時間は掛かるだろうが生産においての労働や業務自体のロボット進出は基本的に制約自体がないから、かなり早い段階で人材は用なしになるかもしらんわ。

以前に書いた記事[ 近年の情報は著しく進化した!その恩恵は凄いよ。 ]でも取り上げた内容だが、バクスターが登場した時にはかなりの衝撃だった。

それだけロボットのコストと言うのは人間対価をはるかに凌駕するハイパフォーマンスを実現出来る可能性を秘めている。

実質、24時間365日稼動させる事も可能。
文句も愚痴も言わない。
ストやデモを起さない。
社会保障も要らない。
指示した事を100%実行する。
不正をしない。
手順を100%厳守する。
喧嘩やイザコザを起さない。
人間関係も関係ない。
トップダウンで指示系統も完全完璧。

こうなると人間のデメリットの方が目立つ事になる。
そんな時代がこれからもチラホラ目にするだろうが普段の社会生活で頻繁にお目に掛かるようになると一気に自動化&機械化の流れは来るだろう。

そんな中で今現在、高校生や大学生の人気業種が公務員というのがトレンドだが実際の所…俺達オッサン世代が端末を使っている世代でもあるから店頭に音声認識の端末があると次第にシステム統合されるとお役所公務員自体が不要になる事を将来示唆している気がするわ。

生産性のない人材は最終的に機械のメンテナンスや機械のサポートに労働力が回され基本的には人材価値の真価をガチで問われるだろう。

つまりマジキチなフレーズを突きつけられる事になる。
耳をカッポじって知っておくと良いだろう。
それは…


『だれでも出来る仕事しか一般業務がない』という事。


コレは非常に恐ろしい事だ。
何故なら俺はブラック就労時代にコレを体験した実務経歴があるからじゃ。

事実、ブラック就労では時給換算すると500円/hを切るレベルの単価で労働をする事があるの。

でも辞められん。
理由は様々だが基本的に労働業務量や負荷が軽い分、基本的に誰でも出来るという意味合いが大半の理由。

つまり雇用側から言えば『嫌なら辞めてイイよ。他にも人は居るしな。』という意味合いが含まれている。

労働者側からはコレを言われると、どうにもならんの。
だから目の先の賃金に甘んじてまう。

バブルが弾けて後に企業を始めとする雇用側はまず執り行った事は基本的に重役クラスでも生産性のない人材の首切りを率先して行った時代がある。

天下り先があるならまだマシだが今現在もこの手の解雇通知を受けた人材が流れ流れてブラック就労に身を落とした輩を俺は現場で数多く見た。

しかも殆どが酷い有様でブラック就労を長くしているクズどもは基本的に人格が病んでいるので頭が高く態度が大柄な元ハイクラスの習慣やクセを見るや否や、速攻でイジメに取り掛かる。

もう見るに耐えん現場を俺は間近で沢山目撃した。
それだけに生産性の無いリーマン種族って生き物は現代ではリスキーな職業になってしまった。

結局の所、経営者にとって人件費が一番のネックになるんは誰の観点からも明らかなんじゃわ。

企業はコレに気付いているし、国を始めとする地方自治も気付き始めるだろう。

マイナンバー精度をフルに活用すれば次第に市役所関係の窓口にもディスプレイ対応の個室が設置され音声認識で業務管理が可能になる未来も近い。

実質、スマホアプリの翻訳レベルがこの短期間でリアルタイムクラスに進化しているのを見て音声入力の開発が進めばイチイチ係員を通さずしてダイレクトに書面や手続きを短時間で行う事すら叶うのだろう。

公務員の人員整理も対象になる日も近いのはこの為じゃ。

これから先の時代は如何にして生産性を個人レベルで創造出来るかが鍵になると俺は考える。(´・ω・`)y-~

まァ…俺のようなオッサン世代は実際に家庭レベルから家電の進化を見てるし、生産業務から独立してアフィリエイト〜投資に至る実務経験上、こんな形に何れは時代が変わるだろうとは考えてたけどな。

実際に会社にいた頃、現場人事の査定に多少なりとも関わって定年年齢引下げの現実を目の当たりにした時はガチで恐ろしくなったのを今に思い出す。

今振り返って見て失敗も数多くしたが本当に動ける時に動いてよかったと感じるわ。

以下はそれに関連する良書じゃ。
非常に参考になるから熟読すると良いわ。
          ↓
   
上記の2冊は基本的に地味なビジネスタイトルだが中身は相当なものになる。

俺はアフィリエイト実践レベルでは本当に必要な考え方や取り組みにおいての有意義性と汎用性を兼ねた内容だと考える。

特に現代では、お金を生み出す現代のインフラ事情が整っていても自分の持っている生産能力が鍛えられていなければ話にならない。

従業員でいると目先の糧で次第に飼い慣らされてしまう段階で生産能力自体が退化していく先には社蓄→破滅への道のりに繋がる可能性が高い。

そのリスクを打破するには経済的生産性を生み出さないといけないし、またその先には輝かしい特典もある。

それこそが[ 自由 ]というものなんじゃ。
俺はその自己生産能力を鍛えたお蔭で今現在の自由な時間を満喫している。

誰も命令されるワケでもなく、誰の指図も受けず、誰にもお金の金額を決められるワケでもない自由なライフスタイルを送っている。

だから今現在、次第に真綿で首を絞められている人達には自己生産能力を付けて欲しいと願うばかりじゃ。

特に俺の後輩にはガチで学んで欲しいがコレばかりは強制させる訳にもイカンから気付くまで眺めとる。

後輩達は年齢が本当に幅広い。
しかしながら現代の経済事情のラッシュアワーへ完全に流されてるので窮地に陥るまでは気付かんじゃろうな。(#゚д゚) 、ペッ

就職したての子達〜20代後半までは稼いだ金を浪費したり彼女と付き合ったり、趣味に浪費したりと忙しい。

そして20代後半〜30半ばでは結婚して家庭に忙しい。

更に30代半ば〜40代半ばまではローンと仕事と子供の進学で忙しい…。

忙しい…忙しい…忙しい…忙しい…クソ忙しい…で日々生きているのも人生じゃし、俺の知った事ではないが可愛い後輩達にはいつか自己責任の下で気付いて欲しいと草葉の蔭から願っとる。

今から振り返ると俺はその意味では遠回りしたような…結構ピーキーな人生を送ったような…。( ゚д゚)ポカーン

その経緯を含め残り人生の後半戦は自由を存分に生きるつもりじゃ。それと自分の実力たるものを水面下で図抜けたレベルにしてみようと考えとる。

こうなると生産性を鍛えるのはある意味、終わりがないRPGみたいなものでなかなか面白い。

BNF氏のように神レベルクラスになるとアインズのようにあらゆる現実作業&行動自体がゲーム的になるんじゃろうな。
それはそれで面白い。目指すはソコになるかな。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU