トップページ > 仕事をじっくり考える > 金をかけるか? or 手間をかけるか?  

金をかけるか? or 手間をかけるか?

                    2017年05月05日

殆どのアフィリエイターの人達は基本的に収入目的がメインだと察する。

その中で不思議なのだがアフィリエイトをする為に高額塾や有料のテンプレートを購入する人が後を立たないのが不思議なの。

気持ちも解るんだけどね。
俺としてはAmazonで関連書籍を購入するぐらいで十分と考えているし、テンプレートなんぞは無料のものやホームページビルダー、もしくはワードプレスか有料のブログで自動広告掲載をキャンセルすれば事は足りると考えている。

実際に電卓叩けば解るんだが独自ドメインを取得するのに年間費用なんぞ2000円前後で事が足りる。

有料ブログなんかはもっと低い金額じゃ。
俺はというとホームページビルダー愛用者だから無料テンプレートでページを起しているからビルダーの減価償却は元を取って既に済んでいる。

詳しくは別記事[ 俺がワードプレスやブログに手を出さないかという理由は至ってシンプルなんだよ。(´・ω・`)ゞ ]を見てくれ。kwsk書いていとるから。

コレは別サイトでも提示しているけど意外や意外、問い合わせが殺到するけど皆、不思議なくらい、ググらない・調べない・失敗しないの3拍子。

トライしなければ失敗はしないが極端に無駄を省こうとする傾向が強くて意欲が出ない→そのうち冷めて辞めてまう…といった方程式が成り立ってしまっている。

一昔ライザップが訴えられたけど最終的には環境や条件がどうあれ全ての選択成果を享受するのは当人以外の何者でもないのだから、その部分は自力で腹を括って取り組まなくてはならんだろう。

俺は極貧生活環境でそれを嫌ってほど体験しているから、極端に金を掛けるよりも手間を掛ける事を選びがちだ。

別サイトでも、このサイトでも主旨の根底はこの部分を伝えたいのよ。

プロフィールにも記載しているけど取り組みなんて始めはチョットした勇気と大量作業への観念しかない。

稼ぐ意味合いで諦めて軍門に降ると良いだろう。
素直に軍門に降り圧倒的な作業量とトライ&エラーをクリアしていけば、うっかり金持ちになってまうからな。
その点は注意されたし。

とどのつまり[ やる ]か[ やらない ]しか無いのじゃわい。
もっと言えば[ やりきる ]意外は全てノーマネーでフィッシュという事じゃ。

でもね…そこは落ち着いて対処して欲しい。
解らなければ情報は常に無料でネットに浮いている。
検索すれば手取り足取り教えてくれる情報なんぞ星の数ほど転がっているしな。

そこから考えれば最初の壁というものは[ 習慣 ]という己の中にいる[ 怠け心 ]という[ 逃げ ]という他、理由は無いのだから。

ただそれを克服するかどうかは俺の経験&体験上、[ 希望 ]という武器ではなく単純に[ 恐怖 ]だけが武器だった。

つまり人生において[ 絶望 ]という[ 恐怖 ]から逃れたい一心だけが俺の身体を突き動かしただけなのよ。

今ではそれが[ 楽しさ ]や[ 希望 ]に変化してビジネスという衣を纏ってお金を稼いだり、数字を増やす楽しみになってる…ただそれだけの事なの。

人間はどん底に落ちた時の這い上がるエネルギーってマジで凄いと感じる。

何か知らんが遺伝子レベルで奮起するプログラムが組まれてるよーな気がするわ。マジで。

以下は俺が大好きなマネーの虎に出演していた堀之内九一郎氏の著書を紹介しておく。

実際に講演会にも足を運んで話を聴いたが当時、ボロボロの状態で恐怖にかまけていた俺の腹に直接響いたのが今に生きていると常々感じている。超オススメじゃい!
          ↓
   
特に必須すべきは堀之内氏も多くのトライ&エラーを積んでいる点が現代人のムダを省く考えと大きく異なる点であるという事。

それは言わばとても効率良く聴こえるが実は成功とはかなり掛け離れた概念だと俺は体験上断言出来る。
マイナースポーツ指導でも基本的に労を惜しむスタイルは大成しない事を多くの選手で見て来たけど…マジで『何でコレで上を目指したがるのだろう?』と感じるほど醜態を晒す選手は事の他多い。

マジで残念過ぎるが当人の考えが変わらぬ限り人生の転機やチャンスが訪れても掴む事はまず無いだろう。
安西監督はその部分を骨の髄まで知っていると考えられるでござるな。

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU