トップページ > 仕事をじっくり考える > アフィリエイト手法…それは貴方のキャリアからフィットするものを極めるべし。 

アフィリエイト手法…それは貴方のキャリアから

フィットするものを極めるべし。

                    2017年05月16日

不思議とアフィリエイト初心者必ず最初につまづく現象。
取り組み始める前にアフィリエイトスタイルってドレが良いのか?って質問がよく上がるわな…。

今回は少しその部分に触れてみたいと思うが冒頭で結論だけ言っとくわ。

どれでも同じ。
コレ真理です…ハイ。(´・ω・`)y-~



理由はね、このアフィリエイトってビジネスは累積キャリアがものを言うからなのよ。

就労型の賃金体制では断片的でしか対価は得られない。
例えば休んだりやめたりすると途端に収入が途絶える。
転職したり業種自体を変えたりすると最悪、前の給料の方がよかったりもするのは一旦キャリアがリセットされるから。

アフィリエイトは基本的に累積ビジネスなのでデータやインデックス順位(SEO等)が落ちない場合であればあまりガタ落ちになる事はないのだが、実を言うと…アフィリエイトってジャンルは多岐に渡るが、そのキャリア自体は全ての手法に必ず生かされるのが通例。

事実、システム自体がゼロを起点として上にしか上がらない事を含め規定が一切無い上にコレは誰もが経験しているのだが以前作ったブログやサイトよりも格段に上達している事自体が作業効率や作業量を捌くスピードとでも言えば分かるだろう。

マジで最初に取り組んだものより遥かに質や量が圧倒的に増え、質も各段に向上しているのが大半なの。

結局…やったらやっただけ、稼げば稼ぐだけスキルや実力が付いてくるので累積とは言ったが内面的な経験値とでも言えば伝わるだろうか?

一応、目安としては作業時間が1000時間よりは3000時間。

3000時間よりは5000時間。
5000時間よりは10000時間…といった具合で全てにおいて収入も累積的に跳ね返って来やすい特徴がこのアフィリエイトビジネスと言えよう。

ブログだろうが…
サイトだろうが…
メルマガだろうが…
やった数とこなした量が不思議な事に[ ある一定数 ]を超えたら累積的にブレイクして行く経験を誰もがする。

世に言う[ 1万時間の法則 ]というのは本当の事。
人は電池とは違う。

電池は使えば使うほど、充電すれば充電するほど劣化していくが、人間は使えば使うほど、訓練すれば訓練するほどキャパが大きくなって恐るべきレベルに到達する不可思議な生き物だ。

俺は今まで畑違いの業種を転々としたが…
どんなに向いていなくても
どんなにドン臭くても
どんなにバカでも
どんなにヘタクソでも
どんなに物覚えが悪くても
熱心な情熱さえあれば全ての分野で望む成果をテリトリーに入れる事が出来る。

ただし、条件がある。
それは先程も言ったように[ 熱心な情熱 ]がキーワードになる。

幾ら時間を掛けても[ 熱心な情熱 ]があるのと、無いのとでは全く結果が異なる。

始めた頃は然程の差が無くても[ 累積経験値 ]という複利にも似た恐ろしい経験値が1000時間…3000時間…5000時間…10000時間という段階を超えて行くと累積過剰部分においては全く見える世界が変わってくる。

実の所、これが成功の正体である。
センスや天才とか言うのは単なる幻。

だから量を徹底してこなして行くうちに自然と質へと転化してくるまでが勝負と言うわけだ。

だが仕事やスポーツは練習や鍛錬を積んで行く内にどうしても[ 嫌気が指してくる ]ものなのだが、そこをクリアしたものは鷹揚に漏れ無く全員に恩恵が与えられる。

それが実績や成果だ。
不思議な事にそれが当て嵌まらない人がいないのが現実。

中にはちょっとやって成果や結果が跳ね返ってくる場合もある人が世の中には存在するだろうが、よーく過去に遡ると結構な確立で[ 何らかのキャリアを積んでいる場合が多い ]ことに気付くだろう。

その場合は[ その人ならでは特殊な経験をする ]事が殆どだ。
その1つに[ スランプ ]と言うものがある。

これは基本的に訓練をある時からピタッと辞めてしまう事で起こる現象でもある。

コレにより訓練が染み付いている人は[ そのスランプでさえ経験やキャリアととらえる ]傾向が強く、更に以前に増して練習や訓練に時間を徹底的に割いていく。

これがカラクリだ。

だからアフィリエイトと今回は括っているが実際にはどの分野や手法を取ろうが情熱と熱心な姿勢で時間を徹底的に掛けると臨界点さえ迎えれば誰でも必ずブレイクスルーを迎える。
必ずだ。

以下はその事実に関連した良書。
コレは一読の価値がある。
           ↓
   
あまり知られてはいないがその道の格言にも…

結局の所、数に勝る脅威無し。
嫌々もダンチになれば感情を凌駕する。


…と荒行・修行・苦行を臨界点を超えるまでが勝負になる。
科学的なレベルから見ても一目瞭然だ。

将棋の鬼、谷生君も事実を言っとるど。
              ↓





だから口で努力というレベルはまだカワイイもので実際に将棋のプロ棋士のレベルになると四六時中指している。

俺が趣味レベルで1日30分程度のレベルなのに対してプロは1日10時間以上。

それを幼少期からやってるんだからな。
コレはもはや呼吸レベルになる。

俺達は基本、呼吸を無意識にやってのけているが呼吸を努力したり苦労してはやってはいないが遠い記憶で生まれた直後は必死にやってた事が多分…[ 産声 ]だと考える。

つまり生まれた直後は子宮の中で何不自由無く生きていたのに突然、厳しい環境に出てきて否応無しに呼吸をした経緯から今現在に至るまで相当な回数をこなして今日に至っていると考えられるでござるな。

ネットで[ 1日の呼吸数 ]を調べたら1分間平均で14回前後が妥当とされるが計算してみたら…

14回(m) × 60(h)× 24(日)× 365(年)× 約80(生涯)= 588672000(回/一生)となる。

よく巷では1万回理論や1万時間法則を提唱しているが、そのレベルから言えば俺達は生まれてから、たった半日で呼吸をマスターしている。(計算上1日で2万回を超えている計算)

アフィリエイトも投資もスポーツも1万時間や1万回というレベルを超えた時点から感情に左右されず当たり前のレベルになれば一般ピーポーとは別の次元に入るのだと考えても不具合がなさそうじゃわい。

まァ…上の呼吸計算式で言えばアフィリエイト記事数が6億弱記事も書けば誰でも月収100万円は超突破出来るという事じゃ。

この企画で提示している500記事からスタートと銘打ってはいるが、それと比べるとスタートどころの話ではなくて産声レベルという事になるな…

だからスタートラインが来るまでに迷ったり悩んだりするのは愚行と言えよう。

例えるなら
生まれたての赤ちゃんが『呼吸はこうだろうか?ああだろうか?』とは悩まない。

十中八九、必死になりふり構わず呼吸していると考える。

全ての分野において、俺はトライ&エラーを推奨する根本の理由はコレにあるからなァ…

まァ…オッサンからの提言じゃ。
覚えといてMrオクレ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU