トップページ > 仕事をじっくり考える > アフィリエイトプログラム終了に対する手直し対策を考えてみる…アフィリエイトプラグラム記事をもっと簡単に探す方法。 

アフィリエイトプログラム終了に対する手直し対策を

考えてみる…アフィリエイトプラグラム記事をもっと

簡単に探す方法。

                    2017年05月23日


毎度毎度ASPからのプログラム終了告知には少々手間を割かれてまう。

アフィリエイトプログラムを使用した記事を探すとなると大量生産方式をとっているブロガー達には悩みのタネになっていると察するわ。

サイト方式であれば偏ったプログラムに依存した場合、一気にサイトのアフィリエイト価値が無くなってまうのも痛いところだ。

俺は昔、今は無きサイトで情報商材を販売していた。
インフォトップで利率が高く、非常に魅力ある商材を紹介していたのだがインフォトップは非常に利率やプログラム終了が激しく変化するので本当にバナーの張替えには手を焼いた。

結局、A8.net や…Amazonそして楽天に落ち着いたのはプログラム変更頻度が少ない為に自然とそうなったに過ぎないという傾向だろうな。

それでもやっぱりプログラム変更メールは必ず来る。
そんな時、バナーやテキストリンクの変更を余儀無くされる場合がある。

今回はその部分において[ 簡単に記事検索を掛けられる方法 ]を考えてみようと思う。

ただし、[ ホームページビルダー ]を使用している人向けでだけどね。

その理由は俺が[ ホームページビルダー ]をしようしているからだ。


対策。
最近サボリ気味だったがテキストでプログラム管理をしていたの。

登録していたアフィリエイトプログラムナンバーとリンクしている記事のナンバーを書き残して[ Ctrl ]+[ F ]で検索を掛けていたんだが…冷静に考えると非常に手間なのが最近サボってる要因なのだと改めて気付いた。

また先程訂正の為に確認していたら結構、記事ナンバーが間違って探すのに往生したという現象が起こる。

で…新しく考えたのが直接[ htmlソース ]にコメントとしてアフィリエイトプログラム付近に打ち込んでみようと考えている。

ちなみにこの検索ウインドウはブラウザ表示(要はパソコン画面)での[ Ctrl ]+[ F ]と同じ行動でその作成したサイト内全てのhtmlソースを検索に掛ける事が出来るスグレモノ。

つまりアフィリエイトプログラムには必ずIDナンバーの紐が付いているのでテキストナンバーもしくはバナーナンバーの両方で検索を掛けると、使用しているページ全てが引っかかる仕組みじゃ。

コレなら記事を探す手間も少なくて済む。
ASP関連のものはコレで良しかな?

その点、Amazonのリンクは優秀じゃわい。
テキストリンクで商品一括検索ページを作るとまず失敗とは無縁になるし、仮にリンク先が消滅しても検索系の一覧表示にしてると関連した代品が出てくるからリンク切れの心配が一切ないのが大きい。

さらにオススメ書籍ほど俺の意向が強く入っているのでリンク切れは絶対にあってはならんものだからな。

Amazonは品揃えと在庫数は切れてもリンクはまず切れん。
マジで素晴しい事じゃ!(人´∀`).☆.。.:*・°

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU