トップページ > 仕事をじっくり考える > 今後の情勢は変化し続ける上で労働とは単なる対価手段でしかない時代になるので割り切る考えを持つべき。  

今後の情勢は変化し続ける上で労働とは

対価手段でしかない時代になるので割り切る考えを

持つべき。

                    2017年05月30日


昭和時代とは違って今の世の中は単なる対価的基準で[ 労働 ]を[ お金 ]に変える手段としてドライに考えた方が賢明な御時世になりますたよ。ハイ。(´・ω・`)y-~


俺達昭和世代では労働に関して割と洗脳レベルで教育されてた気がするが、その背景は[ 豊かさ ]=[ 労働 ]=[ 人生価値感 ]がある程度のバランスが取れていた時代だったからなの。

現代ではオートメーションや外国人労働者、そして価格のデフレスパイラルで雇用賃金自体のバランスが取れない時代においては単なる[ 労働概念 ]が昭和時代の[ 尊さ ]という幻想を完全に崩壊させてしまっているのは時代の流れだと考えても差し支えない。

もっといえば超ドライに[ 労働とは単なる対価交換手段 ]でしかないレベルに変化したと言うこと。

だから会社が幾ら躍起になって[ 慰労会 ]や[ 親睦会 ]と銘打っても精神的な受け皿にさえなっていないぐらい、昨今の労働者はドライにならざるを得ないのが現状なの。

倫理観や価値感で労働自体を補強するにはとてもじゃないが無理がありすぎでしょうに…。

それをバカみたいにキレイ事で説き伏せる輩がいること自体、時代錯誤甚だしいって事ですわ。
その確固たる理由はコレを言えばわかるだろう。


[ その仕事…ボランティアで出来る? ]…と。


100億%無理だろう。
逆に労働単価が時給[ 億円レベル ]なら如何なる雑用も喜んでする人さえ現れるだろう。

↑コレが答え。流石に7億円以上の雑用は至福に違いないわ。
カイジ君はコレを表現しているな。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

だから現代の労働はそのバランスが保てないから精神環境が補えていないのが顕著に現れている。

それ故に単なる[ 労働を対価との交換手段 ]としてしか見据えられないのが本音なのよ。

未だに労働を社会貢献と説いている人は少々時代錯誤を認識した方が良いかも知らんですよ。ハイ。(´・ω・`) ショボーン

トドメに言っておくと収入が多くなれば絶対に貯蓄をして精神的にも潤えば不思議と安心からか何かと安定的に経済支出が増加する傾向は経済学でも知られている。

バブル時期にはそれが余りにも無謀だったが、今現在はちゃんと生活ベースさえ確立していればシッカリと経済サイクルは着実に回りますよ。

その証拠にAmazon系やネット物流が頭角を現しているのは[ 少しでも便利に、少しでも安く購入したい ]という情勢の表れなので異論の余地すらないだろう。

だから今後は転職や職選びも単なる条件さえ合えば[ 対価手段 ]でしか選ばない事を堂々と全面に出して行動すれば良いと考える。

逆に言えば試験官が面接でキレイ事を訊くよりもストレートに『稼ぎたい?労働意欲ある?』って訊く方が解りやすくて良いだろう。

キレイ事では腹も満たせないし、何より精神環境上良くない。
                    (#゚д゚) 、ペッ

人によっては勤めるよりも独立した方がより自由度が高まって良いと断言する。

以下はその良書。
特に労働分野では生き方は多岐に渡って変化しているので昔のような倫理感では現代の尺度では理解不可能だが、この記事内容の尺度観点から考えると極めて自然な発想に捉えられる。
           ↓
   
ちなみに上記の2冊は基本的に労働観念からの離脱を促している部分が多く、現代人には意識観点でテキメン効果がある。

それは気付きによるもの。
人はね、概ね錯覚して人生を生きているものなのよ。

人生で経済ゲームに参加している自覚さえ持ってしまえば、あとは攻略法がポイントになるから時間が掛かっても取り組む価値は十分にある。

自分の概念や観念範囲で捉えるよりも多くの考え方を見に付けて世の中を見ると全く別のものが見えてくるから人生って不思議なものだと痛感する。

まぁ…オッサンからのお節介じゃ。
覚えといて損はないから覚えといてMrオクレ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU