トップページ > 仕事をじっくり考える > 午前中に論文系サイト記事をうpしたんだが…改めて見ると別の人が書いたような気がしてきた件。 

午前中に論文系サイト記事をうpしたんだが…

改めて見ると別の人が書いたような気がしてきた件。

                    2017年06月18日

午前中…道楽的別サイトの記事を最終チェック終了後にうpして昼寝。

さっき目が覚めて飯食いながらその道楽サイトを誤字脱字チェックも兼ねて閲覧してたら…何だか別人が書いた記事に見えてまうの。

そのサイトは道楽で始めた私的論文系のような作りになっているのだがアフィリエイトとはかなり無縁にしている。

一応、鯖代がペイ程度になればという認識程度で繰越ループの引き落としシステムにしているのでアクセスがなくなれば自然消滅程度の認識だったの。

記事数も100記事チョットなんだけど1記事の文字数が平均7000〜10000字と少し多め。

なのにアクセスが超安定しているの。
かなりニッチな分野で不思議なサイトなんだわ。

人生における部分にクローズうpしている内容だが少しばかり見方が変われば危ない記事になってしまうので何度も添削してうpしている。

1記事に掛かる添削やら訂正やらは十数回に及ぶ為に月平均1〜2記事程だが、かなり神経質にチェックを行っているの。

原文は何だか感覚的なものなんだけど、それを読み易くすればするほど危険な記事になるので流石に気を使う。

伝えるって本当に難しいわ。
このサイトは書き殴り形式だが論文系のサイトはかなり神経を使うのは閲覧者各自の個別の意識がそこに反映されているから、そこを刺激しないように努めている。

それだけ人は客観的な視野を常時持ち続ける事は難しい。
何故なら慣れていないから。

経験や年齢を重ねるとコレが拗れ・捩れ・歪むので改めて質問や疑問のメールに目を通すとそれが良く解る。

それだけ人生を必死で生きているのだろうな。

いつも、そのサイト記事を書く上で思う…。

気付いて欲しいと。

そして自由になってほしいと。

そんな事を考えながら、反面このサイトの俺とのギャップに少しドン引きしている俺がココにイターリ…(;゚д゚)ポカーン

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU