トップページ > 仕事をじっくり考える > イイじゃん別に…会社に所属せずとも自宅で起業すれば。世間体なんぞ腹の足しにもならんしな。  

イイじゃん別に…

会社に所属せずとも自宅で起業すれば。

世間体なんぞ腹の足しにもならんしな。

                    2017年07月30日

蜂社の経過を見てたら何やらココ数ヶ月にアフィリエイト関係の広告がクリックされてた。

その中で成約がポロリ…ポロリ…と確定してた。
このサイトからアフィリエイトを始めとするビジネスに興味を持ってもらって俺は正直うれすィー!(人´∀`).☆.。.:*・°

まぁ…ハッキリ言っておくけど、その判断は正しいよ。
断言しておくわ。

これからの時代はテクノロジーへ進んで行く。
労働はAIやロボットが必ず代替になり人件費分がサービスに繁栄されると国外生産は必ず国内生産へシフトする。

何せ海外の賃金向上が日本に迫っているのだが、実は似て非なるもので昭和を知る人はココからの話はとても理解出来るだろう。

それは賃金向上の時間が余りにも早すぎるからだ。
コレは経済だけの話しではなく大局観性で観るとロボットやAIというテクノロジー進化のスピードが圧倒的に速いからである。

俺がガキの頃はロボットが二足歩行するのに約半世紀掛かっていたが人類の進化から考えればベラボーに早い。

しかも、二足歩行からAIへの進化が著しい。
オマケにこれからAIや代替機体の普及され量産化されるとコストが一気に低下の一途を辿り時期さえ来れば一般家庭にも普及してくるだろう。

よーく考えてみれば家庭用の掃除機の代表格[ ルンバ]でさえも価格がドンドン下がっている事に気付くだろう。

コレが人件費無料のロボットが生産工場に投入されると24時間365日稼動になるとコストが下がるのは誰にも解る。

リーマン根性丸出しの感情論争をする時代遅れのデモに参加するよりは時代の変化に対応する方が賢明だと客観的にも理解出来る。

アニメの世界は基本全ての分野で未来図を描くのが早い。
昭和初期~中期には既に宇宙ネタやSF系のモノまであったが誰もが単なる漫画や夢物語で済ませていたの…マジで。

ところがNASAがコレを実現した時は世界が震撼した。
今では宇宙ビジネスは当たり前に民間レベルに降りて賑やかになっとる。

医療分野でも代替や義体の技術が格段に実用化され始めているしな。

これから先…そう遠くない未来において脳以外の代替義体が普及したり再生医療が発達するとある種、基本的な身体不自由という概念はなくなるだろう。

そして人工機体が労働や生産に携わると経済と国の方針が一気に変わるはずだ。

そうなると今度は経済世界にどうやって参戦するのか?
俺は最終的に総体意識になると考える。

一個人が総体化されると各々の生き方の質が向上して行く。
つまり誰もが生きるという意味を本気で取り組む時代。

コレは今までの成果主義とは全く異なる。
何故なら生存的競争相手が極端になくなる傾向が強くなるが故の結果だから。

そうなると個人個人の興味は自然と意味の深さが追求に向くようになる。
所詮、上辺だけの娯楽では満たせない域に入るからだ。


海外でも日本という国は独自の感覚…というか根底の部分で不思議と隔離感覚が実は余りなく、共存共栄というシステムに馴染み易い人種と言われる。

俺達日本人は当たり前すぎてピンと来ないが海外に行った人ならばソレが良く解るだろう。

善悪を別にしても海外は基本的に日本のモラルが余りにも掛け離れた常識を持っている。

コレが実は総体感覚の代表例なのよ。
コレを善悪のカテゴリーで見てしまうのが海外の常識。

だから海外は宗教やら法律やらで集団をコントロールしようと考える傾向がある。

日本はこの辺りが独自で無宗教でもこの総体が成しえるのは単に総体感覚からの[ 効率重視 ]と[ 協調繫栄 ]のシステムが余りにも深層部分で特化しているからなの。

だから海外から絶賛はされるけど国内では常識なので首を傾げてまう現象になるの。

そんな総体感覚が他の地域に行くと色んな現象が起きる。
[ メキシコの日本企業との好影響 ]や[ インドとの地下鉄建設 ]が良い例に挙げられる。興味があれば調べるよろし。

関連検索:日本人なら大歓迎だ!
関連検索:インド 地下鉄 日本


さて…コレが将来日本の経済変化においてテクノロジー化して行くとどうなるか?

海外はベーシックインカムやら労働をテクノロジー化する事に自分の経済事情を脅かされるイメージがある。

でもね日本は総体感覚がある限り、テクノロジーと共存繫栄が可能だと考える…しかも世界トップ基準でな。

その先駆けとしては良いモデルケースとなるだろう。
そして労働というライフスタイル自体の考え方が根底から変わる。

ただし…コレは国民性にも関係するから他国では実現するかは疑問になるがな。(-公-;)ゞ

関連検索:中国 レンタル傘 失敗


本当に経済的にも死ぬことさえ撲滅してしまうと人は基本、暇を持て余す事になるのだが、昔から海外では階級世界の上位になる人は[ ある種の悩み ]があった。

それが[ ヒマを持て余す ]悩み。
日本は古来から人生観が[ 自分の役割 ]を重視する傾向があるので将来的には教育レベルから人生をトータルで自作する傾向が強くなるだろう。

その意味では総体感覚という個人の繊維とも言うべき役割が束になる事で大きな綱になる傾向から海外との大きな差と独自性的特徴になる筈だ。

その為、俺より上の団塊世代では変化するには無理があるかも知らんけど俺の年代を含めこれからの人達は想像も付かないような進化を体現するだろうな。

だから、この過渡期に変化を受け入れ波に乗って頂きたい。

話しを戻せばコレからの時代において経済生活の基盤である[ お金を得る為の労働 ]というのは組織所属という雇用形態から個人が経済情勢に枠組みという分野から飛び出て総体的に関わり大きなうねりの中で需要と供給をダイレクトに関わり自己存在を拡張してく時代になるだろう。

別記事[ 何でも売れるという時代が来ている。ビジネス感覚を磨くなら『今でしょ!』]でも触れているがネットという通信環境さえあれば価値と価値の交換というマネタイズはもっと敷居が下がり、他人に[ 従事したりやらされたり ]という世界から[ 自分で何かの価値を提供し対価を交換するマネタイズ ]という分野が自然と身近になり、常識化するのは時間の問題。

ネットの環境はサービス事業としたインフラ整備が早急に構築され個人の参加率も普及率もこれから一気に加速する。

いずれ面接なんぞの型式をすっ飛ばして顧客依頼⇔サービス提供というダイレクトなやり取りが整備されたら最終的に何が求められるのかは想像に容易。

それは[ スキル ]という[ 何を形成す ]のか?
コレに尽きる。

人が求めているものを提供する…とてもシンプルな構造で大きな流れが発生するだけの事だ。

だから専門業種や伝統工芸業種。
オンリーワンのサービスを提供したり、誰かを楽しませたり、何かに特化した事を提供したり、そのサービスとの架け橋になったりと分野は多岐に渡る。

会社に所属する意味がなくなるのが解るだろう。
ドンドン変化して行こうぜ!
変化する人やオリジナルを昇華する人は先行きに希望が持てる。

反面、依存性が高い行動や無能さに怠惰してまう行動を取ると恐怖が襲ってくる。

怠惰にお気をつけアーレ。
脳が震えるゥゥゥゥゥ!!!!!!!!!!!デス!w
             ((;゚∀゚)ガクガクブルブル


まぁ…ノーリスクで始めるのならアフィリエイトをお勧めする。
根気は青天井で必要だが積み重ねの利く蓄積型ビジネスだからある意味、俺のような凡人でも出来たのが良い証拠だ。

その再検証の為にこのサイトを人柱にしちゃる。

だけど中には高額塾に入学する人もいるだろうが実際の所、ソレはオススメしないのよ…俺は。

理由は独学力が無くなるし、失敗や経験を積もうとしない姿勢を助長するだけになるから。それにそんなお金があるのなら通信環境と鯖代に使う方がよっぽど有意義じゃい。

俺なんかスタートした初期投資金額は微々たるもので…

○ ヤフオクで格安パソコン(当時、デスクトップとモニターとキーボードの3点セットで1万円しなかった。)

○ Amazonで購入したホームページビルダー代

○ 最後にドメイン→(ムームードメイン )と錬鯖代→(ロリポップ!

…だけの合計で4万円も掛からんかった。
とは言っても当時はカツカツの中から何とか捻出したなけなしの自己投資額なの。(´•̥ω•̥`)

フツーに考えれば所詮は嫌々学校に通い頭にも入りもしない授業を受身感覚で受講し、意味の無い卒業証書を貰うという愚行の延長線上と同じと思わん?
数十万も掛けて高額塾に入るんがバカらしかろ?(#゚д゚) 、ペッ



その姿勢が独学力とトライ&エラーという能力を奪うから辞めとけ!

現代はアフィリエイトビジネス情報は幾らでもネットさえあれば無料で手に入るし、本で幾らでも学べる。

一番大切なのは作業量からの蓄積量と知るべし!
だから以下の基本的良書とこのサイトを捧げるわ…デス!!!
(´・ω・`)つ  

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU