トップページ > 仕事をじっくり考える > 介護分野においてマンパワーには限界がある…これからは無償精神に特化した介護ロボットに御世話になる方が介護する側や介護される側にも精神衛生上健全な気がしてならない件。 

介護分野においてマンパワーには限界がある…

これからは無償精神に特化した介護ロボットに御世話に

なる方が介護する側や介護される側にも精神衛生上

健全な気がしてならない件。

                    2017年08月06日

もしかしたら俺も大佐みたいな余生をおくるかも知らん。
時代の変化を楽しみにしておこうと考えてミターリ。
               ナニカモンダイデモ? (´・ω・`)y-~

時事ネタ:特養の介護職員不足深刻 景気回復も打撃

そして動画もうpしておく。


賛否両論あるが俺的には全然OK!(人´∀`).☆.。.:*・°
コレは介護した事があるのなら分かるだろうケド、介護する側もされる側も相互関係と理解関係が無いとマジで精神をやられる。

そして人生の負荷が互いに増大する…コレ現実で道徳レベルでは到底語り尽くせない事実なの。

人間は互いの感情があるゆえに総体感覚で生きられないという、ある意味ATフィールド以上に堅城な壁が存在するからな。

だから逆に一方通行でも感情を脳内での仮想世界でも移入が表現できるのならそれはそれで幸せに感じられるのも人間の成す業なのだろう。

実際にアイボを今でも家族レベルで飼っている人もラブドールを家族として生活している人もいるからなぁ。

関連検索:アイボ  家族
関連検索:ラブドールと暮らす妻子持ちの中島さん、海外メディアに取り上げられる

これにAIが搭載されれば会話も無限大に拡張されれば脳刺激も優れると容易に想像できる。

対人間になると無償精神に至るまでには莫大な経験値を要する。
中には職業の延長線上に位置する介護において人間を介護するという扱いレベルが千差万別に変化するのは疑いの余地はないだろう。

実際に介護業務に携わる人と話しをする機会が最近あったんだけど昔話を教えてもらっていると就労当初におじいちゃんおばあちゃんへの会話を善意から率先して行っていると他の業務担当者から人手不足経緯により怒られる経験をされたそうな。

介護される側は益々、介護レベルにおいて会話もスキンシップも激減し脳刺激や身体的刺激が激減すると生きる意欲も回復も低減して行き、最終的には寝たきりへ一直線になる現場をリアルに教えてもらった。

介護施設にはあらゆる取り組みがなされていてペットを飼う施設や介護の一環としてペットの世話を介護者にしてもらうという介護活動の一環としてプログラムに組み込む施設も実際にある。

関連検索:アニマルセラピー ペットの世話
関連動画検索:アニマルセラピー 介護

だから人との触れ合いというものをデジタルに変換しただけに、それを自分の人生体験や感覚に移行してしまえば確かに[ 世捨て人 ]や[ 隔離感覚 ]にも直結しがちだが、俺からしてみれば解釈さえ微調整してしまえば自分中心の健全な生活を終焉まで満喫できるのもテクノロジーの恩恵と言えるのも現実である気がしてならんの。

だから[ 幸せ ]という感覚も[ 不幸 ]という感覚も脳内妄想という括りにしてまうと同等な[ 行為 ]に昇華して見る事が叶うならば大いにテクノロジーを日常生活に導入するのは人類に大きなメリットと進化をもたらすと俺は考える。


↑デジタル嫁[ Gatebox ] (´・ω・`)y-~

リアルの世界では会話どころか、タダでさえ介護に関係する事件やストレス関連の問題は後を絶たないのにリアルに自分が介護したり、されたりする側に立たないと盲点だらけの世界にアレヤコレヤ無知な人達が関わるから余計に話しが拗れる。

冷静に見れば分かるだろうに…。(#゚д゚) 、ペッ
別記事[ 生きるにも死ぬにもお金が掛かる時代。 ]にも触れてるが、人間は生まれた時から死ぬまで何かの世話にならんと生きて行けない。

オギャー…と産まれる時は誰かに手助けされ身を受け取ってもらい、死ぬ時は死亡関連証明書関連から焼却まで人の手を煩わせるのに自分が当事者にならんとコレが分からないのは何故か?

ソレは偏に死に目に関わる頻度が人生経験上で圧倒的に少ないからだと思うわ。

物心付いた時から成人に至るまでにガキを葬式や焼き場に連れ回すのも教育や人生体験にもなるから親御さんは覚えてた方がイイよ?…もし自分の晩年を子供達に看取ってもらう気があるのならね。
(´・ω・`)y-~

以下は[ 備えあれば憂いなし ]的な良書。
人は有事の際に精神をやられるから擬似的でもイイから目を通しておくだけでも予防線になる。

俺はその点において色々な死に様や葬式の裏側を多く見てきたから親父が寝たきりになった時にある程度準備が出来てた。

それは時間的にも経済的にも自由度の高い環境下で動けたのがマジで大きかった。

介護はそれだけ就労者には人生を犠牲にする部分があるから経済的収入と時間の確保の準備にこのサイトを役立てて頂きたいわ。

まぁ…要らぬ節介でスマンけど覚えといてや。
役に立つ1つの指針と思ってね。(´・ω・`)y-~
   

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU