トップページ > 仕事をじっくり考える > ネットサーフで与沢氏の動画を見た…金言ばかりで非常に勉強になった件。 

ネットサーフで与沢氏の動画を見た…

金言ばかりで非常に勉強になった件。

                    2017年08月12日

↑関連動画検索:与沢翼  ドバイ ウラマヨ

サーフしてたら与沢翼氏が出ていた。
何だか資産家らしい穏やかな雰囲気を纏っていたのが印象に残る。

冒頭のコメントで『ウラマヨしか出ませんw…カットされて編集されるから。』と言ってた。…同感。(´・ω・`)y-~

ネットチャンネルが多くなるに連れてTV等の大衆常識派への番組作りよりニッチで意欲的な閲覧ユーザーに焦点を当てる方がよっぽど時代に合っている。

大衆常識にチャンスは一切無いし、ラッシュアワーと同じ方向を向いていても経済的にも時間的にも自由にはなれん。

それなのに世間様は富裕層の生き方や考え方、観念や概念という部分の情報を欲しがらないのは何故だろうか?( ゚д゚)ポカーン
まぁ…好きにしたらエエけど。


動画中に食事のシーンがあったけど経済情勢や背景、そしてビジネスに精通しているとなるほどね。…と思うのだが多分ね、大半の常識を持ち合わせている人は『え”っっーー!』って言うだろうな。

でもね…値段構成を知る人は適正価格に見えるのよ。
材料は空輸。
税金は無くて。
所得にも税金は無くて。
人件費や店舗経費。
ドバイの物価価格。
諸々を考えると東京から比べると遥かに東京の方がドエライ価格に思える。

ソレくらい税金と物価価格と諸々が価格に反映される。
世界を知るのはそれくらい大事な事なの。

俺は過去、自営時代にアメリカちゃんに出張した事があるけど日本の常識が全く違った事にカルチャーショックを受けた。

一言で世界は広い。
俺達の知る世界はマジで狭いと感じたわ。(´•̥ω•̥`)

その証拠に動画内では色々なドバイ情報が出てきた。

税金面・治安・アメリカ国債・仮想通貨…。
お金の学びは非常に面白い。

だから他のTV局は大衆向けにし過ぎると目の先の視聴率すら拾えない現状に気付くべきだ。

このように質の良い情報番組になるとバラエティが本当に面白くなる。

コレからの時代は全てにおいて質の良いのは勿論だが、さらに人生の足しになる以上の情報を付加しないと番組の価値がなくなる。

過去のやり方や製作基準で番組を創っても意味が無い。

そんな中で与沢翼氏が聴き覚えのあるフレーズを話してた。

資産形成でのコツで言われるコップの話。
コレ…実はかなり昔の金言で映画[ マルサの女 ]でも言われてた事だ。

↑映画[ マルサの女 ]のワンシーン

コレは当サイトで事の他、超お勧めしているビジネス良書中の良書である[ 金持ち父さんシリーズ ]の2冊を紹介している。
           ↓
(´・ω・`)つ   

この考えは上記の左の書籍に基本概念として教えてくれてるの。
さらに右側の書籍でどのようなビジネス業種とキャッシュフローというお金の流れや、お金の得る質と方法を教えてくれてるの。

今回の動画を見ていたら資産家の道筋は組織に属さず、社会保障に依存せず、人を雇わず、資産を買い、負債から遠のき、最終的に独立・自律・自立のジェットストリームアタックという流れに行き着く事を証明しているなと感じたわ。

ドバイに行ったのも確かに理に叶っている。
それに一番印象的だったのは海外に移住するメリットとしては外の目や意見に左右されないという事が良く解る事だ。

実際に資産家はラフで質素なスタイルに行き着くと何かの公演で聴いた事がある。

与沢翼氏が以前と比べて終始スーツ姿になっていないのがその証明に見えたし、何より自由さと奔放さを身に付けたと感じたでござる。

今回の与沢翼氏の姿を見て一番感じた事は…上杉鷹山の格言で[ 無欲万両 ]の意味を何となく感じた。

労働就労の側では知覚し難いのだが事実、物欲がある一定を超え…自己顕示欲求&自己承認欲求が薄れ…離れるとこの世界を体現できるのだろうな。

そんな事を考えさせられた動画だったわ。(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU