トップページ > 仕事をじっくり考える > 全ての一流は誰でもなれるという化学的根拠を示した良書…一万時間の法則は人間の可能性と人工知能の凄さを裏付けているという件。  

全ての一流は誰でもなれるという

化学的根拠を示した良書…一万時間の法則は

人間の可能性と人工知能の凄さを裏付けているという件。

                    2017年08月13日

ビジネスでも人生でも救いになる良書!
一万時間の法則を記しているので必読ですな。
        ↓
(´・ω・`)つ
     天才! 成功する人々の法則

不思議なんだけど世間一般の人達が人生を回復させたいとか成功したいと願う人が沢山いるんだけど俺が自営時代に多くの人から伺えた事実で…

即効性・腰掛程度・簡単・いつでも・誰でも…etc。

このような悪魔のフレーズには本当に弱い。
どんなに単純作業でも積み重ねられるビジネスでさえも人は膨大な量や時間に対して驚くほど耐性がないの。

大半の人達は義務教育やあらゆる学歴を積んでいるにも関わらず大人になるとコレマタ驚くほど強制されなければ継続力という能力が無くなっていると思い知らされた。

つまり自立力&自律力が年齢に反して退化している事を知った。

だから俺はハッキリ言えるの。
人の考え方さえ変えれば後は膨大な量と時間さえクリアしてしまうとちゃんと一流になるという科学的根拠が今回紹介する良書には記されている。


俺が過去、あらゆる業種に携わっているけど…どんなにドン臭いヤツでも時間を掛けて数をこなして行く過程で人間は必ず形になる現象を沢山この目で見てきた。

初めての業務でも、やったこともないプレゼンでも、無経験の営業でも、コミュ障が接客でも、仕事嫌いなヤツが金の為にイヤイヤ働いても長い期間と膨大な繰り返し作業でそれなりに形になり2〜3年もしたら一端の従業員になるものだ。

コレは事実である。
それでも出来ていないのは自分でレッテルを貼られているか周囲の差が埋まっていないかだけなのである。

前者にありがちなのは社会的イジメや本人のダメダメ性根が災いしている事と後者は職人軍団系に属した場合は時間と数を上回り、取り組み方という質の向上や考え方の経験にもよる。

後者に属しているのであれば仕事に充実感や独立力も付くのである意味、今回の話は体験と経験から理解は出来るだろう。


たとえば以下の参考サイトを見て頂きたい。
            ↓
関連参考サイト:一万時間計算サイト

ちなみに前の枠に[ 仕事 ]と後ろの枠に[ 8 ]と入力すると結果に[ 私は仕事を毎日8時間やることで、1250日後(3.42年後)にマスターします。 ]と表示されるだろう。

つまり残業も含めると大体2〜3年でその仕事や業務をマスターレベルにまで達するという事を示しているの。

ココで注目すべき点は、どんなにイヤイヤでも強制されても…この法則上、必ずそのクラスには達するという事になる。

俺は過去、リーマン時代〜独立時代〜ブラック就労時代〜アフィリエイト+投資時代…そしてマイナースポーツ外部指導関係を通してあらゆる人を見てきたが誰一人としてこのルールに漏れる事は無かった。

後はその当人がその時間に比例するという事実とプラスアルファで自主的&本気度がボーナスポイントで付与される事だ。

つまりどのジャンルでも漏れなくRPGのように経験値をムリヤリ積めば積む程に能力は向上して逝くという現実であるでござるな。

別記事[ ネットサーフで与沢氏の動画を見た…金言ばかりで非常に勉強になった件。 ]で与沢翼氏が動画内でのコメントで…

彼がシンガポールに住んでから〜ドバイで取材を受けている期間を考えると確かにトレードルームで1日10時間クラスを費やしてトコトン詰めて学んでいる。

さらに個人投資家で以前有名だったBNF氏も自分で『一種の株中毒みたいになってます。』と控えめに言っていたがどれだけ1点特化で時間と経験を積んでいるのかが伺えるだろう。

動画検索:BNF 株

ちなみにこの一万時間の法則は上記にも記したように、自分自身の恒常性(ホメオスタシス)を突破する事にも非常にリンクしているの。

何を言っているのか?
それは上記の1万時間と平行してプラスアルファの部分。
やっている内に[ その気になる ]という自覚と意識によるもの。

まぁ…俺は宗教やその系の事には疎いが世の中には[ 三昧(ざんまい) ]というレベルがあるけど、その域に突入するとアッサリと恒常性の縛りをクリアできる。

そこには感情の入る余地はなく、ある意味…人知というか人為が入る隙が一切なくなる。

実はAI(人工知能=ディープラーニング)というシステムと高速演算を成すと人間が時間という概念に則らず処理速度が高速化されているので人間の原価寿命を超えて数百万年にも及ぶ莫大な量をクリアして現在に表現してくれる。

しかも感情や概念・観念の縛りもナシに。
それ故に表現された答えに人間が付いて逝けないという弊害が生まれいるのはこの為だ。

関連記事:AIは感情が無いから有益になると解釈できる。

だから手練のアフィリエイター達は口を揃えて『好きなジャンルで挑戦し続ける事』や『とにかく量をこなす事』を推奨するのはこの為なの。

大半の人が…チョット齧って辞めてしまう現状は、この一万時間の法則から言えばまるでお話にならないという事になる。

そーいや、イケダハヤト氏もそんな記事を書いてたなぁ…
○ 「ブログ開始2ヶ月、ちっとも成果が出ないからやめます」という人は、ブログで稼げるようにはなれません。

ココまで読むと意見が2通りに分かれてくると考える。
それはこんなところだろうか?

1.『トコトン継続すれば人生を変えられるはずだ!』
2.『そこまでしなければいけないのか…』

…こんな所だろうな。(´・ω・`)y-~

前者ならまだ希望がある。
後者なら一応、俺から伝えたい事実がある。

この[ 一万時間の法則サイト ]で最初の枠に普段、ダレている行動を入れてみてクレ。

多分…

ゲーム・テレビ・晩酌・マンガ・ネットサーフ・娯楽・スマホ…普段やっている事でついついやってしまう事なら何でも良い。

それを後者の枠に費やしている時間を入力するとある事がわかるだろう。

それは普段の無駄な行動すら習慣を決めている事。
だから生産性のある事を最初は苦痛を伴うけど人生が変わるならと挑戦して頂きたい。

読書でも動画講義でも、ビジネスサイトを熟読でも何でも構わないの。

脳みそを染めて行く事が実は自然と人生を変化させる最も最良な事なのだと時間と莫大な量が証明してくれる。

人は『やったけど駄目だった。』って言うヤツほど達成ラインの万分の1もしていないから騙されては駄目でござる。
コレに関しては別記事[ 解り始めるまではプロセスかもしれないけど、それから先はシンプルに結果だけだった… ]を見てくれ。

その1つの目安である一万時間の法則は科学的な見解がふんだんに記されている。

プロのアイスホッケー選手、メジャー野球選手、バスケットはおろかIT業界での成功者ビルゲイツを始めあらゆる成功者の下積み時代における莫大な量の部分に焦点を当てているから非常に参考になる。

努力や才能以前の部分が解りやすく記されている。
世間様はソレを見ずして『才能がある』とか『天才だ』とか言うから次世代の子達が染められて行く。
非常に残念。(#゚Д゚) ゴルァ!!

まずは大人がこの部分に気付かないと子供の可能性すら無くなるよ?

何故なら子供は本能の部分が強いから知性を育てると言う部分において長期プランでの視野や脳内シュミレーション能力を向上する上で目先の情報源と言う名の親の背中や習慣を取り入れているのが環境だからな。

だから『勉強しろ!』とか『シッカリしなさい!』って言っている大人ほど怠惰をかましているのが現状だし、夢や希望すら持っていない場合が多いの。

人間は基本的に流動的で柔軟な生物。
環境や考え方…特化の方面により成長は多岐に渡る。
その可能性を引き出すのは早い方が良いし、俺達の寿命は有限でござる。

特にこれから人生を変えたい人やビジネスに取り組む意向がある人にとっては心の杖になる良書である。必読じゃわい。
        ↓
(´・ω・`)つ
    天才! 成功する人々の法則

最後にどの分野でも突き詰めればコンナになる…( ゚д゚)ポカーン
             ↓




------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU