トップページ > 仕事をじっくり考える > 道徳の根本が違う…目的から考えれば結局は体験に行きつくから所詮は体験に重点を置かなければ意味がない。 

道徳の根本が違う…

目的から考えれば結局は体験に行きつくから

所詮は体験に重点を置かなければ意味がない。

                    2017年10月29日

焦点が論外。(#゚д゚) 、ペッ

時事ネタ。
関連検索:道徳の教科化、教員手探り 価値観押し付け懸念も

時代的に学習指導と生活指導を専門分野化したり、個別指導化する方向性になる可能性があるかなァ…。

無駄に情報が多過ぎて削ぐ作業や能力が必要になる。
何故なら個人が情報を安易に普及し、自己正当化をムリヤリ感情操作させる傾向が強くなっているから子供達も姑息な手段に出易い傾向を防止する為にエキスパートが必要になるでござるな。

農業系高校や酪農系にも純粋な部分に関わる教育[ 食育 ]等も本能的な部分で道徳には効果がある。

○ 関連記事:現代の常識に疑問を通り越してイミフ。

言葉に語弊があるように聴こえるが[ 効果 ]という意味をよーく考えてみれば解るだろう。

そもそも倫理や道徳は何故必要なのか?
この根本が解っていないと上記のニュースの本質に覆い被さっている無駄な情報を払拭出来ないの。

俺達人間は基本的に集団生活が必ず必要になる。
その為、ある程度[ 集団的折り合い ]や[ 互いの認知や尊重 ]の規定という[ 最低限度のルール ]を学び遵守しないと常にゲリラ戦争の最前線にいる状態になる。

日本はまだその面で平和ボケ出来る安心な環境を維持しなくては直ぐに世界の情勢と同じ危険性を再現してしまう。

関連検索
○ 世界の暴動
○ 中国 モラルが崩壊 現象
○ サイコパス 犯罪 増加

人は基本的に本能をベースとして体験や経験を積み重ねて知性を獲得しているから、その経験自体が少ないと教育する側にもあらゆる部分で負担が多くなり感性の部分で伝わらない事が多いのは事実。

典型事例が[ イジメがなくならない事実 ]というものがあるが、イジメをしている側は[ 何故イジメがいけないのか本能部分で解っていない ]というのが真実である。

強いていうなら[ 大人に起こられるから ]とか[ 警察に捕まるから ]とか[ 社会的にペナルティを受けるから ]という認識でしかない。

その為、極端な話…イジメを受ける側にならないと本来の意味で[ 体験理解 ]出来ない。

だが人間は不思議なもので知性があるのだがコレを刺激させ腹に納得させられる現象がある。

それは体験者からの実例をシェアする方法。
以下の動画を見て欲しい。


相手は動物だがその相手ですら受刑者の愛情無経験者との関係をシェアする事で互いに学びを得る事が人間の知性という特性。

つまり知識レベルではなく経験値からの学びという事。

現代の教育観点で一番大きな問題でもある情報拡散に個人の思惑が混じる事により、この特性を[ 自己の正当化 ]を目的として[ 利用する悪意 ]がよく見受けられる。

メディアはコレをビジネスとして利用するから情報が肥大化し、取るに足らぬ事でさえ健全性を脅かす事にもなる。

そして時が過ぎれば話題にも風化が来ればメディアは次の餌を探し食い散らかしに逝く。

結果として本質には触れず荒らすだけ荒らして問題は度外視。
そんな時代になってきつつあるのが現状。

今回の時事ネタは既に教員側にかなりプレッシャーが掛かっていると考えられる。

それに学級崩壊している学校にはかなり厳しい授業取り組みと俺は察するわ。(´・ω・`)y-~

もうね…少子化と平行して少人数体制で学習指導と生活指導を分けてエキスパート化すべきかも知らん時代になってるのか?…と考える。

どうしても負の部分が目に付くが実の所…[ 生きる目的 ]や[ 生きる喜び ]を味わえない時代傾向なのだろうな。

少し教育という世界を学問レベル(体験レベル)に戻す必要があると感じる。

俺の言ってる事が伝わっているだろうか?(´・ω・`)y-~

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU