トップページ > 仕事をじっくり考える > アニメを実写の世界に持って来るのも難しいだろうに…それだけアニメ産業のクオリティが高い事や知名度の高さを証明しているのだろう。 

アニメを実写の世界に持って来るのも難しいだろうに…

それだけアニメ産業のクオリティが高い事や

知名度の高さを証明しているのだろう。

                    2018年04月08日

時事ネタ:魔夜峰央「パタリロ!」映画化!加藤諒、青木玄徳、佐奈宏紀の舞台キャストで

ココ最近アニメとかの実写化が凄まじい。
知名度や認知度の観点からマーケティング戦略が取り易いのは分かるがリアルにするとクオリティが下がるのも事実。

多分ね…コレは脚本とかシナリオとかのレベルも高いとは思うのだけど冒頭のマーケティングで最初の差が生じている結果と考える。

アニメや漫画等と活字の小説とかの比率を比べると現代で動画の普及率とかをまとめて視野に入れると情報量が圧倒的に…

文字 < 画像 < 動画

…の公式が成り立つほどに際立っている。
事実、文字媒体で人気が上がってからの〜漫画化・アニメ化・実写化は本当に事例が多い。

それだけ活字に関して現代人の情報取得感覚は[ せっかち化 ]という[ 誰もが簡単に情報を共有 ]するニーズが高い。

そーいや歴史で[ 新聞 ]というカテゴリーにおいて情報公開が成された時はあっちゅう間に紙面文化が世に浸透したと習った。

それがケータイ→スマホという端末になると流石にパソコン離れも納得の逝く結果なのだろうな。(´・ω・`)y-~

話は戻るが実写化しても不向きな作品は結構ある。
例えば[ 北斗の拳 ]とか。

こうなるともう…終わってる。
やっぱ迫力や表現のリアル劣化は酷くなる。
実際はこの違い。

そーいやもう一つオモロイ事例があったわ。
かなり昔、コレを実写化した駄作があったのよ。


↓コレは以下の内容に繋がるポセイドン編のOPね。

それが有名な某グループがミュージカルにしてしまったの。

俺が社会人になってた頃、週刊少年ジャンプで大々的にCMしてて思わず( ゚д゚)ポカーン…ってなったのを鮮明に覚えてる。

多分ね…当の御本人達も『無理があるんじゃね?』って絶対に思ってたハズ。(;゚Д゚)ノシ ムリムリ!

実際にはかなり劣化してたみたいじゃ。


ちなみに現在のリメイク版は全然泥臭くないし、内容が軽過ぎてまったく面白くないでござる。
これなら上記の某グループの方が笑えてオモロイ。


さて…話は冒頭に戻るがこの[ パタリロ! ]はアニメ表現としてはかなり傑作中の傑作の部類に入る。

○ wikipedia:パタリロ!


実は大半の登場人物が
男性である。
シナリオも割とコミカルなのだがシリアル場面も多く見所も随所にあるのだが最も記載すべき点は
恋愛模様である。

当時…ガキの時分でもかなり茶の間で家族が凍る程の[ 濡れ場 ]表現があるのだけど不思議と大人にも人気がある部分が[ 人間の恋愛感情の苦しみ ]を見事に表現している点に在る。

↑一応断っておくが全員男性である。
この場面なんぞまだ可愛い方で略奪愛とか、嫉妬のダークさとか、寝取られ更正とかガチで幅広い女性陣層のハートをガッチリ鷲掴みしていたの。

このアニメの放送翌日…学校とかで女子はタメ息混じりでこの話に花を咲かせていたのを覚えている。

余談だがこの[ パタリロ! ]はリメイク版で[ パタリロ西遊記 ]というアニメも出している。

当然の如く[ 濡れ場 ]も存在し孫悟空(パタリロ)の『カナリアを食った猫みたいな顔をしたヤツ』と表現するシーンも顕在である。マジでクソワロタw

当然、登場人物の美形キャラは全員男性であるのは言うまでも無い。

当時を振り返ってみても、やっぱり女性はいつの世もオマセで男性よりも早熟だと今になっても納得してまうなァ…。

コレに関連した感じに思えるのだが、最近スマホアプリでこの手の[ 口説き系 ]なものが女性のハートを掴んで病まないらしい。

かの有名な偉人であるお釈迦様ってヤツがこの世の[ 四苦八苦 ]の中にノミネートしている[ 愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること ]を挙げているけど、いつの世もこの手の表現は感情を込めて作品にしてしまうと非常に魅力あるものになるのが本当に不思議。

この人間模様は時に人を狂わせ、酔わせ、魅了させるものなのだろうな。



[ てるとたいぞう ]

最後の〆になるがどうせ舞台にするのならリアルに現代にマッチしたガチで痛いものにした方がオモロイ気がする。

たとえば[ NHKにようこそ ]とかリアルに人生迷子的なダークさを表現するのも良いとは思うのだが実際にマーケティングしづらいから、その部分をクリア出来ればとても良い作品になるンだがなァ。

そんな事を考えてミターリ。(´・ω・`)y-~

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU