トップページ > 仕事をじっくり考える > 本音の企業努力・本音の個人努力…そして本音の無能者努力。 

本音の企業努力・本音の個人努力

           …そして本音の無能者努力。

                    2018年05月04日

ふと…サイトやブログサーフしてたら気になる文言が目に入ったんだよ…。


それは堂々と…
お金下さい。
…って一文だった。 ( ゚д゚)ポカーン

しかもキッチリ銀行口座と実名付きで公表してたの。
時代は変わったなァ。( ゚д゚)y-~

極貧幼少時代にネットがあれば俺も恥も外聞もなく自分をネタにして、この手段を講じてたかも知らん。

そーいや[ Abema TV ]の番組[ 創業バカ一代 ]で、いきなりステーキ社長が出演してたけど昔、[ BSE問題 ]の最中に恥を忍んで公表した店頭張り紙に『助けてください!』のキャッチフレーズで経営危機を乗り切った話を思い出したの。

日本人は[ 飯は食わねど高楊枝 ]的な部分が根強い。
確かに幼少時代、生活保護ってシステムも知らんかったけど暴君親父でも多分受けるのは無理だったと。

だけど現代ではその部分の意味で[ 生存欲 ]がシッカリしている分、恥も外聞もない行為がストレートに出来るのはある意味凄いと感じたわ。

そんで気になって色々とネットで調べてたら1つ面白い記事にブチ当たったの。

ソレがコレ。

○ 関連記事検索:街の中華屋さんが“小籠包”を半額にする理由が「正直すぎる」「笑った」、店主に聞く

駆け引きしないマーケティングってあるんだなァ…と正直驚いたわ。

そりゃこの御時世、サービス残業とかブラック就労とかで疲れた人にとってはホッコリするちゅーか…同感出来る程に心に刺さるわな。

…んで逆にこの関連掲示板サイトとか閲覧したの。
(検索キーワード[ お金下さい 掲示板 ]あまり紹介する気にはなれないのでリンクはしまへん。(-公-;)ゞ)

そしたら大半が匿名ばかり。
一部の人はキッチリ銀行口座と実名を記載して完全にヘルプの状態だった。

冷静に考えるとココでも[ 本気度 ]に差があると感じた。
人は何で感銘を受けたり共感を得たりするのか?

ただの文章や文言に[ 魂が宿る ]とどっかのトップアフィリエイター達は割と口を揃えて言うけど実際の所、それが垣間見える掲示板だったよ。

そんな事を考えながら色々と閲覧していると総合的に有利なのは自分のサイトやブログ運営をしている人の方がかなりの高確率で資金調達が高いと考えられる。

そりゃそうでしょう。
何せ、掲示板とかだったら簡単な分『切羽詰ってます!助けて下さい!』って投稿文章なんぞ新規投稿文で速攻強制sageに遭い過去分に埋もれてしまうのは目に見えている。

だけど自分のコンテンツというのは基本個人のものだし、口座を晒して実名運用しながら色々とコンテンツ内容が充実すると自然にコアなファンも付くだろうから確率が圧倒的に高いのは誰もが理解出来るだろう。

本音をマーケティングに活かせる人はある意味、腹を括った人が出来る自爆覚悟の手段でもあり崇高な武器にもなるのだろうな。

そのような意味も含め感心した…その反面、掲示板の無能者書き込みでも程度が低いのは流石に見ていてゲンナリしてまう。 (ノA`) アチャー

ちょっとした努力とか本気度でココまで差が生まれる事を考えれば足掻いたり、もがいたりする行為にも差が生まれるのだと改めて感じた次第でござる。

そーいや別記事でも書いたけど公表ニートのpha氏はこの点において群を抜いている。

関連記事
○ 如何に自分の生き方が大切かという事が大切なのかが伺える…実はかなり勇気が必要な生き方に挑戦していると思ったよ。
○ 格安だからというフレーズは貧困層の油断を誘う罠かも知らん…俺も過去ハマッた事例。
○ 自分を偽らず人生に対して正直に生きる…コレがどれだけ勇気の要る事か。単なる批判をほざく人達が無能だと決定付ける理由を説明してあげるわ。

ビジネスの観点から見るとやっぱり[ サービスの提供 ]という意味において[ それなりの対価や価値 ]=[ 身分を公表するリスク(今回の例では銀行口座と実名)]を負っている分、伝わる重みが違うのだろうな。

モノの考えが違うのも含めてどれだけ[ 本音を晒すか ]というリスクを引き換えてサービス対価を得ると考えれば対価を支払う側も若干では存在する[ 施しの精神 ]とか[ 慈悲の精神 ]を得られるという少数派の欲求も満たされるかも知らん。

リアルにいると思うんだよ。
そんな[ 無償で人の助けをリアルに体験したい人 ]って。
だからガチでお金を恵んで欲しいのならば銀行口座と実名を晒して本気度を見せた方が良いかもな。

そんな事を考えてミターリ。
以下は関連書籍を提示しておくわ。
上記でも触れたけど堂々と[ ニート ]という体現を書いている書籍ではあるが考え方とか視野の広げ方には参考になるだろう。

正直、俺は驚いた部分が幾つかあった。
少々時代には流石に常識的に出来ない部分ではあったけど現代なら通用する考え方でもあるから時代は変化しているという事になる。
参考にされたし。
(´・ω・`)つ  
双方とも解り易く戦略的な部分と本音の表現というリンク性がシッカリとマッチした内容なので長期運営を目指すにはとても良い内容。

掲示板に短絡的な[ 目先のお金が欲しい ]タイプは十中八九、一生涯経済面でも報われないのは明白だからコレを機に考え方をシフトする事を強く勧めておくよ。

そして足掻いたり・もがいたりするのも本気度を高くシフトする事も忘れずにな。

→ 【ツイッター】

------------------ オススメ記事 ----------------------
○ もっとも読まれた年度記事ランキング。
○ へろょとのイチオシ書籍諸々を御紹介!
○ へろょとのオススメ映画のお部屋。
○ 超が付く程の役に立つオススメアイテム記事一覧。

MENU